【まとめ】肩が痛い11の疾患 症状別にみる原因や治療法【金沢市アルコット接骨院のコラム】 

あなたの症状の特徴は?

症状が当てはまるものをクリックしてください。

肩が自分では上げられない(肩腱板損傷・肩腱板断裂)

突然肩に強い痛み(石灰沈着性腱板炎)

肩の動きが制限されている(肩関節周囲炎・五十肩)

力こぶの位置が下にさがる(上腕二頭筋長頭腱断裂)

重い物を持つと肩の前面が痛い(上腕二頭筋長頭腱炎)

肩のひっかかり感や痛み(肩峰下インピンジメント症候群)

夜中の肩の痛み(肩峰下滑液包炎)

腕のしびれやだるさ、肩こり(胸郭出口症候群)

野球少年の肩の痛み(リトルリーガーズショルダー)

投球時の肩の痛み、ひっかかり(SLAP損傷)

肩の後ろの筋肉が痩せている(肩甲上神経麻痺)

 

 

 

肩が自力で上がらない 肩腱板損傷・肩腱板断裂の原因や症状、治療法

腱板けんばんってなに?

腱板は棘上筋きょくじょうきん棘下筋きょくかきん肩甲下筋けんこうかきん小円筋しょうえんきんという4つの筋肉で構成されています。
肩のわずかな動きを調整する働きがあります。

肩腱板の説明
肩の腱板とは

腱板損傷けんばんそんしょう・肩腱板断裂けんばんだんれつとは

腱板損傷完全断裂部分断裂
腱板損傷の分類

これらの腱板とよばれる筋肉のいずれかが損傷や断裂することを腱板損傷・腱板断裂といいます。
40歳以上の男性に多く(最も多いのは60代)みられます。

 

症状

  • 手を挙げる時に力が入らない
  • 腕を降ろす時に痛い
  • 手が後ろに回らない
  • 夜痛くて目が覚める
  • 反対側の手で助けると挙げられる

 

特徴的な手の挙げ方

腱板損傷・断裂があると、手を挙げることが難しくなります。
手を挙げようと思ってもうまく力が入らないために、肩をすくめるようにしたり、体を横に傾けたりと特徴的な手の挙げ方になります。

原因

転んで手をつくなど、ケガにより損傷・断裂します。
または、加齢にともない弱くなった筋肉に、わずかな外力が加わることでも断裂してしまうこともあります。

 

どんな検査をするの?

問診では、痛みが出た当時の状況や痛みの状態を確認します。
視診・触診により、押さえて痛い場所、筋肉が痩せていないか、肩の動きなどを詳細に診ていきます。
これらの所見と併せて、病院でのレントゲンやMRIなどの画像検査により確定診断がなされます。

腱板損傷ペインフルアークサインとは
ペインフルアークサインとは

ペインフルアークサイン
腕を横から挙げ降ろしする際に、腱板損傷・断裂があると60°~120°の間に痛みが生じます。

 

腱板損傷ドロップアームサインとは
ドロップアームサインとは

ドロップアームサイン
患者さんの腕を90°まで横から挙げます
手を離して、患者さんがその状態を保持できるか、または、ゆっくりと腕を降ろすことができるかを検査します
腱板損傷・断裂があると、腕を保持できなかったり、脱力感をともなって腕が降下します

 

どんな治療があるの?

  1. 患部の安静
  2. 超音波療法
  3. 関節可動域訓練
  4. 筋力トレーニング
  5. テーピング
  6. 完全断裂や改善がみられないものは手術

 

夜の痛みに対する対応

夜中の痛みのせいで睡眠が妨げられるのは辛いものです。夜中の痛みが起こる原因はさまざまです。
関節が安定していて楽な姿勢を見つけることが大切です。
「寝返りすると効果がないのでは?」と思われるかもしれませんが、人間の睡眠は約90分で1周期だといわれています。
まずは2周期、3時間しっかり眠れることを目指しましょう。
これが傷んだ組織の修復につながります。

肩の夜間痛に対する対策
肩の夜間痛に対する対策

 

超音波療法

腱板は肩の深層に位置する筋肉であるため、なかなか手では届きにくい部分です。超音波治療気を使い、1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度振動で、筋肉に直接刺激を与えます。
患部の血流の改善、筋肉の緊張の軽減、消炎鎮痛などに効果があります。

 

テーピング

キネシオテープという特殊な素材でできたテープを用いてテーピングを貼ることで、皮膚を持ち上げ筋肉との間に隙間を作りリンパの滞りを改善し、筋肉の正しい収縮をサポートします。これにより腱板の損傷部分の治癒を早めたり、傷んだ腱板の負担を軽減したりできます。

肩峰下インピンジメント症候群テーピング1
肩の腱板損傷のテーピング
肩峰下インピンジメント症候群テーピング2
肩の腱板損傷のテーピング



どのくらい安静にすればいいの?

