胸郭出口症候群

もし胸郭出口症候群になってしまったら・・・金沢市のアルコット接骨院が徹底解説

胸郭出口症候群きょうかくでぐちしょうこうぐんとは

鎖骨さこつの周辺で腕や手指に行く神経の束(腕神経叢わんしんけいそう)が、血管とともに圧迫されて起こる疾患です。
腕神経叢が圧迫されて発生する「圧迫型」、腕神経叢が過剰に引っ張られて発生する「牽引型けんいんがた」、それぞれが合わさって発生する「混合型」があります。

 

症状

  • 手指や腕のしびれ
  • 手指や腕の熱感・冷感
  • 手指や腕の脱力感
  • 首や肩、肩甲骨部のうずくような痛み
  • 手の握力低下、細かい動作がしにくい

 

牽引型の原因

胸郭出口症候群牽引型では、あごを突き出した「なで肩」姿勢が特徴です。
肩甲骨にくっついている筋肉にアンバランスが生じると、肩甲骨の位置に左右差がみられます。
このように肩甲骨が異常な位置におかれたままでいると、腕神経叢が過敏かびん状態となります。
神経の過敏な状態で、腕を下げていたり、重い物を持ったりすることで神経はさらに引っ張られて症状が出現します。

 


(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

 

圧迫型の原因

鎖骨のまわりで神経や血管が圧迫される原因は大きく分けて3つあります。

  1. 前斜角筋ぜんしゃかくきん中斜角筋ちゅうしゃかくきんの間で圧迫される斜角筋症候群しゃかくきんしょうこうぐん
  2. 鎖骨と第1肋骨ろっこつの間で圧迫される肋鎖症候群ろくさしょうこうぐん
  3. 小胸筋しょうきょうきんの後方で圧迫される小胸筋症候群しょうきょうきんしょうこうぐん

があります。これらをまとめて胸郭出口症候群圧迫型と呼ばれてます。


(図;s-takanaga.comより引用)

どんな検査をするの?

問診や触診をていねいに行います。姿勢、筋力などを調べ、下記のテストで症状が現れる場合は胸郭出口症候群が疑われます。


(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

どんな人がなりやすいの?

  • 猫背で体形が細い人
  • なで肩、首が長い人
  • 筋肉があまり付いてない、運動しない人
  • 20歳後半~60歳くらいの女性
  • 日常的に一定の姿勢を長時間続けている人
  • 事故にあった後の二次的障害として起こることもある

 

どんな治療があるの?

  1. 姿勢改善(KSバンド)・テーピング
  2. 電気治療
  3. ストレッチ・マッサージ
  4. 筋力トレーニング
  5. 徒手療法

 

肩甲骨の位置修正テーピング


(図;理論と実践! 治療的テーピングより引用)

胸部のストレッチ

 

肩甲骨のエクササイズ

 

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内


アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
金沢市のアルコット接骨院の説明


インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明