【まとめ】子供が股関節を痛がる3つの疾患 症状別にみる原因や治療法【金沢市アルコット接骨院のコラム】 

あなたの症状の特徴は?

症状が当てはまるものをクリックしてください。

6歳前後の男の子が股関節を痛がる、足を引きずる(ペルテス病)

思春期の男子が股関節を痛がる、歩き方がおかしい(大腿骨頭すべり症)

幼児の歩き方がおかしい(股関節炎)

 

 

6歳前後の男の子に多い股関節痛 ペルテス病の症状や原因と治療法

ペルテス病とは

子どものころに、大腿骨頭部だいたいこっとうぶ成長軟骨せいちょうなんこつが障害される病気です。発症する年齢は6歳が最も多く、4歳から7歳ころに見られます。男女比は6:1の割合で、男の子に多くみられます。

ペルテス病股関節痛
ペルテス病とは

 

 

症状

  • 股関節の痛み(しばらく休むと痛みが楽になることもある)
  • 特に太ももを外側に倒したり、内側にひねるときに痛い
  • 可動域の制限(あぐらをかけない等)
  • 跛行(びっこをひく、歩き方がおかしい、足を引きずる等)
  • 初期には膝に痛みを訴えることもある

 

原因

大腿骨頭の成長部の血行不良と考えられていますが、血行不良をまねく原因はわかっていません。

ペルテス病骨頭の血流
ペルテス病の原因

 

 

とにかく早期発見、早期治療を!

この病気は早期発見できれば時間はかかりますが元通りに治っていきます。発見が遅れ股関節に体重をかけていると、変形を残したままになってしまうので、変形を残さないために早期発見・早期治療が大切です。

 

 

どんな経過をたどるの?

子どもの病気であるペルテス病は、血行の再開通がおこり修復することが大きな特徴です。
発症から修復が終了するまで、約3~5年かかります。これを大きく4つの病期にわけます。

  1. 滑膜炎期
    極めて初期でレントゲンではわずかな変化しかない時期です。
    この時期にも壊死は進行しつつあり、MRI、超音波診断などではその変化をとらえることができます。
  2. 壊死期
    レントゲンでは骨頭部は壊死により、平らになり白くうつります。
    この時期がもっとも骨がもろくつぶれやすい時期です。
  3. 分節期
    血行の再開により、壊死した骨が新しい骨に置き換わる時期です。
    この時期は1〜2年続きます。
  4. 修復期
    修復が完了するまでの時期です。
    もうつぶれる危険性はありません。
    逆にこの時期に治療を開始しても効果はありません。
ペルテス病進行
ペルテス病の進行

 

 

どんな検査をするの?

問診や触診、股関節の動きの範囲、歩き方、足の長さの違いなどを調べ、ペルテス病が疑われる場合は早急に病院でレントゲン検査を行います。股関節の痛みはさほどではなく、膝が痛いと訴えることも多いため、この年代の膝痛には股関節疾患を頭において検査をすすめることが重要です。

 

 

どんな治療があるの?

ペルテス病は、骨頭がつぶれてしまうとつぶれたままの形で新しい骨ができ、変形した骨頭となってしまいます。将来的には変形性股関節症となり、大人になってから痛み歩行の異常が生じます。いかにつぶれやすい時期に骨頭をそのままの形に保つかがペルテス病の治療となります。

次のような治療があります。

  1. 経過観察
  2. 装具療法
  3. 手術療法

 

こんな症状に注意!!

