ターフ・トゥ

ターフ・トゥとは

「ターフ(turf)」とは芝、「トゥ(toe)」とはつま先のことです。
人工芝のような硬い地面で行なうスポーツで多いことが由来とされています。
アメリカンフットボール、サッカー、ラグビーなどで見られます。
図のように爪先立ち状態で上の方向(赤色矢印方向)から過度の力がかかると、
足の親指のMP関節が過度に伸展しんてんされ、足の裏にある靭帯じんたいが損傷されてしまうことをいいます。


(図;www.coachkeats.comより引用)

 

症状

  • 親指のつけ根に腫れと痛みがある
  • 親指を反らせると痛い

 

原因

親指が反らされた状態で地面に着いているときに、ふくらはぎに人が乗り親指が可動域以上に反らされて起こります。


(図;thetampapodiatrist.comより引用)

 

どんな検査をするの?

受傷した状況などを確認し、親指の付け根に腫れや痛みがある場合はターフ・トゥが疑われます。
重症かどうかを判断しにくい疾患のため、最終的には病院で検査をしてもらい損傷の度合いを判断します。

 

どんな治療があるの?

軽症のものは、テーピングや超音波療法により10日~2週間で完治します。
一方、靱帯断裂じんたいだんれつ関節包断裂かんせつほうだんれつ種子骨損傷しゅしこつそんしょうなどを合併すると、親指のMP関節に強い炎症症状を呈し歩くのも痛くなります。
この場合、損傷の程度により3~8週の固定を要し、その後、関節可動域かんせつかどういき訓練などを開始します。
また、何度も損傷を繰り返すものでは、地面と中底の適合性を考え、変更するなどの対応も大切です。

 

テーピング



(図;http://kotoseikeigeka.life.coocan.jpより引用)

 

環境に応じたシューズ選びを!

左側の図の「天然芝用シューズ」の底を見てみましょう。ポイントといって靴底の突起物がついています。天然芝用のシューズではポイントの数が少ないのが特徴です。さらに地面をしっかりとらえるために、アウトソール(靴の底)は硬い素材でできています。
それに対して、「人工芝用シューズ」はポイントの大きさが小さいのですが数が多くついています。アウトソールは衝撃吸収のために軟らかく、曲がりやすくできています。そのため、ターフトゥの原因になります。
ちなみに右の図は「トレーニングシューズ」ですが、アウトソールが軟らかく、衝撃吸収性に優れています。
競技を行う環境に応じてシューズは選んでください。