あなたの症状の特徴は?

▼症状が当てはまるものをクリックしてください。

肘の外側が痛い(上腕骨外側上顆炎・テニス肘)

肘の内側が痛い(上腕骨内側上顆炎・ゴルフ肘)

投球時に肘が痛い(野球肘)

肘を曲げていると小指と薬指がしびれる(肘部管症候群)

 

肘の外側が痛い 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の原因や症状、治療法

上腕骨外側上顆って?

下の図は腕の骨(上腕骨じょうわんこつ)です。下の方が大きく膨らんでいます。
そのうち外側に出っ張っている方を、「外側上顆がいそくじょうか」といいます。
外側上顆には手首を上に持ち上げる筋肉が付着しています。

上腕骨外側上顆とは

上腕骨外側上顆とは

 

上腕骨外側上顆炎とは

筋肉が骨に付着する部分で微小断裂変性が生じ、外側上顆に痛みをおこす疾患をいいます。
テニス肘」ともよばれます。

上腕骨外側上顆炎とは

上腕骨外側上顆炎とは

 

症状

  • 手や腕を使う動作で、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じる
  • 手のひらを下にして物を持ち上げると痛い
  • タオルを絞るといった動作で痛い
  • 安静にしているとほとんど痛くない

原因

加齢によって腱が変性することが基盤にあり、さらに仕事や日常生活で腕を使いすぎることで発症します。
「テニス肘」ともよばれていますが、実際にスポーツに関連するケースは5%以下といわれています。
テニスでは特にバックハンドのストロークが要因となります。

 

どんな検査をするの?

肘の外側の骨を押したり叩いたりすることで痛みを確認します。
下図の検査をして同じ場所に痛みが出れば上腕骨外側上顆炎が疑われます。
握力を計測することも、治療の経過をみる参考となります。

アルコット
外側上顆炎を検査するための代表的な3つのテストがあります。
テニス肘外側上顆炎チェアーテスト

テニス肘(外側上顆炎)の検査 チェアーテスト

チェアーテスト

テニス肘外側上顆炎トムゼンテスト

テニス肘(外側上顆炎)の検査 トムゼンテスト

トムゼンテスト

テニス肘外側上顆炎中指伸展テスト

テニス肘(外側上顆炎)の検査 中指伸展テスト

中指伸展テスト

 

どんな治療があるの?

  1. 急性期は患部の安静
  2. 超音波療法
  3. ストレッチ
  4. 筋力トレーニング
  5. テーピング
  6. 筋膜治療
  7. テニス肘バンド

 

日常生活での注意

外側上顆炎テニス肘良くない手の使い方

外側上顆炎(テニス肘) 良くない手の使い方

アルコット
手のひらを下にして物を持つ、肘だけを動かすのはNG
外側上顆炎テニス肘良い手の使い方

外側上顆炎(テニス肘) 良い手の使い方

アルコット
手のひらを上にして持つのはOK
外側上顆炎(テニス肘) 良くない手の使い方

外側上顆炎(テニス肘) 良くない手の使い方


アルコット
手のひらを後ろに向けて持つのはNG

 

 

ストレッチ

外側上顆炎テニス肘のセルフストレッチ

外側上顆炎(テニス肘) セルフストレッチ

アルコット
中指をつかんで手首を手のひら側かつ小指側に向けて曲げます。
30秒ほどかけてゆっくりと伸ばします。

上のストレッチで痛みが出る場合は

外側上顆炎テニス肘のストレッチ

外側上顆炎(テニス肘)のセルフストレッチ

アルコット
痛いポイントより指先側の筋肉を指でしっかりと押さえて固定します。
その状態で体重を後方に移動します。
慣れてきたら少しずつ手の置く位置を前方にずらします。

 

 

最先端の筋膜リリース

肘の外側上顆にはたくさんの筋肉が付着するため、その部分に炎症が起こると、他の筋肉や靭帯、皮膚などが硬くなり癒着してしまいます。
当院ではこのような癒着障害に対してアメリカより取り寄せた、IASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)を使用して治療することがあります。
IASTMはこれまでの治療法では不可能だった癒着障害を治療できる全く新しい治療ツールです。

外側上顆のまわりにはたくさんの筋肉や靭帯が付着するため、癒着障害の起きやすい部位といえます。IASTM療法は癒着障害を取り除くための最良の器具といえます。

外側上顆のまわりにはたくさんの筋肉や靭帯が付着するため、癒着障害の起きやすい部位といえます。IASTM療法は癒着障害を取り除くための最良の器具といえます。

関連記事
詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。

 

テニス肘バンド

テニス肘バンド

外側上顆炎(テニス肘) テニスエルボーバンド

アルコット
痛い場所の4~5㎝指先側にパッドを当てそこで筋肉の収縮力を吸収することで患部を安静に保ちます。

 

