腰・肩・膝の痛みを足元から根本的に改善/外反母趾や偏平足、巻き爪にも対応

肋骨骨折

肋骨骨折とは

肋骨ろっこつは12本あって、カゴのように内臓を守るように取り囲んでいます。
胸骨きょうこつという胸の前の骨とくっついて、かごのような形をしています。
胸骨の前の部分は軟骨なんこつなので、柔軟性があります。
この肋骨が、なんらかの原因で折れてしまった状態が肋骨骨折ろっこつこっせつです。

肋骨骨折


(図;http://www.spinalandsportscare.com.au/sprained-ribrib-painfracture/より引用)

症状

  • 骨折部位に一致した痛み、圧痛あっつう(押さえると痛い)、れ、皮下出血ひかしゅっけつが現れる
  • 骨折部を軽く圧迫した時に軋轢音あつれきおん(骨折部で骨がきしむ音)が生じることがある
  • 寝返りを打つと肋骨部分が、激しく痛む
  • 横を向くと痛いため横を向けない
  • 深呼吸すると、激痛が走る
  • 内臓の痛みのように感じることもある
  • せきやくしゃみをすると、肋骨部分にひびく
  • 痛くて冷や汗がでる

原因

机やタンスの角にぶつけたというような軽い力によるものと、
交通事故や高所からの転落といった大きな外力によるものがあります。
また、ゴルフのスイングなど体を捻ることを繰り返すことで発生する(疲労骨折ひろうこっせつ)こともあります。
高齢者ではせきをするだけで骨折することもあります。

肋骨骨折原因


(図;www.hachinohe-koutsujiko.comより引用)

どんな人に多いの?

年少者では肋骨に弾性があるため肋骨骨折を起こしにくく、
その反対に高齢者では肋骨がもろくなっているため、
比較的小さな外力でも簡単に肋骨骨折を起こしてしまいます。

 

どんな検査をするの?

診断は胸部の触診とレントゲン撮影によって行われます。
ただし、肺の影と重なったり、肋骨同士が重なったりするため、
骨折が判明しにくい場合もあります。
また、肋骨の前方部分は軟骨となっており、ここでの骨折はレントゲンでは確認できません。

肋骨骨折レントゲン


(図;teachmeanatomy.infoより引用)

どんな治療があるの?

 ①患部の安静

 ②バストバンド固定

 ③2週間ほどして痛みが治まったら軽いリハビリ

 ④骨粗鬆症こつそしょうしょうがある場合は、骨粗鬆症の治療

 

特徴的な姿勢

呼吸運動に伴って痛みが強まるため、骨折部のほうに体を曲げ、
呼吸の時に患部の胸郭きょうかくがあまり動かないようにする姿勢をとることが多くなります。

肋骨骨折姿勢


(図;www.shutterstock.com/s/heart+attack/search.htmlより引用)

どのくらいで治るの?

①外傷による骨折の場合
骨折してから1週間後位経って、炎症が胸膜(肺の膜)まで及んでくると痛みが強くなります。
肋骨の下には肺があり、骨折自体の痛みよりも、この炎症が広がってくると激痛が走ります。
およそ4~6週で治りますが、何本かまとめて骨折している場合は、治癒が遅くなります。

②疲労骨折の場合
2~3週間程度の安静を保つことで痛みは軽減します。
その後、徐々にリハビリを始めます。
疲労骨折を起こしてしまう原因を見つけ出して、低下した筋力を戻したり、柔軟性を改善させたりなどの治療が必要です。

 

ストハンドの正しい巻き方

バストバンドを装着する目的は、

「胸郭の動きを抑えて、肋骨が動かないようにすること」です。

バストバンドを正しく装着するには、基本原則があります。

それは、「胸郭をもっとも縮小させた状態で固定する」ことです。

肋骨骨折リブバンドの巻き方


(図;https://www.sigmax-med.jp/medical/products/423より引用)

 

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内



アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院の説明



インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明




金沢アルコット接骨院の施術例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 076-208-3324 施術時間 午前9:00~12:00 午後2:00~7:00(木曜・土曜の午後のみ足と靴の専門外来)

初めての方はこちら


当院までのアクセス


受付時間


接骨院について知りたい方はこちら


インソール工房について知りたい方はこちら


アルコット接骨院とaLcot plusどちらを受診すればいいの?


足と靴の専門外来予約ページ


交通事故治療について


外反母趾でお悩みの方はコチラ


巻き爪でお悩みの方はコチラ


ランニングシューズでお困りの方はコチラ


お子様の足の異変に気づいたら


さまざまな痛みでお悩みの方はこちらをお読みください


PAGETOP
電話でお問い合わせ