手のしびれにはさまざまなタイプがあります。それぞれ原因も違えば、治療法も異なります。

症状の特徴からさまざまなタイプの手のしびれについて詳しく解説します。

現在の症状から、ご自身のしびれのタイプを下から選んでください。

手がしびれる7疾患

▼症状が当てはまるものをクリックしてください。

親指から薬指にかけてのしびれ(手根管症候群)

小指側のしびれ(ギヨン管症候群)

中高年の腕や手のしびれ(頚椎椎間板ヘルニア)

高齢者の腕や手のしびれ(変形性頚椎症)

肩こり、だるさ、腕のしびれ(胸郭出口症候群)

指先のしびれ、細かい作業がしにくい(頚椎後縦靭帯骨化症・OPLL)

肘を曲げていると小指と薬指がしびれる(肘部管症候群)

親指から薬指のしびれ 『手根管症候群』の原因や症状、治療法

手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐんとは

正中神経せいちゅうしんけいが手首にある手根管というトンネル内で圧迫され、手を酷使するなど手首の動きが加わってしびれなどの症状を引き起こします。

手根管症候群とは

手根管症候群とは

手根管症候群の特徴的なシビレ

  • 指のしびれ(特に夜間、早朝に強い)。手を振ると軽減します(Flick sign)
  • 親指から薬指の中指側半分がしびれる
  • 4本すべてがしびれない場合もある
  • 小指はしびれない
  • 手のひらだけしびれ、手の甲はしびれない
手根管症候群しびれの部位

手根管症候群 しびれの部位

手根管症候群の特徴的な手の変形

    • パーフェクトOサイン:親指と人差し指できれいな円を作れなくなります。
    • 猿手変形:症状が進むと、親指の付け根の筋肉(母指球筋ぼしきゅうきん)がやせてきます。ボタンをかける、つまむなどの指先の細かい動作が困難になります。
パーフェクトOテスト、母指内転筋の萎縮

手根管症候群 パーフェクトOテスト、母指内転筋の萎縮

手根管症候群の原因

  • 中高年の女性に発生するものの多くは、原因がはっきりわからない
  • 手を酷使する労働者に発生する滑膜炎かつまくえん(指を曲げる腱の炎症)によるもの

手根管症候群の検査

マヒの所見(ボタンをかけにくい、箸を持ちにくいなど)、チネル徴候、ファーレンテスト、逆ファーレンテスト、perfect O signなどが陽性になると手根管症候群が疑われます。

手根管症候群チネルサインとファーレンテスト

手根管症候群 チネルサインとファーレンテスト

手根管症候群はどんな人に多いの?

妊娠出産期閉経へいけい後の女性に多く、男女比は1:9とされています。

手根管症候群の治療法

  1. 安静とサポーター固定
  2. 超音波療法による血流改善
  3. 神経滑走エクササイズ
  4. 筋膜リリース
  5. 病院で投薬治療、ステロイド注射、手術

※早期に治療を開始するほど、症状は改善しやすいといわれています。

正中神経滑走エクササイズ




正中神経ストレッチ


▲症状の選択に戻る

小指のしびれ 『ギヨン管症候群』の原因や症状、治療法

ギヨン管症候群とは

尺骨神経しゃっこつしんけいが手首にある豆状骨とうじょうこつ有鉤骨鉤ゆうこうこつこうの間にあるトンネルで絞扼され生じる尺骨神経の障害です。まれな疾患とされています。

ギヨン管症候群とは、チネルサイン

ギヨン管症候群とは

ギヨン管症候群の症状

  • 手の小さな筋肉の痩せで始まることが多い
  • 指をしっかり伸びない
  • 指を合わせることができない
  • 顔を洗うときに水がこぼれる
  • 特徴的な手指の症状(後述)

ギヨン管症候群の原因

  • ギヨン管の周辺の組織の変形(老化などによる)
  • ギヨン管の付近に発生したガングリオン
  • 仕事による使いすぎ、長時間の自転車走行
  • 外傷・骨折 など

ギヨン管症候群の特徴的な手の変形

アルコット
ギヨン管症候群のような尺骨神経の障害では次のような手の特徴的な症状が現れます。
  • フローマン徴候:両手の親指と人差し指で紙をつまみ、反対方向に引っ張る時に親指の第1関節が曲がれば陽性となります。
フローマン徴候とは

