【金沢市】世界特許を取得した巻き爪補正技術

巻き爪補正:爪がストロー状に巻き、皮膚に刺さり痛い場合

深爪補正:爪を短く切りすぎて痛みが強くなった場合

巻き爪とは

巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込んでしまった状態のことです。

爪が巻いてゆびの肉に食い込み、場合によっては炎症を起こします。

足の先は非常に敏感な場所なので激しい痛みを伴います。

巻き爪の方は約10人に1人の割合とされています。

巻き爪の種類

弯曲爪(いわゆる巻き爪)

爪が横方向に丸まってきた状態で、いわゆる巻き爪とはこのことをいいます。


軽度の場合は痛みを伴わないこともありますが、重症化するにしたがって巻いてきた爪が皮膚に刺さり炎症を起こし出血や化膿、痛みを伴うようになります。


重症化してからケアをすると治療期間も長引き、再発の恐れもあり大変です。

巻き爪【金沢巻き爪】
すべて巻き爪です

陥入爪(いわゆる深爪)

爪を短く切りすぎたことで爪が周囲の肉にくい込んでいる状態のことです。いわゆる深爪です。


爪の角やトゲが皮膚に突き刺さり、多くは炎症を伴います。

深爪治療金沢
深爪(陥入爪)

【重要】巻き爪を放っておくと・・・

今は痛みがあまりないからといって巻き爪を放置しておいてはいけません。巻き爪は少しずつ進行していき、ある日突然激痛が起こる恐れがあります。

巻き爪を放置しておくと、下記のような症状が現れる危険性がありますのでご注意ください。

爪の形の変形

徐々に変形が強くなり、痛みが強くなります。

巻き爪の進行
巻き爪は徐々に進行していきます

 

 

爪の周りの肉が盛り上がる

爪の両サイドや先端の肉が盛り上がってしまい、爪が陥入してしまいます。

巻き爪炎症【金沢巻き爪】
爪のサイドの皮膚が盛り上がり、爪が喰い込むようになります。

 

 

 

爪が伸びない

盛り上がった肉が邪魔になり、爪の成長を阻害してしまいます。そうすると爪が分厚くなってしまいます。(肥厚爪)

巻き爪爪の切りすぎ深爪【金沢巻き爪】
喰い込んだ皮膚が邪魔になり爪が切りにくくなります

 

 

炎症を起こす

爪が皮膚に食い込んで炎症が起こります。徐々に爪の周りの皮膚が赤く腫れ、痛みを伴います。
腫れや痛みの程度は、巻き爪の進行と共にひどくなっていきます。

巻き爪炎症【金沢巻き爪】
巻き爪がひどくなると炎症を起こします

 

 

化膿する

巻き爪が皮膚に食い込んで炎症を起こし、その傷口から菌が入ってしまうと化膿してしまいます。
化膿するとさらに皮膚が大きく腫れ上がり、その腫れが爪をもっと内側に巻き込ませるという悪循環に陥ってしまいます。

巻き爪化膿【金沢巻き爪】
炎症が長引くと化膿が起こり膿が溜まります。化膿すると激痛を伴います。

 

 

肉芽形成

炎症や化膿が増悪すると、「肉芽」という赤い肉のかたまりができます。肉芽は少しの衝撃でも出血し、悪臭を放ちます。

巻き爪肉芽組織【金沢巻き爪】
一度肉芽組織ができると治癒までに長期間要します。

 

 

ひどくなる前に私たちにご相談ください

このように巻き爪を放置して悪化させると、激痛を引き起こし歩くことさえ困難になります。最初は痛みはあまりなく、違和感がある程度ですが、徐々にヒール靴やストッキング等で痛みを感じるようになります。

我慢していると、ある日突然炎症を起こし激痛に襲われ、化膿すると靴を履くこともできなくなります。炎症が長引くと肉芽組織が形成され、ここまでくると自然治癒は望めません。

早く補正を始めると補正期間も短くてすみます。また、化膿や肉芽組織がひどくなると当院での補正を不適応になる場合もあります。

あまり痛くないからといってとりあえず様子を見るのではなく、少しでも早くご相談ください。