2~10歳前後の子供(とくに男の子)で、最近歩き方がおかしく、次のような症状がある場合はペルテス病の恐れがあります。すぐに検査を受けましょう。

ペルテス病の特徴
ペルテス病の特徴
関連記事

 

 

思春期の男子が股関節を痛がる、歩き方がおかしい  大腿骨頭すべり症の症状や原因と治療法

成長期の骨について

成長期の子供の骨には、骨端線こったんせんという場所があります。
骨端線は成長線ともよばれ、骨が伸びる場所のことです。
骨端線は、成長が終わると固く頑丈な骨になりますが、成長が終わるまではずれを生じやすい状態になっています。

大腿骨の成長線
骨端線とは

 

 

大腿骨頭すべり症とは

大腿骨の股関節部分にある骨端線が、衝撃によりズレている状態をいいます。
骨の成長が終わるころに発症しやすく、少しずつ慢性に経過する場合があることが知られています。
めずらしい病気であるため、病院でも診断が難しいとされています。
はっきりとケガが原因で急に起こる場合(10~20%)と、軽い外力の蓄積により慢性の経過をたどる場合(80~90%)とがあります。
10代前半の男児に多く発生します。また、ホルモンバランスが悪い肥満傾向の小児にも多く発生します。

大腿骨頭すべり症とは
大腿骨頭すべり症とは

 

 

症状

  • 股関節の痛み
  • 股関節の動きが悪い
  • 跛行はこう(足をひきずる、びっこをひく、歩き方がおかしいなど)
  • 股関節の痛みが、ももの内側から膝にまでひろがる
  • 痛い側の足が外向きにねじれる
  • 慢性の場合は痛みが強くないことが多い
大腿骨頭すべり症足が外向きにねじれる
大腿骨頭すべり症 足が外向きにねじれる

 

原因

原因はいまだはっきりとわかっていません。
けがによるものや炎症によるもの、思春期のホルモン量の変化により骨端線が弱くなることなどが原因という説もあります。

 

どんな検査をするの?

問診や触診、股関節の動きの範囲、歩き方、足の長さの違いなどを調べ、大腿骨頭すべり症が疑われる場合は早急に病院でレントゲン検査を行います。
レントゲン検査で異常が発見できなかった場合は超音波検査とMRI検査をすることもあります。

大腿骨頭すべり症 レントゲン
大腿骨頭すべり症 レントゲン

(図;radiopaedia.orgより引用)

 

 

どんな治療があるの?

以前は手術せずに治療することもありましたが、現在では手術による治療が一般的です。
骨頭のズレの程度で手術内容が変わります。ズレが軽度であれば、その位置でピンで固定します。
骨が丈夫になった時に手術で入れたピンを抜く手術をします。
ズレの程度が強ければ、矯正手術(骨切術)をします。
大腿骨頭が正常な位置にくるように骨のむきを変えて固定します。
手術の後2~3カ月は股関節に負担をかけないよう松葉づえを使います。

大腿骨頭すべり症手術
大腿骨頭すべり症 手術

 

とにかく早期発見、早期治療を!

ズレた部分には新しい骨が生じ、発見が早いほど正常な股関節に近い状態まで回復します。
重症の場合、手術をしても骨の変形が残ることがあります。変形を残さないために早期発見・早期治療が大切です。

 

こんな症状に注意!!

10代前半の男児で、最近歩き方がおかしく、次のような症状がある場合は大腿骨頭すべり症の恐れがあります。
すぐに検査を受けましょう。

大腿骨頭すべり症検査
股関節の内旋(内側にねじる)ができない

股関節の内側へのねじり運動ができなくなります。

大腿骨頭すべり症検査2
大腿骨頭すべり症 Drehmann(ドレーマン)徴候

Drehmann(ドレーマン)徴候
仰向けに寝た状態で、痛い側の足の膝を曲げ、膝を胸に近づけるようにまっすぐ曲げます。
健常であれば、体の正中線と平行に膝が胸にまっすぐ向かっていきます。
大腿骨頭すべり症であれば、膝先が体の外側に自然とずれていきます。

関連記事

 

子供の歩き方がおかしい 股関節炎の原因や症状、治療法

単純性股関節炎について

1.単純性股関節炎とは

股関節に一過性の炎症が起きる疾患です。
10歳以下(とくに5~6歳の幼児)に急に発症して、2~3週間で症状が消退してしまいます。

単純性股関節炎とは
単純性股関節炎とは


2.単純性股関節炎の症状

  •  ケガなどの明らかな原因がなく、股関節を痛がる
  •  太ももや膝が痛くなることもある
  •  跛行(足をひきずる、びっこをひく、歩き方がおかしい等)
  •  股関節の動きが悪い
  •  足のつけ根を軽く曲げた姿勢になる
  •  微熱が出ることもある
  •  レントゲン写真で骨の変化はみられない

 


3.単純性股関節炎の原因

炎症が起こる原因ははっきり分かっていませんが、ウイルスやケガに対する自然な免疫反応めんえきはんのうと考えられています。


4.どんな検査をするの?