ギヨン管症候群 フローマン徴候

  • 母指内転筋ぼしないてんきん萎縮いしゅく:尺骨神経に支配されている母指内転筋が委縮します。親指と人差し指によるつまみがしにくくなります。
母指内転筋の萎縮

ギヨン管症候群 母指内転筋の萎縮

  • かぎ爪変形手内筋しゅないきんが萎縮し、特に薬指・小指の付け根の関節が過伸展かしんてんし、第1・2関節が屈曲くっきょくした形になります。

    かぎ爪変形とは

    ギヨン管症候群 かぎ爪変形

ギヨン管症候群の特徴的なシビレ

アルコット
尺骨神経が手首にあるトンネルで圧迫を受けるギヨン管症候群のほかに、肘にあるトンネルで圧迫を受ける肘部管症候群という疾患もあります。

これら2つの疾患は同じような小指側のしびれを呈しますが、よく観察すると違いがあります。

ギヨン管症候群と肘部管症候群のしびれの部位の違い

ギヨン管症候群と肘部管症候群のしびれの部位の違い

ギヨン管症候群の場合は、ギヨン管周辺のシビレ感や知覚低下ちかくていかはありません。

肘部管症候群ちゅうぶかんしゅうこうぐんの場合は、手首を超える範囲でギヨン管周辺も含めた領域でシビレ感や知覚低下を認めます。手のひら側だけでなく、手の甲の小指側も痺れます。

ギヨン管症候群の検査

手首のギヨン管部分を叩いて小指・薬指にしびれが出ると、ギヨン管症候群が疑われます。

ギヨン管症候群の治療法

かすかなしびれ程度のごく初期の段階には、安静にし、筋肉が委縮しないように電気刺激をあたえます。
神経がギヨン管を通りやすくするために神経の滑走エクササイズを行います。
治療を続けても改善が認められない場合、マヒが進行する場合、骨折後や腫瘤しゅりゅうによるものは手術が必要になります。

▲症状の選択に戻る

中高年の腕や手のしびれ 『頚椎椎間板ヘルニア』の原因や症状、治療法

くびの構造

くびは7個の骨(頚椎けいつい)で構成されています。2番目の頚椎より下には、骨と骨の間に「椎間板ついかんばん」が存在します。
椎間板は骨と骨のあいだで衝撃を吸収するクッションのような役割をしています。
また、骨と骨の隙間から脊髄から枝分かれした「神経根しんけいこん」が通ります。

頚椎椎間板ヘルニア 頸椎の構造

頚椎椎間板ヘルニア 首の構造

頚椎椎間板ヘルニア 神経の走行

頚椎椎間板ヘルニア 神経の走行

頚椎椎間板ヘルニアとは

くびの椎間板の表面(線維輪せんいりん)が破れ、中身(髄核ずいかく)が飛び出した状態が頚椎椎間板けいついついかんばんヘルニアです。30~50歳代の方に多い疾患です。

頚椎椎間板ヘルニアとは

頚椎椎間板ヘルニアとは

頚椎椎間板ヘルニアの症状

ヘルニアが飛び出す場所により、脊髄から枝分かれした「神経根」が圧迫される場合と、「脊髄」そのものが圧迫される場合と、大きく分けて二つのものがあります。

「神経根」が圧迫された場合

  • 片方の肩~背中、手の特定の領域に激しい痛みや放散する痛み
  • 数日間、首の寝違いとよく似た症状が首の後ろにみられ、これに引き続き手や肩への激しい痛みが生じる
  • 約2~3週間でピークを越え、鈍い痛みやしびれが残り、数週間から数ヶ月で軽快するという経過をとることが多い

「脊髄」が圧迫された場合

  • 両手のしびれ、力が入りにくい、感覚がわかりにくい
  • 両手で細かい動作(箸を使う動作・ボタンをかける動作・ページをめくる動作など)が行いにくい
  • 急速に両足がしびれたり、歩行が不自由になる

頚椎椎間板ヘルニアの原因

あるひとつの原因で起きるわけではなく、加齢、姿勢の悪さ、スポーツ動作、遺伝などいろいろな因子が影響して起こります。

頚椎椎間板ヘルニアの検査

ジャクソンテストスパーリングテストにてしびれや痛みが誘発されると、頚椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

頚椎椎間板ヘルニアジャクソンテスト、スパーリングテスト

頚椎椎間板ヘルニアの検査 ジャクソンテスト、スパーリングテスト

問診や触診、くびの関節の動きの範囲、しびれや痛みの範囲、反射、筋力、徒手検査、姿勢などを詳しく調べます。頚椎椎間板ヘルニアが疑われる場合は、病院でレントゲン検査やMRI検査を行います。