腕の重さは片腕だけでも3~4キロも あります。炎症を起こした肩に3~4キロもの重りをぶら下げていては組織の修復が妨げられてしまいます。三角巾などを使って腕を吊り腕の重さを取り除くことも大切です。
上着のポケットに親指をひっかけるだけでも肩にかかる腕の重さや歩くときの腕の揺れを軽減できます。痛みでガチガチに力が入っていると、循環を損ね2次的な問題を引き起こしてしまいます。
「安静」とは「動かさない」ことだけではなく、「いかに力を抜いて楽にできるか」がポイントです。

関連記事

  

 

突然肩に激痛 石灰沈着性腱板炎の原因や症状、治療法

腱板ってなに?

こちらのページに詳しく記載してあります。
肩腱板損傷・腱板断裂のページをご覧ください。

 

石灰沈着性腱板炎せっかいちんちゃくせいけんばんえんとは

40~50歳代の女性に多い疾患です。
肩の筋肉の中に石灰が沈着し炎症を引き起こします。
その後、石灰が吸収されると痛みはなくなります。

 

 

症状

  • 突然の激痛
  • 肩がぼんやりと腫れる、赤くなる
  • 腕を動かせない
  • 夕方から夜にかけて痛む
  • 夜、肩が痛くて目が覚める
石灰沈着性腱板炎肩の発赤
石灰沈着性腱板炎 肩の発赤

原因

肩の筋肉の中にリン酸カルシウム結晶が沈着し炎症が起こることで発症します。
しかし、リン酸カルシウム結晶が沈着するメカニズムはまだわかっていません。

 

どんな検査をするの?

思い当たる原因がなく、突然上記の症状が起こり、肩の先端の骨を押すと痛いなどがあればこの疾患を疑います。
痛みが強く、発生の仕方が急激なため、比較的わかりやすい疾患です。
ケースによっては、病院でレントゲンやエコー検査を行います。

 

どんな治療があるの?

  1.  急性期には患部の安静、三角巾による固定
  2.  超音波療法
  3.  慢性期には温熱療法・電気治療
  4.  関節可動域訓練
  5.  テーピング
  6.  症状が強いものは、病院にて痛み止めや注射など

 

夜の痛みに対する対応

こちらのページに詳しく記載してあります。
肩腱板損傷・腱板断裂のページをご覧ください。

 

どんな経過をたどるの?

  1. 石灰が腱の中に沈着します。
  2. 石灰化した部分が、滑液包かつえきほうの中に漏れ出し炎症を起こします。
  3. 炎症を起こした滑液包は腫れて熱を持ち、外から見ると皮膚が赤くなります。痛みにより腕を動かすことができなくなります。
  4. 時間が経つとともに、漏れ出た石灰を修復しようとする反応により、石灰化部分が小さくなってきます。このころには肩も動かせるようになり、日常でも支障のない程度まで回復します。

 

テーピング

こちらのページに詳しく記載してあります。
肩腱板損傷・腱板断裂のページ
をご覧ください。

 

どのくらい安静にすればいいの?

こちらのページに詳しく記載してあります。
肩腱板損傷・腱板断裂のページ
をご覧ください。

関連記事

 
 

腕が挙がらない・後ろに回せない  肩関節周囲炎・五十肩の原因や症状、治療法

 

肩関節周囲炎・五十肩とは

主に40歳以降に発症することから、四十肩や五十肩と呼ばれます。
とくに50~60歳代の女性に多く、加齢に伴い筋肉が衰えたり傷んだりすることが原因で発症します。
肩の痛みと引っかかり感が特徴で、いずれは自然治癒するといわれています。

 

症状

肩関節周囲炎は、①急性期、②凍結期、③回復期の3つのステージに分けられます。

①急性期

  • じっとしていても痛い
  • 夜の痛みで目が覚める
  • 痛みにより手を挙げることができない

②凍結期

  • 痛みは徐々に軽くなってくる
  • エプロンの紐を結ぶ、髪を結ぶ、車の後部座席のものを取る動作などが制限される
  • 制限を感じてから、それ以上に動かすと激痛が生じる

③回復期

  • 正常に近づいてくる

 

原因

はっきりした原因がわからず、加齢で骨や軟骨なんこつ靱帯じんたいけんなどが老化するとともに、肩の周囲に炎症が起きることで生じるもの(五十肩)と、ケガや糖尿病と関係するものなど原因がわかるものとがあります。

 

どんな検査をするの?

肩の可動域セルフチェック(アプレースクラッチテスト)
五十肩の可動域セルフチェック(アプレースクラッチテスト)

問診では痛くなった状況の確認、ケガの有無、痛みの状態などを確認します。
視診・触診により、押さえて痛い箇所、筋力の低下がないか、肩の動きの範囲などを確認します。

肩の動きの検査(アプレースクラッチテスト)

  • 反対側の肩甲骨の上の角を触れますか?
  • 反対側の肩甲骨の下の角を触れますか?
  • 反対側の肩を触れますか?

