種子骨障害

種子骨って?

親指に付け根にある小豆くらいの大きさの骨です。
種子骨は通常二つあり、走ったり跳んだりする時の蹴り足の衝撃を吸収してくれる役割があります。
その他、親指を動かす筋肉の腱がくっついていて、筋肉の作用の効率を高めています。
また、種子骨しゅしこつの下を趾神経ししんけいが通っています。

 

種子骨障害とは

種子骨にはさまざまなストレスがかかるため、炎症を起こし母趾球ぼしきゅうに痛み発生させるものです。
中には骨折したり足趾の間を通る神経の障害を起こしたりすることもあります。
陸上やバスケット、空手や剣道など、ランニング動作や踏み込み動作の多い競技によくみられます。

 

症状

  • 母趾球が痛い(走る、踏み込むなど)
  • 種子骨近辺を押さえたり、足の親指を反らすと痛い
  • 炎症がひどいと足をつけただけで痛くなる

 

原因

地面を蹴り出すとき、足の裏の筋肉は収縮し種子骨を引っ張る力が生まれます。
この力の繰り返しにより、種子骨が炎症を起こします。
強く踏み込むときは、地面からの衝撃が直接種子骨に加わることで発生します。
また、生まれつき内側の種子骨が2つに分かれている場合もあります。これを分裂種子骨ぶんれつしゅしこつといいます。ここにストレスがかかり痛みを引き起こしている場合もあります。
土踏まず(アーチ)が高い人は、足の裏の筋肉が硬く種子骨障害になりやすいとされています。


(図;healthil.jpより引用)

 

 

どんな検査をするの?

種子骨や母趾球を押さえて痛みがある場合、種子骨障害が疑われます。
外反母趾やハイアーチがあると種子骨で炎症を起こしやすいため、足部の変形がないか確認します。
また、足のどこに体重が乗っているかフットプリントをとって確認します。
サイズが合っていない靴も痛みの原因になるため靴のチェックも欠かせません。
痛みを繰り返す場合は、病院で検査をして分裂種子骨や疲労骨折の有無を調べることもあります。


(図;www.123rf.comtama-medical.comより引用)

 

どんな治療があるの?

痛みが強いうちは運動を中止し、超音波療法やアイシングにより炎症症状をおさえます。
ハイアーチなど足の裏の筋肉が硬いときには柔軟性を高めます。
足にかかるストレスを軽減する目的で特殊なパッドをシューズの中に入れたり、靴の中敷きの母趾球部分をくりぬくなどの方法も有効です。
ほとんどはこのような治療でよくなります。


(図;https://www.amazon.co.jpより引用)

 

靴のチェックポイント

かかとまわりがしっかりしていること

かかとの骨を真っ直ぐな状態に保つためには、かかとのまわりがしっかり硬い靴を選ぶことが大切です。
かかとの骨が内側や外側に傾いている人は、歩いているときに足首がブレて不安定になります。
靴のかかと周辺が軟らかいと、この傾きを防ぐことができず、靴がすぐに歪んでしまうのです。
靴のかかとがしっかりフィットして強さがあると、この傾きを防ぐことができます。
「こんなに硬くても大丈夫?」と思うくらいでちょうどいいのです。


(図;www.ashi-kenko.netより引用)

 

ゆびが曲がる位置で靴も曲がること

靴を手で折り曲げてみると

真ん中で二つに曲がる靴
まったく曲がらない靴
ふにゃふにゃな靴
ねじれが生じる靴など
いろいろありますが、いずれも足によくありません。
ベストなのは、指が曲がる関節の位置で曲がる靴です。


(図;www.ashi-kenko.netより引用)

 

足と靴が一体化していること

靴の選び方の最後のチェックポイントは、靴紐やマジックテープなどの調整具がついていることです。
調整具があると、足首で靴が固定されるので、足が安定します。
反対に調整具のないパンプスなどの靴は、フィット感が悪くなります。
そのため試し履きをしたときに、何回かつま先立ちをしてみてください。
つま先立ちをした時に、かかとが抜けない靴が、足と靴が一体化している歩きやすい靴です。
つま先立ちをした時に、かかとが抜ける靴は、歩いている時に脱げやすい靴です。