頚椎椎間板ヘルニアの治療法

  1. 患部の安静
  2. 超音波・ハイボルテージ治療
  3. 肩甲骨周囲筋のリラクセーション
  4. ストレッチ・マッサージ
  5. 姿勢改善のための運動療法
  6. 脊髄を圧迫しているものは手術の可能性あり

ヘルニアが飛び出す場所によって症状が異なる

アルコット
ヘルニアにより神経根が圧迫された場合、どの神経根が圧迫されたかによって症状が異なります。
出現する症状から、どの神経根が圧迫されているのかを推測できます。
頚椎椎間板ヘルニア 肩甲骨まわりの痛み

頚椎椎間板ヘルニア 肩甲骨まわりの痛み

背中の痛み

頸椎椎間板ヘルニア 腕のしびれ

頸椎椎間板ヘルニア 腕のしびれ

腕のしびれ

頚椎椎間板ヘルニア頚椎症腕の痛み

頚椎椎間板ヘルニア 腕の痛み

腕の痛み

姿勢改善のための運動療法

頭の重さは約5㎏もあるといわれ、重い頭を細いくびの骨で支えています。
横からみると、首の骨を支点にしたシーソーのように、「頭の重さ」と「くびの後ろの筋力」が釣り合っています。

頭の重心の位置

頸部の筋肉と頭の位置関係


くびを曲げたり伸ばしたりする「軸」(屈伸軸)が7番目の頚椎の前方に存在します。
よい姿勢の場合は、上で説明した「シーソーの支点にかかる力」が屈伸軸のすぐそばを通ります。
そのため、さほど筋肉の力を借りなくても頭をまっすぐに支えることができます。
頭が前に突き出た「猫背姿勢」や、くびの骨のまっすぐな「ストレートネック」になると、「シーソーの支点にかかる力」が屈伸軸よりもずいぶん前に移動してしまいます。
そのため、くびの後ろの筋肉は必死になって頭を支えようとして痛みをおこしてしまうのです。

頚椎椎間板ヘルニア悪い姿勢

頚椎椎間板ヘルニア 悪い姿勢

▲症状の選択に戻る

高齢者の腕や手のしびれ 『変形性頚椎症』の原因や症状、治療法

くびの構造

こちらのページに詳しく記載してあります。頚椎椎間板ヘルニアのページをご覧ください。

変形性頚椎症へんけいせいけいついしょうとは

くびの骨が変形して、くびや肩の痛みが生じます。
長時間同じ姿勢をとっていたり、同じ作業を繰り返すことで症状は強くなります。
変形した骨やいたんだ椎間板などにより、神経や脊髄が圧迫されることもあります。

変形性頚椎症とは

変形性頚椎症とは

神経が圧迫されるとどうなるの?

神経が圧迫される場所により、脊髄から枝分かれした「神経根」が圧迫される場合と、「脊髄」そのものが圧迫される場合で症状が異なります。

「神経根」が圧迫された場合

  • 片方の肩~背中、手の特定の領域に痛みや放散する痛み
  • うがいなど上を向く動きで症状が強くなる

「脊髄」が圧迫された場合

  • 両手のしびれ、力が入りにくい、感覚がわかりにくい
  • 両手で細かい動作(箸を使う動作・ボタンをかける動作・ページをめくる動作など)が徐々に出来にくくなる
  • 急速に両足がしびれたり、歩行が不自由になる

変形性頚椎症の原因

加齢により椎間板は水分が減少して、支持性が低下します。
それに従い、骨のトゲができたり、椎間関節がいたんで分厚くなったりします。
それにより、まわりの組織を傷つけ炎症を起こしさまざまな痛みを引き起こします。

変形性頚椎症の検査

頚椎椎間板ヘルニアのページをご覧ください。


変形性頚椎症の治療法

  1. 患部の安静
  2. 超音波・ハイボルテージ治療
  3. 肩甲骨周囲筋のリラクセーション
  4. ストレッチ・マッサージ
  5. 姿勢改善のための運動療法
  6. 脊髄を圧迫しているものは手術の可能性あり

神経が圧迫される場所によって症状が異なる

頚椎椎間板ヘルニアのページをご覧ください。



超音波療法

変形性頚椎症では、変形により首の骨の位置関係が変わってしまい、筋肉に過剰な負担がかかります。

超音波による高速度ミクロマッサージで、患部に直接刺激を与えます。

柔軟性や血流の改善による痛みの軽減、筋肉の過緊張の抑制、炎症の治癒を早める効果があります。

なぜ猫背だと痛みが出るの?