どんな治療があるの?

  1. 急性期には患部の安静、三角巾による固定
  2. 超音波療法ちょうおんぱりょうほう
  3. 慢性期には温熱療法おんねつりょうほう
  4. 関節可動域訓練かんせつかどういきくんれん
  5. テーピング
  6. 症状が強いものは、病院にて痛み止めや注射など

夜の痛みに対する対応

こちらのページに詳しく記載してあります。肩腱板損傷・腱板断裂のページをご覧ください。

 

本当に自然に治るの?

肩関節周囲炎・五十肩は数年で自然治癒するといわれています。
しかし、約半数に痛みや動かしにくさなどの不自由が残ると報告されています。
このことから、アルコット接骨院では自然治癒しぜんちゆを待つのではなく、時期に応じた積極的な治療を行っています。

 

痛いけど動かしていいの?

肩の関節は「関節包かんせつほう」という袋につつまれています。
正常の肩関節では、袋にはゆとりがあります。
炎症や老化により、この袋のゆとりがなくなって関節の動きが悪くなってしまいます。
そのため、炎症の再発するおそれのなくなった凍結期以降は、袋のゆとりを回復させるために積極的に運動する必要があります。
※痛みの強い急性期には行なわないでください。

肩関節包の拘縮正常な肩との違い
肩関節包の拘縮 正常な肩と五十肩の違い

最先端の筋膜リリース

肩関節周囲炎では、炎症の結果、肩関節の周りの筋肉や関節包が固まったり、痛みをかばって変に力を入れてしまうため異常に筋肉が緊張したりします。このような状態から筋肉が正常な状態に戻すために、当院ではIASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)を使用しています。
IASTM toolsは組織を正常な機能に戻し、治療することを可能にする全く新しい治療ツールです。


関連記事
詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。

 
 

力こぶの位置が下がる 上腕二頭筋長頭腱断裂の原因や症状、治療法

上腕二頭筋じょうわんにとうきんって?

上腕二頭筋は力こぶを作る筋肉です。「長頭ちょうとう」と「短頭たんとう」の2つの筋肉の束からできています。

上腕二頭筋の解剖
上腕二頭筋とは

 

上腕二頭筋長頭腱断裂とは

上腕二頭筋の2つの束のうち、「長頭」の腱が切れてしまい、痛みや脱力感を引き起こします。

上腕二頭筋長頭腱断裂
上腕二頭筋長頭腱断裂とは

 

症状

  • 肩から上腕の前が痛い
  • 肘を曲げて重い物を持ったり、力を入れて腕を外方向にねじると痛みが増す
  • 力こぶの前に青あざができる
  • 力こぶのふくらみが下に下がる
上腕二頭筋長頭腱断裂の症状とは
上腕二頭筋長頭腱断裂後の血腫と力こぶの下垂

 

原因

長頭腱は『大結節だいけっせつ』『小結節しょうけっせつ』と呼ばれる骨のでっぱりの間にできた溝を通ります。
さらに、溝の中で急激に方向を変えます。そのため溝の中で摩擦を起こし、腕をよく使う人は断裂しやすくなります。

上腕二頭筋長頭腱の摩擦
上腕二頭筋長頭腱が断裂しやすい原因

 

どんな検査をするの?

問診では痛くなった状況の確認、ケガの有無、痛みの状態などを確認します。
視診・触診により、押さえて痛い箇所、筋力の低下がないか、肩や肘の動きなどを確認します。
「力こぶが下にさがる」特徴的な所見がみられるため、比較的発見は容易です。

 

どんな治療があるの?

  1. 急性期には患部の安静
  2. 超音波療法ちょうおんぱりょうほう
  3. 慢性期には温熱療法
  4. 関節可動域訓練かんせつかどういきくんれん
  5. テーピング

 

どんな人に多いの?

高齢者に起こる場合と肉体労働者やスポーツをしている方に起こる場合があります。
高齢者の断裂は、肩の腱板という筋肉が傷んでしまうのに伴って長頭腱が少しずつ擦り切れていき、何気ない日常生活で生じます。
一方、肉体労働やスポーツに伴って、重い物を持つなど急に力を入れた時にブチッという音とともに断裂することもあります。

 

自然に治るの?