病院でレントゲン検査、超音波検査ちょうおんぱけんさ、血液検査などを行います。
症状が改善しない場合は、他の疾患が疑われます。
稀ではありますが、小児が発症する股関節疾患で早期発見・早期治療が重要とされる化膿性股関節炎かのうせいこかんせつえんやペルテス病との見極めが必要です。

 


5.どんな治療があるの?

安静が基本になります。関節に溜まった水も自然に減少し、後遺症が残ることもなく、予後は良好です。

 

化膿性股関節炎について

1.化膿性股関節炎とは

股関節に細菌が入ることで起こる炎症です。乳幼児や新生児に多くみられます。抵抗力の弱い赤ちゃんに生じると、骨が発育する成長軟骨という部分を損傷する可能性があるため、なるべく早い対応が必要になります。

化膿性股関節炎とは
化膿性股関節炎とは

 



2.化膿性股関節炎の症状

新生児の場合

  • ぐったりしている
  • ミルクを飲まない
  • 熱がある
  • 足を動かさない
  • 足の付け根を押すと激しく痛がる
  • 患部の熱感、発赤

乳幼児の場合

  • 歩かない
  • 足を痛がる
  • 膝の辺りを痛がる
  • 熱がある
  • 食欲が無い
  • 足の付け根を押すと激しく痛がる
  • 患部の熱感、発赤


3
.どのような経過をたどるの?

関節は袋につつまれていて、その中は常に無菌状態に保たれています。
一度、細菌が入り込むと簡単にはなくならず、周りの組織を壊していきます。
軟骨や骨端線こったんせん(成長線)が破壊されると、関節の形が変形したり、成長障害が起こったりします。


4
.化膿性股関節炎の原因

ブドウ球菌などの細菌感染により股関節の関節内が化膿し炎症を起こすことです。


5
.どんな検査をするの?

レントゲンだけでは判断が難しく、超音波検査で膿がたまっているか調べたり、血液検査で炎症があるかないかを調べます。
一番の診断材料は、股関節を注射器で直接刺して膿の有無を確認する検査になります。


6
.どんな治療があるの?

変形や成長障害を防ぐには、診断がつき次第、手術をすることが好ましいとされています。
変形や成長障害が起こる前に、徹底的な治療が必要です。発症してから数日以内に治療しなければなりません。
治療は手術で関節内を洗浄し、術後に抗生剤こうせいざいを投与します。

 

7.異変に気付いたらすぐに専門医へ

新生児や乳幼児に発症するため気づくのが難しく、早期に治療を開始しないと重大な後遺症を残す可能性がある疾患です。

  •  ミルクの飲みが悪い
  •  不機嫌である
  •  熱がある
  •  おむつの交換時に激しく泣く
  •  脚を動かさない

などの症状があれば、早急に整形外科専門医を受診することが重要です。


8
.身体的な特徴

化膿性股関節炎の身体的な特徴がいくつかあります。
当てはまるものがあればすぐに専門医を受診しましょう。

股関節炎特徴的な肢位
股関節炎 特徴的な肢位

このような肢位をとるのが特徴

股関節炎皮膚の皺の数が違う
股関節炎 皮膚の皺の数が違う

太もものしわが左右不均等になる

 

関連記事

 

 

 

Writter
麻多 聡史 アルコット接骨院院長、柔道整復師、オーソティックスソサエティ認定フットケアトレーナーマスターライセンス、ペディグラス社認定足爪補正士、3M社認定テーピングマイスター、Smart tools認定IASTMマニュアルセラピスト、FMS ,SFMA