テーピング

外側上顆炎(テニス肘)に対するテーピング

外側上顆炎(テニス肘)に対するテーピング

(図;理論と実践! 治療的テーピングより引用)

 

筋力トレーニング

テニス肘トレーニング

外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ① 開始肢位

①痛みのある方の手で、手首を起こした状態でフレックスバーを持ちます。

テニス肘トレーニング

外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ② 反対の手で上端を持ちます

②反対の手で、手のひらが正面を向くようにバーの上端を持ちます。

テニス肘トレーニング

外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ③ 上端の方の手でバーを捻ります

③痛みのある方の手は固定したまま、上側の手でバーを外側にねじります。

テニス肘トレーニング

外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ④ 手首は動かさず両肘を伸ばします

④手首は動かさないようにして、両肘を前方に伸ばします。

テニス肘トレーニング

外側上顆炎(テニス肘)に対するエクササイズ⑥ 下側の手をゆっくりと元に戻します

⑤痛みのない手で固定しながら、バーの戻る力を利用してゆっくりと手の力を緩めます。

子のエクササイズを10~15回を1セットとし、1日3セットのペースで行ってください。
簡単に15回3セットができるようになったら、次の強度のバーに進んでください。

肘の内側が痛い 上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)の原因や症状、治療法

上腕骨内側上顆って?

下の図は腕の骨(上腕骨)です。
下の方が大きく膨らんでいます。
そのうち内側に出っ張っている方を、「内側上顆」といいます。
内側上顆には手首をまげる筋肉が付着しています。

上腕骨内側上顆とは

上腕骨内側上顆とは

上腕骨内側上顆に付着する筋

上腕骨内側上顆に付着する筋

 

上腕骨内側上顆炎とは

肘や手首の使いすぎによって筋肉に無理がかかると、肘の内側に痛みを起こします。
ゴルフのスウィングやテニスのフォアハンドなど、手首や肘を曲げたり捻じったりする運動の繰り返しにより肘の内側の腱に微少な断裂や変性を起こします。
使いすぎ症候群の代表的な疾患で20~60歳代によくみられます。
ゴルフ肘という名前がついていますが、野球選手やテニス選手にも見られます。

症状

  • 物を持ち上げたり、手に力を入れる動作時に肘の内側から前腕にかけて痛い

 

原因

加齢による筋力低下、運動前のストレッチ不足不適切なゴルフスウィングなどが要因になります。

肘の曲げ伸ばしを繰り返す職業の人に多く発症します。

内側上顆炎ゴルフ肘

内側上顆炎(ゴルフ肘)とは

 

どんな検査をするの?

アルコット
肘の内側の骨を押したり、叩いたりすることで痛みを確認したり、
下記の検査をして同じ場所に痛みが出れば上腕骨内側上顆炎が疑われます。
内側上顆炎テスト手関節掌屈テスト

内側上顆炎(ゴルフ肘) 手関節掌屈テスト

手関節掌屈テスト

内側上顆炎テスト前腕回内テスト

内側上顆炎(ゴルフ肘) 前腕回内テスト

前腕回内テスト

 

どんな治療があるの?

  1. 急性期は患部の安静
  2. 超音波治療
  3. ストレッチ
  4. 筋力トレーニング
  5. テーピング
  6. 筋膜治療
  7. ゴルフ肘バンド

 

最先端の筋膜リリース

肘関節や内側上顆のまわりには、筋肉や靭帯などが多く付着し、過剰に負荷を与えると組織が硬くなりその周辺の組織と癒着してします。
癒着を放っておくと、痛みを引き起こします。このような痛みには、従来の痛みの治療では効果が少ないことがわかってきました。
リハビリテーションの先進国である欧米では、筋肉や靭帯などの癒着障害に対する治療として、IASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)がここ数年で台頭してきました。
当院では、IASTM Toolsを海外より取り寄せ、使用しています。


関連記事
詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。

 

ストレッチ

アルコット
指を伸ばし、手のひらを天井に向け、手をやや外側に捻るとよりつっぱり感がでてきます。30秒ほどかけてゆっくりと伸ばします。
痛みが出る場合は、すぐに中止してください。
手首のストレッチ

内側上顆炎(ゴルフ肘) セルフストレッチ

 

ゴルフ肘バンド

アルコット
痛い場所の4~5㎝指先側にパッドを当てそこで筋肉の収縮力を吸収することで患部を安静に保ちます。
テニス肘バンド

内側上顆炎(ゴルフ肘) ゴルフ肘バンド

 