一度切れてしまった腱が元通りくっつくわけではありません。傷めてすぐは炎症が強いため無理に動かさず安静にすることが大切です。
炎症が治まってくると見た目は元に戻りませんが、痛みは軽くなってきます。
その時期から超音波治療や温熱療法により患部を温めた上で、傷んだ部分に負担がかからないように他の筋肉をトレーニングしていきます。

 

断裂していても生活できる

断裂部の痛みは安静にしていれば徐々に治まり、日常生活を送るだけであれば支障がなくなります。
断裂しても肘を曲げる力の10~20%が落ちる程度なので高齢者の場合は、それほど不自由なく生活が送れる可能性が高いため、そのまま治療することがほとんどです。
しかし、上腕二頭筋の機能が失われているので、肘や肩の動きに制限が残ることがあります。
それを補うために肩や肘を曲げるための補助筋をトレーニングしながら生活していくことをおすすめします。
また、現役で仕事やスポーツや家事を行うような場合は、病院で手術を行うこともあります。

テーピング

キネシオテープという特殊なテープを貼り、皮膚を持ち上げ筋肉との間に隙間を作ります。これによりリンパの滞りを改善し、筋肉の正しい収縮をサポートすることで、傷んだ上腕二頭筋長頭腱の負担を軽減できます。

上腕二頭筋損傷テーピング
上腕二頭筋長頭腱断裂テーピング
関連記事

 
 

重い物を持つと肩~腕の痛い 上腕二頭筋長頭腱炎の原因や症状、治療法

上腕二頭筋じょうわんにとうきんって?

こちらのページに詳しく記載してあります。

上腕二頭筋長頭腱断裂のページをご覧ください。

 

上腕二頭筋長頭腱炎とは

上腕二頭筋の2つの束のうち、長頭の腱が骨との間での摩擦により炎症を起こしてしまうことをいいます。

 

 

症状

  • 肩の前面が痛い
  • 重い物を持つ、力を入れて腕を外方向にねじると痛みが増す

 

原因

長頭腱は「大結節だいけっせつ」「小結節しょうけっせつ」という2つの骨のでっぱりの間にある溝の中を通ります。
さらに、溝の中で急激に方向を変えるため、長頭腱は溝の中で摩擦を起こしやすく、腕を酷使することで炎症を起こしてしまいます。
重い物を運ぶなど、上腕二頭筋に繰り返し負担がかかることで発生します。
また高齢者では、筋力が弱っている状態でわずかな負担がかかることで発生する場合もあります。

上腕二頭筋長頭腱の摩擦
上腕二頭筋長頭腱炎の原因

 

どんな検査をするの?

問診では痛くなった状況の確認、ケガの有無、痛みの状態などを確認します。
視診・触診により、押さえて痛い箇所、筋力の低下がないか、肩の動きなどを確認します。
下図の徒手検査で、肩の前面に痛みが出れば上腕二頭筋長頭腱炎が疑われます。

上腕二頭筋長頭腱炎ヤーガソンテスト
上腕二頭筋長頭腱炎 徒手検査法(ヤーガソンテスト)

ヤーガソンテスト

上腕二頭筋長頭腱炎スピードテスト
上腕二頭筋長頭腱炎 徒手検査法(スピードテスト)


スピードテスト

どんな治療があるの?

  1. 急性期には患部の安静
  2. 超音波療法ちょうおんぱりょうほう
  3. 慢性期には温熱療法
  4. ストレッチ
  5. テーピング

 

どんな人に多いの?

20~40歳代の男性に多くみられます。
重い物を持つ肉体労働者やスポーツ愛好家に起こります。
スポーツ愛好家では、テニスやバレーボール、野球などで多く発症します。

 

ストレッチ

30~60秒伸びた姿勢をキープしてください。

肩周辺のストレッチ
肩周辺のストレッチ

テーピング

こちらのページに詳しく記載してあります。

上腕二頭筋長頭腱断裂のページをご覧ください。

 

肩のひっかかり感や痛み 肩峰下インピンジメント症候群の原因や症状、治療法

肩の構造

肩の関節は、腕の骨(上腕骨じょうわんこつ)と肩甲骨けんこうこつで構成されます。
肩の関節を横から見ると、烏口肩峰うこうけんぽうアーチと呼ばれる「屋根」の下に上腕骨頭じょうわんこっとうが位置するのがわかります。
肩を挙げる時には、この屋根の下を上腕骨頭がスムースに通過しなければなりません。

烏口肩峰アーチとは
烏口肩峰アーチとは

 

 

肩峰下けんぽうかインピンジメント症候群とは

肩を挙げたり動かしたりするときに腱板けんばん滑液包かつえきほうなどが肩甲骨の屋根の下をスムースに通過できずに、衝突したり挟まることを肩峰下インピンジメント症候群といいます。

 

 

原因

肩峰下インピンジメント症候群の原因は大きく分けて次の2つがあります。

  1. 肩まわりの「つくり」に問題がある場合
  2. 肩まわりの「はたらき」に問題がある場合

肩まわりの「つくり」の問題というのは、肩のまわり自体の形が変わってしまうことです。
骨折などによる変形や加齢によって生じる変性(靱帯じんたい肥厚ひこう、滑液包の癒着ゆちゃくなどがあげられます。
形が変わってしまうことで、肩の隙間が狭くなって衝突を起こしやすくなります。

肩まわりの「はたらき」の問題というのは、五十肩などで肩まわりの筋肉が硬くなり正常なはたらきが出来なくなったり、肩甲骨の動きが不足することで起こったりします。

 

症状

  • を挙げる時に肩がつまる感じがある
  • 肩の動きに制限がある
  • 肩の挙げ方がぎこちない
  • 途中から痛みが出て、それ以上は挙げられない

 

どんな検査をするの?

