腰・肩・膝の痛みを足元から根本的に改善/外反母趾や偏平足、巻き爪にも対応

種子骨障害

種子骨って?

親指に付け根にある小豆くらいの大きさの骨です。
種子骨は通常二つあり、走ったり跳んだりする時の蹴り足の衝撃を吸収してくれる役割があります。
その他、親指を動かす筋肉の腱がくっついていて、筋肉の作用の効率を高めています。
また、種子骨しゅしこつの下を趾神経ししんけいが通っています。

種子骨障害

種子骨障害とは

種子骨が炎症を起こしたり骨折したり趾神経の障害を起こしたりして
母趾球ぼしきゅう付近に痛み発生させるものです。
陸上競技やバスケットボールなどのよく走るスポーツに多いとされています。
その他、空手や剣道など踏み込み動作の多い格闘技にもよく見られます。

 

症状

  • 歩いたり走ったり踏み込んだ時などに母趾球部が痛い
  • その部分を指で押したり、足の親指を強制的に反らすと痛みが出る
  • 症状が進行すると足を地面につけただけでも痛みがあり、歩行も困難になる

 

原因

ランニング動作時に地面を蹴り出すとき、足の裏の筋肉は緊張し、種子骨には引っ張られる力が加わります。
この力により、種子骨が炎症を起こし、痛みが出ます。
また、踏み込み動作による地面からの衝撃が種子骨に繰り返し加わり、発生することもあります。
その他、生まれつき内側の種子骨が2つに分裂している場合(分裂種子骨ぶんれつしゅしこつ)があり、
これが痛みの原因となっているケースもあります。
土踏まずがしっかりし過ぎている甲高の足(ハイアーチ)は種子骨障害になりやすい傾向があるので注意が必要です。

種子骨障害原因


(図;healthil.jpより引用)

どんな検査をするの?

種子骨や母趾球を押さえて痛みがある場合、種子骨障害が疑われます。
外反母趾やハイアーチがあると種子骨で炎症を起こしやすいため、足部の変形がないか確認します。
また、足のどこに体重が乗っているかフットプリントをとって確認します。
サイズが合っていない靴も痛みの原因になるため靴のチェックも欠かせません。
痛みを繰り返す場合は、病院で検査をして分裂種子骨や疲労骨折の有無を調べることもあります。

種子骨障害検査


(図;www.123rf.com、tama-medical.comより引用)

どんな治療があるの?

痛みが強いうちは運動を一時中止し、足を安静にします。
足の裏にかかる負担を軽減するために
柔らかい素材でできた耐久性のあるパッドを靴の中に入れて使用します。
パッドは母趾球部をくり抜いてあり、体重をかけたときに圧力がかからないようにします。
足の裏の筋肉が硬いときには柔軟性を取り戻すリハビリテーションをします。
ほとんどのケースはこのような治療でよくなります。

種子骨障害保護パッド


(図;https://www.amazon.co.jpより引用)

靴のチェックポイント

かかとまわりがしっかりしていること

かかとの骨を真っ直ぐな状態に保つためには、かかとのまわりがしっかり硬い靴を選ぶことが大切です。
かかとの骨が内側や外側に傾いている人は、歩いているときに足首がブレて不安定になります。
靴のかかと周辺が軟らかいと、この傾きを防ぐことができず、靴がすぐに歪んでしまうのです。
靴のかかとがしっかりフィットして強さがあると、この傾きを防ぐことができます。
「こんなに硬くても大丈夫?」と思うくらいでちょうどいいのです。

靴の選び方かかと


(図;www.ashi-kenko.netより引用)

ゆびが曲がる位置で靴も曲がること

靴を手で折り曲げてみると

真ん中で二つに曲がる靴
まったく曲がらない靴
ふにゃふにゃな靴
ねじれが生じる靴など
いろいろありますが、いずれも足によくありません。
ベストなのは、指が曲がる関節の位置で曲がる靴です。

靴の選び方曲りの位置


(図;www.ashi-kenko.netより引用)

足と靴が一体化していること

靴の選び方の最後のチェックポイントは、靴紐やマジックテープなどの調整具がついていることです。
調整具があると、足首で靴が固定されるので、足が安定します。
反対に調整具のないパンプスなどの靴は、フィット感が悪くなります。
そのため試し履きをしたときに、何回かつま先立ちをしてみてください。
つま先立ちをした時に、かかとが抜けない靴が、足と靴が一体化している歩きやすい靴です。
つま先立ちをした時に、かかとが抜ける靴は、歩いている時に脱げやすい靴です。

 

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内



アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院の説明



インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明




金沢アルコット接骨院の施術例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 076-208-3324 施術時間 午前9:00~12:00 午後2:00~7:00(木曜・土曜の午後のみ足と靴の専門外来)

初めての方はこちら


当院までのアクセス


受付時間


接骨院について知りたい方はこちら


インソール工房について知りたい方はこちら


アルコット接骨院とaLcot plusどちらを受診すればいいの?


足と靴の専門外来予約ページ


交通事故治療について


外反母趾でお悩みの方はコチラ


巻き爪でお悩みの方はコチラ


ランニングシューズでお困りの方はコチラ


お子様の足の異変に気づいたら


さまざまな痛みでお悩みの方はこちらをお読みください


PAGETOP
電話でお問い合わせ