足がしびれるモートン病とは

モートン病とは【金沢市のアルコット接骨院の疾患解説(足の裏の痛み)】
モートン病とは

足の裏にある神経が靱帯と骨でできたトンネル内で圧迫を受けて痛みやしびれを起こす疾患です。
刺激に弱い神経なので、少しの力で圧迫されてしまいます。
中年以降の女性に好発し、中腰の作業をする人やハイヒールをよく履く人に多くみられます。

モートン病はどのゆびに多いの?

モートン病のしびれの部位【金沢市のアルコット接骨院の疾患解説(足の裏の痛み)】
モートン病のしびれの部位

第3~4趾間に多くみられますが、第2~3、4~5趾間のこともあります。

モートン病の症状

  • 足に体重をかけた時の足の指に放散する痛みやほてり
  • しばしば安静にしていても痛みがある
  • 足の指の知覚が障害されることもある

モートン病の原因

モートン病の原因ははっきりとわかっていません。
モートン病を引き起こす原因として考えられるのは、足のサイズに合っていない靴を履くことで、足が締め付けられ神経が圧迫されることです。
幅の狭い靴やハイヒールなどを履くことで引き起こされます。
また外反母趾や扁平足、開帳足などの足が変形している方も足のアーチのバランスが崩れるため発生しやすい傾向にあります。

モートン病の検査

中足骨間ちゅうそくこつかんのチネル徴候ちょうこう圧痛あっつう、foot squeezeテスト、足の裏の知覚検査ちかくけんさ、フットプリントなどを行います。

モートン病の検査【金沢市のアルコット接骨院の疾患解説(足の裏の痛み)】
モートン病の検査

モートン病の治療法

  1. 患部の安静、ハイヒールの調整
  2. 鎮痛処置:湿布や超音波治療など
  3. 足の裏の筋肉のトレーニング
  4. インソール、靴合わせ

足には3つのアーチがある

ヒトの足にはドーム状の3つの「アーチ」があります。「内側縦ないそくたてアーチ」「外側縦がいそくたてアーチ」「横アーチ」です。

足のアーチの役割は

  1. 地面の凹凸や傾斜に足を適合させる
  2. 衝撃を吸収する
  3. 地面を蹴る力を高める
  4. 足の裏の筋肉、腱、神経、血管を圧迫から守る

などの役割をしています。

足の3つのアーチ【金沢市のアルコット接骨院の疾患解説(足の裏の痛み)】
足の3つのアーチ

土踏まずとモートン病の関係

かかとの骨が内側に倒れてしまうと、足のアーチが崩れてきていわゆる扁平足へんぺいそくの状態になってしまいます。
それと同時に横アーチも崩れてしまい、足の指の間が開いてしまいます。これを開帳足かいちょうそくといいます。
足の裏の神経は、足の骨の間のトンネルを通り指先まで至ります。
横アーチが低下した状態ではトンネルの中が狭くなり神経が圧迫されてしまいます。
さらに、この状態で指を反らすと神経が引っぱられ強い痛みが生じます。

足のアーチの崩れ【金沢市のアルコット接骨院の疾患解説(足の裏の痛み)】
足のアーチの崩れ
モートン病のメカニズム神経の圧迫【金沢市のアルコット接骨院の疾患解説(足の裏の痛み)】
モートン病のメカニズム 神経の圧迫
横アーチの低下【金沢市のアルコット接骨院の疾患解説(足の裏の痛み)】
横アーチの低下

人工的にアーチを作る

詳しくは、中足骨頭部痛のページをご覧ください。

筋肉でアーチを作る

詳しくは、中足骨頭部痛のページをご覧ください。

靴で足が広がらないようにする

詳しくは、中足骨頭部痛のページをご覧ください。