問診では、痛みが出る当時の状況や痛みの状態を確認します。
視診・触診により、押さえて痛い場所、筋肉が痩せていないか、肩の動きなどを詳細に診ていきます。
また、下記のテストが陽性になると、肩峰下インピンジメント症候群が疑われます。

肩峰下インピンジメント症候群ニアーテスト
肩峰下インピンジメント症候群 徒手検査法(ニアーテスト)

ニアーテスト
肩甲骨を固定しつつ、肩を内旋したまま、腕を前方から屈曲させる。痛みが出ると陽性。

肩峰下インピンジメント症候群ホーキンステスト
肩峰下インピンジメント症候群 徒手検査法(ホーキンステスト)


ホーキンステスト
肘を直角に曲げ、肩を90°挙げた肢位から内側に捻る。痛みが出ると陽性。

 

どんな治療があるの?

  1.  患部の安静
  2.  超音波療法
  3.  関節可動域訓練
  4.  筋力トレーニング・ストレッチ
  5.  テーピング

 

テーピング

こちらのページに詳しく記載してあります。
肩腱板損傷・腱板断裂のページ
をご覧ください。

キネシオテープという特殊なテープを用いてテーピングすることで、皮膚を持ち上げ筋肉との間に隙間を作りリンパの滞りを改善し、筋肉の正しい収縮をサポートします。

 

 

胸部のストレッチ

こちらのページに詳しく記載してあります。

胸郭出口症候群のページをご覧ください。

 

肩甲骨のエクササイズ

こちらのページに詳しく記載してあります。

胸郭出口症候群のページをご覧ください。

 

夜中の肩の痛み 肩峰下滑液包炎の原因や症状、治療法

肩峰下滑液包けんぽうかかつえきほうの役割

肩峰下滑液包というのは、肩の先のところにある肩峰けんぽう上腕骨じょうわんこつの間にあるもので、中に液体の入った袋状の物質です。骨と筋肉の間の摩擦まさつを減らす役割をしています。

肩峰下滑液包とは
肩峰下滑液包とは
肩峰下滑液包とは
肩峰下滑液包とは(外転時)
肩峰下滑液包
肩峰下滑液包とは(横から見た図)

 

 

肩峰下滑液包炎とは

肩峰下滑液包に炎症が起こった状態のことです。
血管や神経が豊富なので、炎症が起こると痛みを感じやすい部位でもあります。
肩の動きに制限がある五十肩とは区別されています。
しかし、炎症が長期間に及び、周囲の筋肉と癒着してしまうと、肩の動きの制限につながります。

肩峰下滑液包炎
肩峰下滑液包炎 滑液包の炎症

 

 

症状

  • 腕を上げると痛い
  • 痛みで肩を動かすことが困難
  • 徐々に痛みが現れる
  • 夜中の痛み
  • 特定の動作だけではなく、どんな動かし方をしても痛い

 

原因

60歳代ぐらいの方に起こりやすく、老化現象といわれています。使いすぎが原因で滑液包自体が炎症を起こしたり、肩に無理な力が加わって腱板が切れて滑液包内の液体が漏れ出したりすることで痛みが起こります。

 

どんな検査をするの?

問診では痛くなった状況の確認、ケガの有無、痛みの状態などを確認します。
視診・触診により、押さえて痛い箇所、筋力の低下がないか、肩の動きの範囲などを確認します。

ダウバーン徴候とは
ダウバーン徴候

ダウバーン徴候
肩峰と大結節の間の痛い部分を指で押さえたまま、肩関節を90°まで外転させる。
外転に伴い、痛みが消失すれば陽性。

 

 

どんな治療があるの?

  1. 急性期には患部の安静、三角巾による固定
  2. 超音波療法
  3. 慢性期には温熱療法
  4. 関節可動域訓練
  5. テーピング
  6. 症状が強いものは、病院にて痛み止めや注射など

 

夜の痛みに対する対応

こちらのページに詳しく記載してあります。肩腱板損傷・肩腱板断裂のページをご覧ください。

 

テーピング

こちらのページに詳しく記載してあります。肩腱板損傷・肩腱板断裂のページをご覧ください。

 

腕の置き場所がわからない!!

