腰・肩・膝の痛みを足元から根本的に改善/外反母趾や偏平足、巻き爪にも対応

半月板損傷

半月板ってなに?

半月板はんげつばんは太ももの骨とすねの骨の間にあるC型をした軟骨様なんこつようの組織で内側・外側にそれぞれがあり、
衝撃を吸収するクッションと膝を安定させるスタビライザーの役割をしています。

半月板損傷


(図;www.physioprescription.comより引用)

半月板損傷とは

運動時に強く膝を捻ったような場合に、半月板を損傷します。時にポキッと音がすることがあります。
また、高齢者では変形性関節症に伴って半月板が変性して、軽微な外傷で半月板を損傷します。

半月板損傷2


(図;www.kneespecialists.co.ukより引用)

症状

急性症状

  • 膝関節の隙間の痛み
  • 引っかかり感
  • 膝くずれ
  • 断裂部位が大きく、関節内に半月板の一部がはまり込んだケースでは、
    関節がある角度から伸ばせない状態となる(ロッキング症状)
  • 激痛及び可動域制限が起こり、歩行ができなくなるケースもある

慢性症状

  • 関節に炎症が起こり、膝に水や血がたまる
  • 長期化すると、痛い足を無意識でかばうために太ももの筋肉が萎縮する
  • さらにひどくなると、断裂した半月板がめくれ、関節の軟骨を傷つけ、骨を変形させる原因になる

 

原因

①スポーツなどの怪我から生じる場合
体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって損傷します。前十字靱帯損傷などに合併して起こるものもあります。

②加齢にともなって損傷する場合
半月板は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。

半月板損傷原因


(図;completept.com/blogより引用)

どんな検査をするの?

前述の症状があり、ApleyアプレーテストやMcMurrayマックマレーテストで痛みが出る場合は、半月板損傷の疑いがあります。
一度、整形外科に受診して損傷の程度を確認することをお勧めします。
レントゲン写真、関節穿刺かんせつせんし(関節内出血の有無をみる)、MRIを行い診断がつきます。

半月板損傷検査


(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

どんな治療があるの?

 ①患部の安静・アイシング

 ②運動療法・リハビリテーション

 ③テーピング・サポーター

 ④超音波療法

 ⑤インソール療法

 ⑥医師の判断により手術も考慮

 

テーピング

膝にひねりが加わらないように、また不安定にならないようにテーピングで補強します。

アルコット_5794



膝の上下にアンカーテープ(黒色)を巻きます。



アルコット_4262



もう1本重ねます



アルコット_3782



らせん状にスパイラルテープ(赤)を巻きます。



アルコット_5171



反対側からスパイラルテープ(青)を巻きます。



アルコット_9322



アンカーテープ(黒)貼って完成。

 

リハビリ? 手術?

リハビリとしては、膝まわりの筋力訓練(特に太ももの筋力訓練)が有用です。
しかし、強い痛みがあったり、半月板が関節に挟まりこむ症状や関節に水がたまったりを繰り返す場合には、
漫然とリハビリを繰り返してゆくと、引っかかった半月板により軟骨の損傷などを引き起こすことがあるため、
医師の判断のもと手術を検討してゆきます。

 

本当に半月板の痛み??

痛みがない膝を調査した研究があります。痛みがないにも関わらず関節の変形や半月板の損傷が見られます。
「60歳以上では41.7%の方が断裂している」という研究結果もあります。
60歳以上の約半数に半月板の断裂があるにも関わらず、まったく痛みのない無症状の方もいらっしゃります。
このことは痛みの原因が半月板の損傷ではないことがあることを示唆しています。
半月板の治療と並行して膝の周りの筋肉や筋膜きんまくにもアプローチしていくとよいでしょう。

超音波療法

1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージで、患部に直接刺激を与えます。
患部の柔軟性を改善、血流の改善による痛みの緩和、筋肉の緊張をなくし筋肉のけいれんの改善、微細振動により炎症の治癒を早める、むくみの軽減などに効果があります。

詳しくは、超音波治療・ハイボルテージ治療・微弱電流治療(EU910)をご覧ください。
アルコット接骨院超音波ハイボルテージeu910

 

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内



アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院の説明



インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明




金沢アルコット接骨院の施術例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 076-208-3324 施術時間 午前9:00~12:00 午後2:00~7:00(木曜・土曜の午後のみ足と靴の専門外来)

初めての方はこちら


当院までのアクセス


受付時間


接骨院について知りたい方はこちら


インソール工房について知りたい方はこちら


アルコット接骨院とaLcot plusどちらを受診すればいいの?


足と靴の専門外来予約ページ


交通事故治療について


外反母趾でお悩みの方はコチラ


巻き爪でお悩みの方はコチラ


ランニングシューズでお困りの方はコチラ


お子様の足の異変に気づいたら


さまざまな痛みでお悩みの方はこちらをお読みください


PAGETOP
電話でお問い合わせ