湿布の代わりに運動を処方

自分の体に真剣に向き合い、

自分の体の可能性と闘い続けるために

根本的な改善を目指して

ある日、天井から浸水がしてきたとします。当然、床を拭きますよね。

アルコット接骨院治療方針

でもすぐにタライはいっぱいになり、床を拭く作業もとても追いつきません。

アルコット接骨院治療方針

2階に上がってみると、水道が出しっぱなし。

アルコット接骨院治療方針

蛇口を閉めれば浸水もおさまります。

言い換えると、蛇口を閉めなければ浸水は絶対におさまりません。

アルコット接骨院治療方針

出しっぱなしの水道=間違ったカラダの使い方

浸水=肩こりや腰痛

床拭き=湿布などの対症療法

に置き換えてみましょう。

肩こりや腰痛などの”症状”は、”間違ったカラダの使い方”の結果として起きていることが多いのです。”症状”に対して湿布などの一時的な処置をしていても効果は望めません。”間違ったカラダの使い方”を直さなければ、いつまでたっても”症状”は消えません。

アルコット接骨院治療方針

当院ではカラダのクセや弱点などを細かく分析し、症状につながる原因を見つけ出します。

それをもとにお一人お一人に合わせた治療プログラムを立案し、”間違ったカラダの使い方”を修正します。

「人間は”動く”生き物」です。湿布を貼って安静になどしていられません。

痛い部位だけの施術にとどまらず、患部外の動きに目を向け根本的な改善を目指します。

アルコット接骨院治療コンセプト

  • いつも同じ部位に痛みがある
  • 慢性的な腰痛や肩こりに悩まされている
  • スポーツでずっと故障を抱えている

あなたはずっと床を拭き続けますか?

それとも根本的な改善を望みますか?