腕の重さは片腕だけでも3~4キロも あります。炎症を起こした肩に3~4キロもの重りをぶら下げていては組織の修復が妨げられてしまいます。三角巾などを使って腕を吊り腕の重さを取り除くことも大切です。上着のポケットに親指をひっかけるだけでも肩にかかる腕の重さを軽減できます。痛みでガチガチに力が入っていると、循環を損ね2次的な問題を引き起こしてしまいます。「安静」とは「動かさない」ことだけではなく、「いかに力を抜いて楽にできるか」がポイントです。

肩峰下滑液包炎肩の良肢位01
肩の安楽な肢位

立っている時
脇を少し開け、親指をポケットにひっかける。

肩峰下滑液包炎肩の良肢位
肩の安楽な肢位

座っている時
脇を少し開け、腕を下から支える。

 

超音波療法

滑液包の炎症を抑え、周囲の腱板という筋肉の循環を改善させ緊張を軽減します。1秒間に300万回(3MHz)という高速度刺激を肩関節内部に直接照射します。

関連記事

 
 

腕のしびれやだるさ、肩こり 胸郭出口症候群の原因や症状、治療法

胸郭出口症候群きょうかくでぐちしょうこうぐんとは

鎖骨さこつの周辺で腕や手指に行く神経の束(腕神経叢わんしんけいそう)が、血管とともに圧迫されて起こる疾患です。
腕神経叢が圧迫されて発生する「圧迫型」、腕神経叢が過剰に引っ張られて発生する「牽引型けんいんがた」、それぞれが合わさって発生する「混合型」があります。

胸郭出口症候群とは
胸郭出口症候群とは

 

症状

  • 手の指や腕がしびれる
  • 手の指や腕の熱感または冷感
  • 手の指や腕の脱力感
  • 首や肩、肩甲骨周囲のうずくような痛み
  • 手の握力低下、細かい動作がしにくい

 

牽引型の原因

胸郭出口症候群牽引型では、あごを突き出した「なで肩」姿勢が特徴です。
肩甲骨にくっついている筋肉にアンバランスが生じると、肩甲骨の位置に左右差がみられます。
このように肩甲骨が異常な位置におかれたままでいると、腕神経叢が過敏かびん状態となります。
神経の過敏な状態で、腕を下げていたり、重い物を持ったりすることで神経はさらに引っ張られて症状が出現します。

肩甲骨の左右差
肩甲骨の下垂
腕神経叢と肩甲骨の関係
腕神経叢と肩甲骨の関係



 

圧迫型の原因

鎖骨のまわりで神経や血管が圧迫される原因は大きく分けて3つあります。

  1. 前斜角筋ぜんしゃかくきん中斜角筋ちゅうしゃかくきんの間で圧迫される斜角筋症候群しゃかくきんしょうこうぐん
  2. 鎖骨と第1肋骨ろっこつの間で圧迫される肋鎖症候群ろくさしょうこうぐん
  3. 小胸筋しょうきょうきんの後方で圧迫される小胸筋症候群しょうきょうきんしょうこうぐん

があります。これらをまとめて胸郭出口症候群圧迫型と呼ばれてます。

胸郭出口症候群絞扼ポイント
胸郭出口症候群圧迫型の神経の絞扼されるポイント

 

どんな検査をするの?

問診や触診をていねいに行います。姿勢、筋力などを調べ、下記のテストで症状が現れる場合は胸郭出口症候群が疑われます。

胸郭出口症候群検査
胸郭出口症候群 徒手検査法

 

 

どんな人がなりやすいの?

  • 猫背で細い体形の人
  • なで肩や首が長い人
  • 筋肉が少ない、運動しない人
  • 20歳後半~60歳くらいの女性
  • 日常的に一定の姿勢を長時間続けている人
  • 事故後の二次障害として起こることもある

 

どんな治療があるの?

  1. 姿勢改善(KSバンド)・テーピング
  2. 電気治療
  3. 超音波療法
  4. ストレッチ・マッサージ
  5. 筋力トレーニング
  6. 徒手療法

 

肩甲骨の位置修正テーピング

胸郭出口症候群 テーピング法
胸郭出口症候群 テーピング法



(図;理論と実践! 治療的テーピングより引用)

 

胸部のストレッチ


ドアの枠を使い胸部の筋をストレッチします。

 


椅子の背もたれを使い丸まった背中を伸ばします。

肩甲骨のエクササイズ


肩甲骨を背骨に引き寄せるように動かします。

関連記事

 

野球少年の肩の痛み リトルリーガーズ・ショルダーの原因や症状、治療法

骨の成長

子供の骨は、大人の骨とは全くの別物です。子供の骨はまだ完全な骨ではなく、軟骨なんこつの部分が残されています。
この軟骨部分は骨端軟骨こったんなんこつ骨端線こったんせん)といわれ、この部分で骨は成長します。成長期が過ぎると軟骨は完全な骨になり、これ以上骨は伸びなくなります。

骨の成長
子供の骨から大人の骨へ

 