筋力トレーニング

ゴルフ肘トレーニング

内側上顆炎(ゴルフ肘)に対するエクササイズ① 開始肢位

①痛みのある方の手を逆手にして、肘を曲げた状態で、フレックスバーが地面と水平になるように持ちます。

ゴルフ肘トレーニング

内側上顆炎(ゴルフ肘)に対するエクササイズ② このように持ちます

②もう一方の手を、バーの上から手のひらが正面を向くように握ります。

ゴルフ肘トレーニング

内側上顆炎(ゴルフ肘)に対するエクササイズ③ 片方の手を捻ります

③痛みのある方の手は固定したまま、もう一方の手でバーを外側にねじります。

ゴルフ肘トレーニング

内側上顆炎(ゴルフ肘)に対するエクササイズ④ ゆっくり肘を伸ばします

④手首を動かさないようにして両肘を前方に伸ばします。

ゴルフ肘トレーニング

内側上顆炎(ゴルフ肘)に対するエクササイズ⑤ 両肘を伸ばします

⑤痛みのない方の手で固定しながら、バーが戻る力を利用してゆっくりと痛みのある手を緩めます。

このエクササイズを1セット10~15回、1日に3セットのペースで行ってください。
簡単に15回3セットができるようになったら、次の強度のバーに進んでください。

 

投球時の肘の痛み 野球肘の原因や症状、治療法

野球肘とは

野球肘は繰り返される投球動作が肘の関節にストレスを与えることで、肘の軟骨なんこつ靭帯じんたい筋肉けんがいたんでしまう疾患です。スポーツ障害として多く見られます。

野球肘の原因

野球肘とは

 

野球肘の分類

野球肘は傷んでしまう場所から内側型ないそくがた外側型がいそくがた後方型こうほうがたに分類されます。
小学生の野球肘は内側型がほとんどで、中高生になると外側型が起こることが多くなります。

 

原因

成長期に投球動作を過度におこなうことによって肘へストレスがかかり発症します。

内側型野球肘とは

投球時に生じる肘の障害の多くは内側型です。

内側型は投球休止することで手術しなくても治る可能性が高いといわれています。

内側型野球肘の病態には、内側上顆炎ないそくじょうかえん前腕屈筋群ぜんわんくっきんぐんの筋肉の痛み、内側側副靱帯損傷ないそくそくふくじんたいそんしょう、肘の骨の裂離骨折れつりこっせつ骨端線離解こったんせんりかい尺骨神経障害しゃっこつしんけいしょうがいなどが含まれます。

 

症状

投球時に肘の内側が痛くなります。痛みの大半はアクセレレーション期(加速期)に発生します。

野球肘の痛いフェーズ

野球肘の痛いフェーズ

(図;www.nos-arts.comより引用)

 

どんな検査をするの?

痛みの場所、程度、投球のどのタイミングで痛みが出るか、肘の曲げ伸ばしがしっかりと出来るかなど関節をチェックします。
外反ストレステストなどの検査も行います。

 

野球肘が疑われる場合はまずは専門医の診察を

内側型野球肘の発症ピークは11~12歳といわれています。
投手と捕手に圧倒的に多く、内側型野球肘が疑われる場合は専門医を受診しレントゲン検査をお勧めします。
野球肘と診断された場合は、医師の指示に従い投球動作を中止してください。
骨に異常があるのか、靱帯に損傷があるのか、筋肉に痛みがあるのかによってそれぞれ投球中止期間が異なります。
指導者の先生のご理解が必要になります。けして気合や根性で治る疾患ではありません。

医師の許可が出た場合は、腕の硬い筋肉のストレッチ体幹・股関節・肩甲骨まわりの強化や柔軟性向上
フォーム修正ウォームアップやクールダウンの指導など競技復帰に向けてプログラムを組んで治療をすすめていきます。
医師によるその後の定期検診も大切です。

 

どんな治療があるの?

  1.  急性期は患部の安静、投球の中止
  2.  超音波治療
  3.  ストレッチ
  4.  筋力トレーニング
  5.  テーピング
  6.  筋膜リリース

 

野球肘になりやすいフォーム

危険なフォームとして、アクセレレーション期での肘下がりや身体の開きの早さなどが挙げられます。
これらのフォームでは肘の内側が投球方向を向くため、投げるときにボールから受ける反作用の力が、肘の外反する力になってしまいます。

野球肘になりやすいフォーム

野球肘になりやすいフォーム

投げすぎに注意


セルフチェック

アルコット
肘を押して痛みはありますか?
野球肘の圧痛ポイント

野球肘の圧痛ポイント

アルコット
肘は左右差なく曲げ伸ばしできますか?
野球肘の可動域制限

野球肘の可動域制限

アルコット
肘を捻って痛みはありますか?
野球肘の回旋制限

野球肘の回旋制限

 

