FAIとは

FAIとはFemoroacetabular impingementの頭文字をとったもので、日本語では大腿臼蓋だいたいきゅうがいインピンジメント(衝突)といいます。
股関節の痛みのうちオーバーユース(使いすぎ)などによる筋肉やけんの痛みを除くと、「関節そのものが原因」で起こる疾患があります。「関節そのものが原因」として起こる痛みとして注目されているのが、FAIです。

普通の骨とどう違うの?

股関節は太ももの骨の「骨頭こっとう」と骨盤の「臼蓋きゅうがい」で形成され、「臼蓋」というソケットにボール状の「骨頭」がおさまっています。
もっと関節を安定させるために臼蓋のまわりに軟骨なんこつがあります。それを「関節唇かんせつしん」といいます。
FAIは骨頭か臼蓋のどちらか一方、もしくは両方の形態異常が原因で起こります。

FAIとは
FAIとは

FAIの3つのタイプ

  • 「ピンサータイプ」:臼蓋側の形態異常
  • 「カムタイプ」:太ももの骨側の形態異常
  • 「混合タイプ」:2つを併せもった形態異常

の3つが存在します。

FAIのタイプカムタイプピンサータイプ
ピンサータイプとカムタイプ
FAIのタイプカムタイプピンサータイプ
上方からみた図

FAIの症状

  • 股関節の前方の痛み
  • 長時間座っていると、痛みが強くなる
  • 車の乗り降りの時や足を組む時の瞬間的な痛み
  • 股関節の可動域制限
  • 痛みが強い例では、歩き方がおかしくなる

FAIの原因

「ピンサータイプ」は、臼蓋の屋根が大きいので関節唇が挟まれたり、臼蓋のへりと大腿骨頚部だいたいこつけいぶがぶつかることで軟骨が損傷します。
「カムタイプ」は大腿骨頚部が通常よりも大きく張り出しているために臼蓋と衝突して軟骨損傷が起こります。

FAIの内旋制限
ピンサータイプ・カムタイプもそれぞれ股関節の回旋が制限されます

進行するとどうなるの?

股関節を動かしたときに衝突を繰り返すことで、関節唇や軟骨に損傷が生じます。
将来的に変形性股関節症へんけいせいこかんせつしょうに移行する可能性があるといわれています。

FAIの検査

問診、関節可動域検査かんせつかどういきけんさ、インピンジメントを誘発するテストにてFAIが疑われるものは、病院でレントゲン撮影、3DCT、MRIなどが行われます。

股関節の検査画像
FAIの検査方法

FAIの治療法

  1. 患部の安静
  2. 超音波療法
  3. ストレッチ
  4. 運動療法
  5. 徒手療法
  6. 動作訓練

股関節後方の柔軟性獲得

股関節後方の筋肉が硬くなっていることが多いため、ストレッチで柔軟性を改善します。
股関節の後方の筋肉が硬くなると硬くなった筋肉が骨頭を前に押し出してしまい、衝突を助長してしまいます。
そのため後方の筋肉のストレッチはとても大切です。
また、股関節の前方に瘢痕化はんこんかした組織を触れることがあります。
股関節の前方に瘢痕化があると挟み込みの原因となるため徒手で瘢痕した部分を取り除きます。



(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

動作訓練

FAIは軟骨や関節唇を傷つけ、将来的に変形性股関節症になる恐れがあります。
そのため股関節を深く曲げるような動作は避けなければなりません。
FAIは骨の形態異常が原因であるため、トレーニングや徒手療法で形態を元に戻すことはできません。
なるべく股関節に負担をかけない動作を獲得することが大切です。

股関節に悪い姿勢
股関節に悪い姿勢