【ランナー】 シンスプリントの原因と治療法 【スネの痛み】

もし『シンスプリント』になってしまったら・・・金沢市のアルコット接骨院が対処法を徹底解説

 

シンスプリントは古典的な病名であり、幅広い解釈があって内容が一定でありません。
そのため本稿では、疲労骨折やコンパートメント症候群を除外した、
骨膜こつまくあるいは筋腱きんまくの炎症に起因する障害に限定して述べます。

 

シンスプリントとは

シンスプリントは正式名称で
過労性脛骨骨膜炎かろうせいけいこつこつまくえん過労性脛部痛かろうせいけいぶつう脛骨内側症候群けいこつないそくしょうこうぐんなどといいます。
病態は下腿内側筋群かたいないそくきんぐんの疲労による柔軟性低下、
特にヒラメ筋を主として後脛骨筋こうけいこつきん長趾屈筋付着部ちょうしくっきんふちゃくぶ
脛骨の表面を覆う骨膜を牽引して微細損傷びさいそんしょう骨膜炎こつまくえん)をきたし、
下腿内側の痛みを発生させるものと考えられます。
ランナーの発生頻度が高く、その20~50%に発生するといわれます。

 

原因

使いすぎ症候群の1つであり、繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。
過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはフォームの変更、硬い路面、薄く硬いシューズ(踵の摩耗)、
下肢の形態異常(O脚、回内足かいないそく扁平足へんぺいそくなど)、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性低下、
足関節可動域制限かどういきせいげん(関節の動きが悪くなること)などが発生の誘因となります。
このうち、新入部員などにみられる急激な運動量増加が一番悪い影響を及ぼします。

 

2つのタイプのシンスプリント

シンスプリントは2つのタイプに分けられます。
すねの内側が痛くなる「後内側型こうないそくがた」が一般的ですが、すねの前側が痛くなる「前外側型ぜんがいそくがた」もあります。
それぞれ痛みを引き起こしている筋肉が異なるため、治療方法も変わってきます。

 

後内側型シンスプリントについて

後内側型シンスプリントの症状

  • 初期にはスポーツ後のスネの内側の違和感
  • 進行すると、痛みでスポーツが困難になる
  • 重度になると安静時にもうずくような痛みが続くようになる

 




 

後内側型シンスプリントの検査

片脚でジャンプし片脚で着地すると踏切時または着地時にいつもと同じ痛みが再現された場合、
後内側型シンスプリントが疑われます。
また、痛みの部位を正確に特定します。通常は、長さ5㎝以上の線状に認められます。

(図;www.bikeradar.comより引用)

 

前外側型シンスプリントについて

前外側型シンスプリントの症状

  • スネの外側に痛みやだるさ、つっぱり感がある
  • 和式トイレでしゃがんでいるような姿勢を続けていると痛みが出やすい
  • ランニング・ウォーキング、スキー、柔道などでみられる

前外側型シンスプリントの検査

和式トイレに座っているような姿勢でしゃがんでいるといつもと同じ痛みが再現された場合、
前外側型シンスプリントが疑われます。


(図;www.tsutsuji-sekkotsu.comより引用)

 

どんな治療があるの?

  1. 患部の安静・アイシング
  2. 鎮痛ちんつう処置:湿布や超音波治療など
  3. テーピング
  4. ストレッチ
  5. 筋膜リリース
  6. 靴合わせインソール療法

 




 

ストレッチ


(図;IDストレッチ 第2版より引用)

 

超音波療法

1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージで、患部に直接刺激を与えます。
患部の柔軟性を改善、血流の改善による痛みの緩和、筋肉の緊張をなくし筋肉のけいれんの改善、微細振動により炎症の治癒を早める、むくみの軽減などに効果があります。

詳しくは、超音波治療・ハイボルテージ治療・微弱電流治療(EU910)をご覧ください。
アルコット接骨院超音波ハイボルテージeu910

 

靴合わせ・インソール療法

シンスプリントの原因の一つにかかとの骨が内側や外側に倒れてしまうことがあげられます。
かかとの骨が内側に倒れると、土踏まずが落ち込み扁平足になります。
それを防ごうとネに付く筋肉が引っぱられたり過剰に収縮したりして痛みを引き起こします。
一方、かかとの骨が外側に倒れると、スネの骨の中で捻れが発生します。
ちょうど捻れが交差する部位で痛みが出ます。インソールを使い、これを是正することが有効です。


(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

最先端の筋膜リリース

関節まわりの痛みには、筋肉や靭帯などが通常よりも硬くなりその周辺の組織と癒着してしまう障害があります。
最近の研究で、従来の治療法(消炎鎮痛剤・従来の電気治療)では、このような周辺組織との癒着による痛みの回復には効果が低いということがわかってきました。
リハビリテーションの先進国である欧米では、筋肉や靭帯などの癒着障害に対する治療として、IASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)がここ数年で台頭してきました。
IASTMは軟部組織機能障害を探し、治療することを可能にする全く新しい治療ツールです。


痛みがある部分では、筋膜組織の癒着や肥厚がみられます。




筋膜の癒着や肥厚部分を特殊な器具を使って分解することで、ヒアルロン酸が排出され、筋膜組織間の正常な滑りを回復させます。



癒着や肥厚部分が改善するとわずかな発赤がみられます。血流が改善した証拠です。
即時的な効果があり、通常は施術後すぐに効果がみられます。

詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。
アルコット接骨院IASTM筋膜治療

関連記事