【肩の痛み】 肩関節周囲炎・五十肩の原因と治療法 【腕が上がらない】

肩関節周囲炎・五十肩とは

主に40歳以降に発症することから、四十肩や五十肩と呼ばれます。
とくに50~60歳代の女性に多く、加齢に伴い筋肉が衰えたり傷んだりすることが原因で発症します。
肩の痛みと引っかかり感が特徴で、いずれは自然治癒するといわれています。

 

症状

肩関節周囲炎は、①急性期、②凍結期、③回復期の3つのステージに分けられます。

①急性期

  • じっとしていても痛い
  • 夜の痛みで目が覚める
  • 痛みにより手を挙げることができない

②凍結期

  • 痛みは徐々に軽くなってくる
  • エプロンの紐を結ぶ、髪を結ぶ、車の後部座席のものを取る動作などが制限される
  • 制限を感じてから、それ以上に動かすと激痛が生じる

③回復期

  • 正常に近づいてくる

 

原因

はっきりした原因がわからず、加齢で骨や軟骨なんこつ靱帯じんたいけんなどが老化するとともに、肩の周囲に炎症が起きることで生じるもの(五十肩)と、ケガや糖尿病と関係するものなど原因がわかるものとがあります。

 

どんな検査をするの?

問診では痛くなった状況の確認、ケガの有無、痛みの状態などを確認します。
視診・触診により、押さえて痛い箇所、筋力の低下がないか、肩の動きの範囲などを確認します。

肩の動きの検査(アプレースクラッチテスト)

  • 反対側の肩甲骨の上の角を触れますか?
  • 反対側の肩甲骨の下の角を触れますか?
  • 反対側の肩を触れますか?
    (図;www.keyword-suggestions.comより引用)

どんな治療があるの?

  1. 急性期には患部の安静、三角巾による固定
  2. 超音波療法ちょうおんぱりょうほう
  3. 慢性期には温熱療法おんねつりょうほう
  4. 関節可動域訓練かんせつかどういきくんれん
  5. テーピング
  6. 症状が強いものは、病院にて痛み止めや注射など

夜の痛みに対する対応

こちらのページに詳しく記載してあります。肩腱板損傷・腱板断裂のページをご覧ください。

 

本当に自然に治るの?

肩関節周囲炎・五十肩は数年で自然治癒するといわれています。
しかし、約半数に痛みや動かしにくさなどの不自由が残ると報告されています。
このことから、アルコット接骨院では自然治癒しぜんちゆを待つのではなく、時期に応じた積極的な治療を行っています。

 

痛いけど動かしていいの?

肩の関節は「関節包かんせつほう」という袋につつまれています。
正常の肩関節では、袋にはゆとりがあります。
炎症や老化により、この袋のゆとりがなくなって関節の動きが悪くなってしまいます。
そのため、炎症の再発するおそれのなくなった凍結期以降は、袋のゆとりを回復させるために積極的に運動する必要があります。
※痛みの強い急性期には行なわないでください。

アルコット接骨院五十肩

(図;northernbeachesphysio.comより改変して引用)

 

五十肩体操

(図;www.summitmedicalgroup.comより改変して引用)

 

最先端の筋膜リリース

肩関節周囲炎では、炎症の結果、肩関節の周りの筋肉や関節包が固まったり、痛みをかばって変に力を入れてしまうため異常に筋肉が緊張したりします。このような状態から筋肉が正常な状態に戻すために、当院ではIASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)を使用しています。
IASTM toolsは組織を正常な機能に戻し、治療することを可能にする全く新しい治療ツールです。


痛みがある部分では、筋膜組織の癒着や肥厚がみられます。




筋膜の癒着や肥厚部分を特殊な器具を使って分解することで、ヒアルロン酸が排出され、筋膜組織間の正常な滑りを回復させます。



癒着や肥厚部分が改善するとわずかな発赤がみられます。血流が改善した証拠です。
即時的な効果があり、通常は施術後すぐに効果がみられます。

詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。

超音波療法

1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージで、患部に直接刺激を与えます。
患部の柔軟性を改善、血流の改善による痛みの緩和、筋肉の緊張をなくし筋肉のけいれんの改善、微細振動により炎症の治癒を早める、むくみの軽減などに効果があります。

詳しくは、超音波治療・ハイボルテージ治療・微弱電流治療(EU910)をご覧ください。
アルコット接骨院超音波ハイボルテージeu910

 

関連記事