石川県金沢市で思い通りに動かせるカラダ作りを目的にパーソナルトレーニングを提供していますアルコット接骨院です。今回は、スティックによるフィードバックを用いたシングルレッグ・ルーマニアンデッドリフトの解説です。

トレーニングの目的

Active SLRとハードルステップのコレクティブエクササイズとして行います。ヒップヒンジと片脚立ちの強化を目的とします。

 

関連記事

 

 

トレーニング開始姿勢

シングルレッグ・ルーマニアンデッドリフト

シングルレッグ・ルーマニアンデッドリフトセットアップポジション

足幅は骨盤の幅に開き、つま先はまっすぐに正面に向けます。スティックを背骨に沿わせて持ちます。エクササイズを通してスティックは後頭部、背中、仙骨の3点で触れておきます。

 

エクササイズ動作

シングルレッグ・ルーマニアンデッドリフト

シングルレッグ・ルーマニアンデッドリフト

前脚の膝はわずかに曲げ、股関節を中心に体幹を前傾します。後ろ脚は、後方に伸ばします。(股関節は伸展位を保ちます)

シングルレッグ・ルーマニアンデッドリフト

シングルレッグ・ルーマニアンデッドリフトエンドポジション

体幹は一直線を保ったまま出来る限り体を前傾させます。前傾させていく過程で、仙骨からスティックが離れてしまいやすいので注意して下さい。

前脚の股関節がしっかりと引き込むように意識して行ってください。臀筋(お尻の筋肉)やハムストリングス(太ももの裏)に効いた感じやストレッチ感があれば正しく行えています。

その後、臀筋の力を使って体をまっすぐに保ったまま開始姿勢に戻ります。