小指と薬指のしびれ 肘部管症候群の原因や症状、治療法

肘部管症候群とは

肘部管症候群ちゅうぶかんしょうこうぐんは、尺骨神経しゃっこつしんけい肘の内側で圧迫される疾患です。
尺骨神経というのは肘の内側を走る神経です。肘の内側には骨の出っ張りがあり、その骨と靭帯様じんたいようのバンドでできた「肘部管ちゅうぶかん」というトンネルの中をくぐり、手の先まで伸びます。
肘部管症候群は、このトンネル内部が狭くなり、尺骨神経が圧迫を受けてしびれなどの症状が出ます。
利き手側に多くみられ、両側同時に発症することはほとんどありません。

肘部管とは

肘部管とは

 

原因

多くは「変形性肘関節症へんけいせいひじかんせつしょう」による肘関節の変形が原因です。
30歳以上の男性腕を酷使する人に多くみられます。
肘の骨折やガングリオンなどの腫瘤しゅりゅうなどから起こることもあります。

 

 

症状

  • 小指と薬指の小指側半分のしびれ
  • 進行すると、手の筋肉が萎縮する
  • 指を開閉する力が弱くなる
  • 細かい動作が困難になる
  • かぎ爪変形
肘部管症候群かぎ爪変形

肘部管症候群 かぎ爪変形

 

どんな検査をするの?

肘の内側をたたくと小指側にしびれなどの症状が起こるか(チネルサイン)、肘を深く曲げることで症状が増強するか、しびれの範囲が手のひら側と手の甲側の両方かどうか、親指と人差し指の先で紙を挟めるかどうか(フローマン徴候)などを調べます。

肘部管症候群フローマン徴候

肘部管症候群 フローマン徴候

Froment徴候

 

 

どんな治療があるの?

  1. 軽度のものは、肘をなるべく使わないようにする、肉がなるべく痩せないように電気刺激を与える
  2. 就寝中に肘が曲がり、しびれで目が覚めてしまう場合は、肘を伸ばした状態で包帯で固定することも有効
  3. 神経の滑走エクササイズ
  4. 治療を続けても改善が認められない場合、麻痺が進行する場合、骨折後や腫瘤によるものは手術

 

尺骨神経滑走エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

①仰向けに寝ます。左図の姿勢から肘を伸ばしながら首を反対側に倒します。(右図)

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

②良い姿勢で座ります。左手で右肩を押さえます。
手のひらを上にして指でリングを作り、右頬に近づけます。(左図)
手首を曲げて手のひらを下に向けます。(右図)

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

③良い姿勢で座ります。左手で右肩を押さえます。
手のひらを上にして指でリングを作りながら、首を右に倒します。(左図)
手首を曲げて手のひらを下に向けながら、首を反対側に倒します。(右図)

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経滑走性改善エクササイズ

④良い姿勢で座ります。左手で右肩を押さえます。
手のひらを上にして肘を曲げます。首を右に倒し、右頬と手のひらを合わせます。(左図)
手首を曲げて手のひらを下にして向けながら肘を伸ばしつつ首を反対側に倒します。(右図)

 

尺骨神経のストレッチ

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

①背筋を伸ばして座ります。
親指と人差し指でリングを作ります。90°肩を上げ、左手で右の肩甲骨を下に押し下げます。
右肘を曲げると小指側につっぱった感覚が感じられます。

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

②背筋を伸ばして座ります。
親指と人差し指でリングを作ります。90°肩を上げ、左手で右の肩甲骨を下に押し下げます。
右肘を曲げた状態から(左図)、首を左に倒します。(右図)

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

 

③背筋を伸ばして座ります。
指を伸ばし手のひらを右頬の方に向けます。左手で右の肩甲骨を下に押し下げます。
右肘を曲げた状態でからさらに肘を高く上げ胸を張って肘を後ろに引きます。

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

④背筋を伸ばして座ります。
左手で小指と薬指をつかんだまま肘を伸ばし、肩を90°前に挙げます。(左図)
首を後ろに倒します。(右図)

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

⑤背筋を伸ばして座ります。
指を伸ばし手のひらを右頬の方に向けます。左手で右の肩甲骨を下に押し下げます。(左図)
首を左に倒します。(中央)
肘を高く上げ、胸を張り肘を後ろに引きながら首を後ろに倒します。(右図)

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

肘部管症候群 尺骨神経伸張性改善エクササイズ

⑥背筋を伸ばして座ります。親指と人差し指でゴーグルを作ります。(左図)
さらに体を左に倒します。(右図)

 

Writter
麻多 聡史 アルコット接骨院院長、柔道整復師、オーソティックスソサエティ認定フットケアトレーナーマスターライセンス、ペディグラス社認定足爪補正士、3M社認定テーピングマイスター、Smart tools認定IASTMマニュアルセラピスト、FMS ,SFMA