関節リウマチとは

全身の関節滑膜かつまくの慢性炎症によって関節の破壊・変形に至る疾患です。

30~50歳代の女性に好発します。

関節リウマチの進行
関節リウマチの進行

関節リウマチの症状

関節リウマチの症状
関節リウマチの症状
関節リウマチ手の変形
関節リウマチの手の変形

関節リウマチの原因

原因は不明です。遺伝的要因に環境的要因やウィルス感染が関与して発症すると考えられています。
自己免疫現象じこめんえきげんしょう(自分自身を外的とみなし攻撃してしまう)がみられます。

関節リウマチ好発部位
関節リウマチの好発部位

関節リウマチの検査

関節リウマチの診断は、下記のような診察・検査に基づいて、リウマチ専門医によって行われます。

①症状のある関節数を調べる
②血清学的検査異常(リウマチ因子、抗CCP抗体)の有無
③炎症反応の有無(CRP、血沈)
④症状のある期間(6週間以上かどうか)

http://rheuma-net.or.jpより引用

関節リウマチの治療法

関節リウマチの治療法としては、

  • 薬物療法
  • 手術療法
  • リハビリテーション

などが挙げられますが、基本は薬物療法となります。

関節リウマチに対しては軽い運動も

炎症や痛みのため安静にしなければならないこともありますが、その結果筋肉が衰えてしまうと関節が不安定になりいためてしまうこともあります。
症状が落ち着いたときや「今日は調子がいいな」という日は、少し身体を動かすこともよいでしょう。

大切なのは早期発見・早期治療

関節リウマチは、これまで不治の病として「痛みを和らげる治療」しかできませんでした。
治療の進歩により、早期に発見し適切な治療を行えば、関節破壊を防ぐことができるようになりました。
現在、関節リウマチの原因は完全には解明できていませんが、治療法が進歩したこともあり、10人のうち7人くらいは症状を抑えられ、不自由のない生活を送ることができます。
また、関節破壊は、発症後1~2年で急速に進行することがわかっております。
そのためは、関節リウマチを早期に発見し早期から適切な治療(発症3ヶ月以内が好ましい)を行うことがなによりも大切です。