外傷性頚部症候群(むち打ち症)

外傷性頚部症候群がいしょうせいけいぶしょうこうぐんとは

交通事故などの外力によって発生する頭・首・肩甲骨まわりの組織の障害や、頭痛、耳鳴り、めまい、目の疲労、手のしびれなどの不定愁訴を総称したものです。骨折や脱臼だっきゅうを伴うもの、脊髄せきずいに損傷があるものはふくまれません。

 

症状

  • 頭痛
  • 首の痛み
  • 首を動かしにくい、動かすと痛い
  • 後頭部、首から背中の痛みやこり
  • 腕から手にかけての痛みやしびれ
  • 脱力感
  • めまい、眼のかすみ、耳鳴り、耳閉感、動悸、声のかすれ、吐き気、顔面のほてり、全身のだるさ、集中困難など

 

原因

衝突のときに衝撃から首をまもろうと反射的に首に力が入り首の筋肉が緊張状態になります。
衝撃があまりに大きい場合は、筋肉の一部が断裂したり靭帯が損傷したりします。

 

どんな検査をするの?

交通事故後の診察は病院で医師が行わなければなりません。
レントゲンやMRIで骨折や脱臼、神経の損傷がないかなどを確認します。
レントゲンなどで異常が見つからなくても痛みやだるさなど症状を抱えている方は少なくありません。
病院で満足できる治療を受けられず困っている方も大勢いらっしゃいます。
当院では、病院での治療と並行して接骨院での交通事故治療をおすすめしています。

どんな治療があるの?

  1. 患部の安静(頚椎カラー等)
  2. 超音波・ハイボルテージ療法
  3. キネシオテーピング
  4. トリガーポイントリリース
  5. 筋膜リリース
  6. 急性期が過ぎたらストレッチやマッサージ

詳しい交通事故治療の内容や、面倒な書類の手続きに関してはコチラのページをご覧ください。

 

損傷しやすい筋肉

胸鎖乳突筋きょうさにゅうとつきん肩甲挙筋けんこうきょきん斜角筋しゃかくきん頭半棘筋とうはんきょくきんという筋肉は損傷されやすく、頭痛、首の痛み、肩甲骨の動きの悪さを引き起こします。痛覚過敏になりやすい部分でもあります(K点)。


(図;www.nishitaga-hosp.jp/center/sekitui.htmlより引用)

 

なぜ頭痛が起こるの?

外傷性頚部症候群で起こる頭痛に、「大後頭神経痛だいこうとうしんけいつう」があります。
大後頭神経という神経は、第2頚椎けいついの後ろで筋肉(頭半棘筋)を貫通しています。
その後、この神経は後頭部から頭のてっぺんまで伸びています。
事故の衝撃により、神経が傷ついたり、筋肉が硬くなり神経を締めつけてしまいます。
このようなメカニズムで後頭部から頭のてっぺんにかけての痛みが発生します。


(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

 

最先端の筋膜リリース

外傷性頚部症候群(むち打ち症)では、事故の衝撃により後頭部の筋肉や筋膜に目に見えないような微小な出血がみられます。このことが原因となり筋肉の中に硬結が形成され、頭痛やめまいなどの症状を引き起こします。

このような筋肉の中に形成された硬結の治療には、当院ではIASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)を使用しております。
IASTMとは、特殊な器具を用いた全く新しい治療ツールです。

詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。

キネシオテーピング

詳しくは、寝違え(キネシオテーピング)のページをご覧ください。