頚椎椎間板ヘルニアのページをご覧ください。

▲症状の選択に戻る

指先のしびれ、細かい作業がしにくい 『頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)』の原因や症状、治療法

くびの構造

こちらのページに詳しく記載してあります。頚椎椎間板ヘルニアのページをご覧ください。

背骨を連結する靱帯

後縦靭帯骨化症首の靭帯

後縦靭帯骨化症 首の靭帯

背骨と背骨の間はいくつかの靱帯じんたいによって連結されています。

頚椎後縦靭帯骨化症けいついこうじゅうじんたいこっかしょうとは

くびの骨を補強している靭帯のうち脊髄せきずいの前方に位置する後縦靭帯こうじゅうじんたい骨のように硬くなり(骨化)、分厚くなってくる病気です。
骨化した靭帯は、くびの動きく範囲を悪くし、脊柱管せきちゅうかんの中で脊髄を徐々に圧迫し、マヒを引き起こします。
この病気は日本人に多く発生し、日本人の約3%の方に骨化が見られるといわれています。中年以降、特に50歳前後で発症することが多く、男女比では2:1と男性に多いことが知られています。また、糖尿病とうにょうびょうの患者さんや肥満の患者さんに発生頻度が高いことが分かっています。

後縦靭帯骨化症とは

後縦靭帯骨化症とは

頚椎後縦靭帯骨化症の症状

軽症のうちは

  • 首すじや肩甲骨周辺、指先の痛みやしびれ

進行してくると

  • 足のしびれや感覚障害
  • 足がおもうように動かない
  • 両手の細かい作業が困難となる手指(巧緻運動障害)

重症になると

  • 排尿や排便の障害

頚椎後縦靭帯骨化症の原因

遺伝的関与があると考えられています。両親や近親者からの遺伝や糖尿病、成長ホルモンが関与している可能性があるとされています。

頚椎後縦靭帯骨化症の経過

症状は必ずしも進行性ではありません。症状が悪化する割合は1/4程度で、残りの3/4の方は症状に大きな変化はありません。
ただし、症状がなくても転倒などで力が加わると、マヒなどの症状が正常な人よりも起こりやすく、場合によっては急にマヒを生じることもあるので注意が必要です。

頚椎後縦靭帯骨化症の検査

問診や触診、くびの関節の動きの範囲、しびれや痛みの範囲、反射、筋力、手の巧緻性などを詳しく調べます。

神経の圧迫が疑われる場合は、病院でレントゲン検査やMRI検査を行います。

後縦靭帯骨化症巧緻性テスト

後縦靭帯骨化症 巧緻性テスト

手の巧緻性テスト

10秒間グー・パーを繰り返します。

20回以下を巧緻運動障害ありと評価します。

頚椎後縦靭帯骨化症の治療法

  1. くびの安静(カラー固定)
  2. 温熱療法・電気治療
  3. 筋力トレーニング、関節の動きを改善する訓練、歩行訓練などのリハビリ
  4. ストレッチ・マッサージ
  5. 日常生活上の注意
  6. 薬による治療(しびれや痛みに対して)
  7. 脊髄が圧迫されマヒや排尿・排便に障害があるものは手術の可能性あり

頚椎後縦靭帯骨化症に対する日常生活上の注意

過剰な安静は必要ありません。くびを後ろに反らせる姿勢は、脊柱管が狭くなるため、出来るだけ避けましょう。

また、後縦靭帯骨化症の方は軽い力で脊髄を損傷してしまうことがあります。飲酒後の転倒や階段での転落などには十分ご注意ください。

このような症状には注意!!

後縦靭帯骨化症は決してめずらしい病気ではありません。厚生労働省が難病(特定疾患)に指定している病気でもあります。早急に専門医を受診することをおすすめします。

▲症状の選択に戻る

Writter
麻多 聡史    アルコット接骨院院長、柔道整復師、オーソティックスソサエティ認定フットケアトレーナーマスターライセンス、ペディグラス社認定足爪補正士、3M社認定テーピングマイスター、Smart tools認定IASTMマニュアルセラピスト、FMS ,SFMA