今回は、股関節を曲げる際の動作パターンの運動学習のためのエクササイズをご紹介します。

目的

仰向けに寝た状態でのヒップヒンジ機構を修正します。

バンドを引っ張り、身体の末端に力を入れることでコア(体幹部分)の機能が高まり、安定性が向上します。腰椎や骨盤が安定するため、股関節が本来の動きをすることができます。

セットアップポジション

アクティブSLRコアエンゲージ

仰向けに寝た状態でバンドを両手で持ちます。膝を完全に伸ばし、足首を起こします。

 

エクササイズ動作

アクティブSLRコアエンゲージ

両手でバンドを引っ張ります。

バンドの強さは、強すぎないものにします。

アクティブSLRコアエンゲージ

膝を伸ばして足首を起こした状態を維持したまま、片脚を挙上します。

アクティブSLRコアエンゲージ

バンドを引っ張ったまま挙上した脚を元の位置に戻します。

両手をセットアップポジションまで戻します。

足を動かす前に、コアを発火させ体幹を安定させることで股関節の正しい動きを促すことができます。