リトルリーガーズ・ショルダーとは

成長期に、腕の骨(上腕骨じょうわんこつ)が完全な骨になる以前に軟骨に繰り返しストレスが加わることで、骨端軟骨(骨端線)が損傷される疾患です。

上腕骨の骨端線損傷
上腕骨の骨端線損傷

 

原因

野球の投球、バレーボールのアタックなど、腕を高く挙げてから力いっぱい振り下ろす動作を繰り返すことでよく発生します。
例えば投球動作でボールをリリースした直後からの腕の振り下ろし(フォロースルー)では、腕の遠心力により上腕骨自体が強く引っ張られます。
特にカーブボールを投げると肩にねじれの力も加わります。そのため、軟骨が少しずつ傷つき、だんだんと炎症を起こし、最終的には軟骨がずれた状態になります。

リトルリーガーズショルダー原因
リトルリーガーズショルダーの原因

 

症状

  • 投球時に肩が痛い
  • 肩の付け根を触ると痛い
  • 肩にだるさ
  • 肩が動きづらい
リトルリーガーズショルダーの痛みの出るフェーズ
リトルリーガーズショルダーの痛みの出るフェーズ

どんな検査をするの?

問診や触診、関節の動きの範囲、体幹の柔軟性などを調べます。
リトルリーガーズ・ショルダーでは、上腕骨の骨端軟骨(骨端線)の部分に一致して強い圧痛(押さえると痛い)があります。
リトルリーガーズ・ショルダーが疑われる場合は病院でレントゲン検査やエコー検査を行います。

左右の肩の高さの違い
左右の方の高さの違い
胸郭の柔軟性チェック
胸郭の柔軟性チェック

 

 

どんな治療があるの?

  1. 患部の安静(投球制限)
  2. 超音波療法
  3. ストレッチ
  4. 筋力トレーニング
  5. 筋膜リリース
  6. 投球フォームの修正

 

ストレッチのルール

  • 実施する際は20秒~30秒かけてゆっくり時間をかけて伸ばす。1部位につき2~3セット実施する。
  • 筋肉の伸張感がある範囲の強さで伸ばし、痛みが出ない範囲で実施する。
  • ストレッチング直後の運動は徐々にレベルをあげていく。

 

ストレッチする部位

  1. 肩の前方
  2. 胸部
  3. 肩の後方~下方
  4. 肩甲骨周囲
  5. 首~背中
  6. 股関節
  7. 体幹(特に回旋)

 

不良フォームの特徴

不良フォームの特徴として、次の項目が挙げられます。

  • 肘が下がっている
  • 体の開きが早い
  • 投球方向への体幹の回旋が少ない
  • 体幹の非投球側へ体を傾ける

これらの要因として、肩まわり、股関節、胸部の筋肉の硬さが考えられます。

悪い投球フォーム02
悪い投球フォーム 肘下がり
悪い投球フォーム
悪い投球フォーム 肘下がり



 

肩甲骨の動きの重要性

リトルリーガーズ・ショルダーでは、

  • 肩まわりの筋肉のアンバランス
  • 肩甲骨の動きが悪い
  • 体幹の柔軟性がない

などの理由で、肩甲骨の向いた方向で腕をねじることが出来ていない症例が多くみられます。
肩甲骨の向いた方向で腕をねじれないと、骨端軟骨(骨端線)に過剰な負担がかかってしまいます。

リトルリーグショルダー良くない投球フォーム
肩関節に負担のかかる投球フォーム
関連記事

 
 

投球時の肩の痛み、ひっかかり SLAP損傷の原因や症状、治療法

肩の構造

肩の関節は、上腕骨じょうわんこつの丸みと肩甲骨けんこうこつ側の受け皿とで構成されます。
しかし、受け皿の方が非常に浅く小さく、それに対して上腕骨側の丸みが大きいため不安定な状態となっています。
たとえるならティーの上にゴルフボールをのせたような状態です。
この受け皿の浅さを補う役目をするのが、「関節唇かんせつしん」です。
「関節唇」には、上腕二頭筋じょうわんにとうきんという筋肉がつながっている部分があります。

肩の構造
肩甲骨と上腕骨
肩関節唇とは
肩関節唇と上腕二頭筋長頭腱の関係
肩関節唇とは
肩関節唇



 

SLAP損傷とは

関節唇と上腕二頭筋がつながる部分(時計でいう10~2時の方向)が、筋肉に引っ張られて、破れたりちぎれたりしてしまう肩のスポーツ障害をSLAP損傷といいます。

SLAP損傷とは
SLAP損傷とは

症状

  • 頭上から背中に手を回すと痛い
  • 痛い腕で反対側の肩をつかむと痛い
  • 投球動作で痛い
  • 腕が抜ける感じがする
  • 肩がひっかかる感じがする
  • 投球時の痛み以外には、ほとんど症状がない

 

原因

野球などボールを投げる動作の繰り返しによって損傷することが多い疾患です。
ボールを投げる時に、関節唇の上方にくっついている上腕二頭筋が引っ張られたり、肩にねじれの力が加わったりする動作で負担がかかることによって関節唇に損傷や剥離はくりをおこします。
野球以外では、ラケット競技やバレーボールなどのサーブの動作を行うスポーツ選手などによくみられます。

 

どんな検査をするの?

