【人気メニュー】カッピング療法の効果とメカニズム

金沢市のアルコット接骨院です。今日は当院の人気メニューの一つであるカッピング療法についてのご紹介です。

カッピング療法とは

吸玉ともいわれています。

薬などがなかった時代には、毒蛇に噛まれたり患部が化膿したりしたときに、対処法の一つとして「吸い出す」ことが用いられてきました。

毒や膿、血液を吸い出したことで熱が下がったり痛みがなくなったりしたわけです。

これらの方法が医学的に発達してカッピング療法となって現代でも行われている施術法です。

カッピング療法の歴史

日本では412年頃、中国では紀元前100年頃、インドでは紀元前600年頃、西欧でも紀元前から行われていたと言われています。

施術方法

患部にカップを置き、ポンプを用いて空気を抜いていきます。弱い圧から始め、5分くらい行います。その後徐々に強さや時間を延ばします。

ガラスのカップからプラスチック製のカップ、シリコン製のカップなどを組み合わせさまざまな症状に対して効果を発揮します。

カッピング療法

カッピング療法の効果

  1. 血行改善
  2. 血液をきれいにする
  3. 皮膚の状態をよくする
  4. 関節可動域の改善
  5. 自律神経系の調整
  6. 内蔵の働きをよくする

カッピング療法の反応

カッピング療法の後にできる痕を溢血斑(いっけつはん)といいます。

身体の一部分を過度に使いすぎたり、変形などがあり筋肉に負担がかかったり、内蔵の不調、自律神経やホルモンバランスの乱れなどが組み合わさって古血(ふるち)というものが出来ます。それがカッピング療法で吸い上げられ表層に引き上げられたものと考えられています。

色が濃い部分が悪いことが多いですが、必ずしも溢血斑が出るわけではありません。

カッピング療法

痕の色と症状の関係

血流の悪い部分や痛みのある箇所は、ドス黒い色や紫色になることが多いです。

施術を何度か行なっているうちに痕の色が薄くなってピンク色になってきます。血液がサラサラになった証拠です。そうなると肩こりや腰痛など思い痛みや突っ張り感の多くは軽減しています。

このような場合にはカッピング療法はできません

  1. 手術が必要な疾患
  2. 心臓弁膜症
  3. 下肢静脈瘤、動脈瘤、強度の動脈硬化
  4. 全身性の貧血
  5. 極端な体力低下
  6. 悪性腫瘍
  7. 妊娠中
  8. 目や耳、喉
  9. 食後や激しい運動の直後

料金のご案内

保険適用ではありません。自費での施術になります。

1部位 500円

微弱電流、ホットパック、徒手療法などと組み合わせて行うとより効果的です。

 

 

著者 柔道整復師 麻多聡史(金沢市アルコット接骨院院長)