トレーニングの目的

対角線パターンにおいてコアをしっかりと作動させた状態で股関節を伸展させるために行います。

体幹を最大屈曲すると体幹の表層の筋は使いにくい状況になるため、深層の筋による回旋が促されソフトコアの活性化になります。

FMSのロータリー・スタビリティを向上させます。

 

トレーニング開始姿勢

ハードロール

ハードロール開始姿勢 しっかりと膝と対側の肘を接触させます

仰向けに寝た状態で、対角線上に肘と反対側の膝をくっつけます。どうしても肘と膝がくっつかない場合は、タオルやフォームローラーなどを挟んでください。

反対側の対角線上の上肢と下肢は脱力しておきます。この時、手や足が床から浮き上がったとしても力を入れて無理に床につけておく必要はありません。

 

トレーニング動作

ハードロール 頸部から動き始めます

頭を持ち上げ、顎を引きます。回旋方向に目線を向けながら、体全体をゆっくりと回旋します。

目線を先に動かすことで、頸部からの回旋を促すことができます。

ハードロール

ハードロール 横向きまで行ったら一旦脱力します

横向きまで回旋したら、一度脱力します。

ハードロール

ハードロール 頸部から動き始めます

再び、肘と膝をくっつけます。

反対方向に目線を向け、反動をつけずに(腰を反らさずに)体を回旋させ、開始姿勢の仰向けまで戻ります。開始姿勢に戻ったら肘と膝を離して、一度リラックスします。

エクササイズを通して呼吸を止めたり力んだりしないように注意します。呼吸を止めたり必要以上に力を入れてしまうと、ハードコア優位の動作となってしまいます。