問診、視診や触診によって、肩のどこに痛みがあるか、どのような動作で違和感や痛みがあるかを確かめます。
徒手検査で痛みがある場合はSLAP損傷が疑われます。SLAP損傷が疑われる場合、病院でMRI検査が行われます。

SLAP損傷テスト
SLAP損傷 徒手検査法

どんな治療があるの?

  1. 急性期には患部の安静
  2. 超音波療法ちょうおんぱりょうほう
  3. 慢性期には温熱療法
  4. 関節可動域訓練かんせつかどういきくんれん
  5. ストレッチ
  6. 筋力強化訓練
  7. 投球フォームの修正

 

 

 

肩以外の部分の柔軟性も大切

背中が丸くなった姿勢では、肩甲骨の動きがスムースに行えません。肩以外でも体幹部分の柔軟性はとくに重要です。

投球フォーム胸椎の伸展
投球フォーム 胸椎の伸展

 

 

投球フォームの修正

SLAP損傷では、投球動作のコッキング期(振りかぶった状態)からアクセレレーション期(ボールを離す前まで)に痛みが生じます。
SLAP損傷では、

  • 肩まわりの筋肉のアンバランス、
  • 肩甲骨の動きが悪い、
  • 体幹の柔軟性がないなど

の理由で、肩甲骨の向いた方向で腕をねじることが出来ていない症例が多くみられます。
肩甲骨の向いた方向で腕をねじれないと、関節唇に過剰な負担がかかってしまいます。

良くない投球フォーム
肩関節に負担のかかる投球フォーム
関連記事

 
 

バレーボール選手に多い肩周りの筋肉の萎縮 肩甲上神経麻痺の原因や症状、治療法

肩甲上神経麻痺とは

肩甲上神経とは、首の付け根から出て肩の筋肉(棘上筋きょくじょうきん棘下筋きょくかきん)へつながっている神経です。この神経は、棘上筋と棘下筋を支配しており、腕を挙げるのに必要とされています。
この神経が、何らかの原因(骨の変形やガングリオン)で圧迫されると、筋肉が麻痺し肩が挙げれなくなったり、肩が重くなるような症状が出現します。

肩甲上神経
肩甲上神経の走行

 

症状

  • 肩が重い感じがする
  • 腕が上がらない
  • 肩周りのしびれ感
  • 肩周りの違和感
  • 肩のまわりの筋肉がせる
肩甲上神経
肩甲上神経と筋肉との位置関係

原因

多くは慢性化しており、バレーボール・テニスなど肩を振りおろす力が繰り返しかかる人に多く発生します。
肩甲上神経は、肩甲切痕けんこうせっこん棘窩切痕きょくかせっこんという2つのトンネルを通り、さらにこの部分で急激に方向を変えます。
つまり、肩甲上神経は、筋肉に到達するまでに、2回の急カーブを経なければなりません。そのため走行に無理があり圧迫を受けやすく麻痺を起こすことがあります。

肩甲上神経圧迫
肩甲上神経の絞扼ポイント

どんな検査をするの?

腕が水平(90゜)以上あがらないものの、痛みがない点が四十肩・五十肩などと見分けることができる点です。
肩甲上神経麻痺を疑われる場合には、病院でMRI検査による肩周辺のガングリオンや腫瘍しゅようなどがないか、筋電図で筋・神経障害の有無を調べます。

どんな治療があるの?

  1. 筋肉を刺激し筋萎縮きんいしゅくを防ぐEMSという電気治療
  2. 筋力改善のリハビリ
  3. 手術をして神経の圧迫を取り除く

 

筋力改善のリハビリ

棘下筋のトレーニング
棘下筋のトレーニング

トレーニングする側を上にして横向きに寝ます。脇を閉じたまま手を持ち上げます。この時、体が傾かないように気を付けてください。20回ほど連続で行ってください。

ローテーターカフのトレーニング
ローテーターカフへの振動刺激

フレックスバーの端を片手で持ちます。手首ではなく、腕の根元から動かすつもりで小刻みに振ります。ある程度の疲労感を感じたら休憩をはさみます。

関連記事

 

Writter
麻多 聡史 アルコット接骨院院長、柔道整復師、オーソティックスソサエティ認定フットケアトレーナーマスターライセンス、ペディグラス社認定足爪補正士、3M社認定テーピングマイスター、Smart tools認定IASTMマニュアルセラピスト、FMS ,SFMA