上腕骨外側上顆って?

下の図は腕の骨(上腕骨じょうわんこつ)です。下の方が大きく膨らんでいます。
そのうち外側に出っ張っている方を、「外側上顆がいそくじょうか」といいます。
外側上顆には手首を上に持ち上げる筋肉が付着しています。

上腕骨外側上顆とは
上腕骨外側上顆とは

上腕骨外側上顆炎とは

筋肉が骨に付着する部分で微小断裂変性が生じ、外側上顆に痛みをおこす疾患をいいます。
テニス肘ともよばれます。

上腕骨外側上顆炎とは
上腕骨外側上顆炎とは

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の症状

  • 手や腕を使う動作で、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じる
  • 手のひらを下にして物を持ち上げると肘が痛い
  • タオルを絞るといった動作で肘が痛い
  • 安静にしているとほとんど痛くない

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の原因

加齢によって腱が変性することが基盤にあり、さらに仕事や日常生活で腕を使いすぎることで発症します。
「テニス肘」ともよばれていますが、実際にスポーツに関連するケースは5%以下といわれています。
テニスでは特にバックハンドのストロークが要因となります。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の検査

肘の外側の骨を押したり叩いたりすることで痛みを確認します。
下図の検査をして同じ場所に痛みが出れば上腕骨外側上顆炎が疑われます。
握力を計測することも、治療の経過をみる参考となります。

アルコット
外側上顆炎を検査するための代表的な3つのテストがあります。
テニス肘外側上顆炎チェアーテスト
テニス肘(外側上顆炎)の検査 チェアーテスト

チェアーテスト

テニス肘外側上顆炎トムゼンテスト
テニス肘(外側上顆炎)の検査 トムゼンテスト

トムゼンテスト

テニス肘外側上顆炎中指伸展テスト
テニス肘(外側上顆炎)の検査 中指伸展テスト

中指伸展テスト

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の治療法

  1. 急性期は患部の安静
  2. 超音波療法
  3. ストレッチ
  4. 筋力トレーニング
  5. テーピング
  6. 筋膜治療
  7. テニス肘バンド

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に対する日常生活での注意点

外側上顆炎テニス肘良くない手の使い方
外側上顆炎(テニス肘) 良くない手の使い方
アルコット
手のひらを下にして物を持つ、肘だけを動かすのはNG
外側上顆炎テニス肘良い手の使い方
外側上顆炎(テニス肘) 良い手の使い方
アルコット
手のひらを上にして持つのはOK
外側上顆炎(テニス肘) 良くない手の使い方
外側上顆炎(テニス肘) 良くない手の使い方


アルコット
手のひらを後ろに向けて持つのはNG

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に対するストレッチ

外側上顆炎テニス肘のセルフストレッチ
外側上顆炎(テニス肘) セルフストレッチ
アルコット
中指をつかんで手首を手のひら側かつ小指側に向けて曲げます。
30秒ほどかけてゆっくりと伸ばします。

上のストレッチで痛みが出る場合は

外側上顆炎テニス肘のストレッチ
外側上顆炎(テニス肘)のセルフストレッチ
アルコット
痛いポイントより指先側の筋肉を指でしっかりと押さえて固定します。
その状態で体重を後方に移動します。
慣れてきたら少しずつ手の置く位置を前方にずらします。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に対する筋膜リリース

肘の外側上顆にはたくさんの筋肉が付着するため、その部分に炎症が起こると、他の筋肉や靭帯、皮膚などが硬くなり癒着してしまいます。
当院ではこのような癒着障害に対してアメリカより取り寄せた、IASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)を使用して治療することがあります。
IASTMはこれまでの治療法では不可能だった癒着障害を治療できる全く新しい治療ツールです。

外側上顆のまわりにはたくさんの筋肉や靭帯が付着するため、癒着障害の起きやすい部位といえます。IASTM療法は癒着障害を取り除くための最良の器具といえます。
外側上顆のまわりにはたくさんの筋肉や靭帯が付着するため、癒着障害の起きやすい部位といえます。IASTM療法は癒着障害を取り除くための最良の器具といえます。
関連記事
詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。

テニス肘バンド

テニス肘バンド
外側上顆炎(テニス肘) テニスエルボーバンド
アルコット
痛い場所の4~5㎝指先側にパッドを当てそこで筋肉の収縮力を吸収することで患部を安静に保ちます。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に対するテーピング

外側上顆炎(テニス肘)に対するテーピング
外側上顆炎(テニス肘)に対するテーピング

(図;理論と実践! 治療的テーピングより引用)

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に対する筋力トレーニング

テニス肘トレーニング
外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ① 開始肢位

①痛みのある方の手で、手首を起こした状態でフレックスバーを持ちます。

テニス肘トレーニング
外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ② 反対の手で上端を持ちます

②反対の手で、手のひらが正面を向くようにバーの上端を持ちます。

テニス肘トレーニング
外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ③ 上端の方の手でバーを捻ります

③痛みのある方の手は固定したまま、上側の手でバーを外側にねじります。

テニス肘トレーニング
外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ④ 手首は動かさず両肘を伸ばします

④手首は動かさないようにして、両肘を前方に伸ばします。

テニス肘トレーニング
外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ⑥ 下側の手をゆっくりと元に戻します

⑤痛みのない手で固定しながら、バーの戻る力を利用してゆっくりと手の力を緩めます。

子のエクササイズを10~15回を1セットとし、1日3セットのペースで行ってください。
簡単に15回3セットができるようになったら、次の強度のバーに進んでください。