肘部管症候群

肘部管症候群とは

肘部管症候群ちゅうぶかんしょうこうぐんは、尺骨神経しゃっこつしんけいが肘の内側で圧迫される疾患です。
尺骨神経は、肘の内側にある骨の出っ張りの後ろを通り、
その先にある骨と靭帯様じんたいようのバンドに囲まれた「肘部管ちゅうぶかん」という狭いトンネルをくぐって、手に伸びていきます。
肘部管症候群は、この肘部管の内部が狭くなり、尺骨神経が慢性的に圧迫されて起こります。


(図;全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患より引用)

 

原因

多くは「変形性肘関節症へんけいせいひじかんせつしょう」による肘関節の変形が原因です。
変形性肘関節症は、肘をよく使う人に発症しやすいことから、肘部管症候群は、30歳以上の男性に多くみられます。
一般に、利き手側に起こり、両手に同時に発症することはめったにありません。
その他、肘関節部の骨折、ガングリオンなどの腫瘤しゅりゅう、外傷などから起こる場合もあります。

症状

  • 小指と薬指の小指側半分のしびれ
  • 神経の障害が進むと、手の筋肉が萎縮する
  • 指を開いたり、閉じたりする力が弱くなる
  • 親指と人さし指で物をつまむ力が弱くなる
  • 箸が使いづらくなるなどの細かいことがしづらくなる
  • 手で水をすくったりする動作も難しくなる
  • 指の関節の独特の変形(かぎ爪指)

 

どんな検査をするの?

症状の原因が首か肘かが重要です。
そのため問診で、首の痛みや肩こりがあるかなどをお尋ねします。
また、「しびれが手のひらと甲の両方にあるのか、ひじを曲げると症状が強くなるか、ひじの内側をたたくと小指に響くか」
といったことや、親指と人さし指で紙を挟む力が調べます。


Tinel sign

Froment徴候

 

どんな治療があるの?

  1. 軽度のものは、肘をなるべく使わないようにする、肉がなるべく痩せないように電気刺激を与える
  2. 就寝中に肘が曲がり、しびれで目が覚めてしまう場合は、肘を伸ばした状態で包帯で固定することも有効
  3. 神経の滑走エクササイズ
  4. 治療を続けても改善が認められない場合、麻痺が進行する場合、骨折後や腫瘤によるものは手術

 

尺骨神経滑走エクササイズ


尺骨神経のストレッチ



(図;https://www.youtube.comより引用)