ストレッチ, ランニング, 股関節の疾患, 腰の疾患

東京マラソンに参加された選手の皆さま、お疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね。

さて、今回は「お尻のツッパリ感」について。ランナーをはじめ、デスクワークや立ち仕事をされている方、高齢者まで幅広い年齢層の方に多くみられる症 ...

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

裂離骨折れつりこっせつってなに?

筋肉が急激に強い力が働くと、筋肉が骨にくっついている部分を引っぱるように骨折を生じるものが裂離骨折です。したがって、裂離骨折は強い収縮力を発揮する筋肉が骨に付着する部分で発生します。

&nb ...

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

筋断裂きんだんれつ(肉ばなれ)とは

スポーツなどで筋肉に急に強い収縮力しゅうしゅくりょくがはたらいたとき、自分の筋力に耐えきれなくなって筋肉が断裂だんれつすることをいいます。
通称、「肉ばなれ」とよばれています。太ももの裏、太も ...

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

単純性股関節炎について

1.単純性股関節炎とは

単純性股関節炎は股関節に炎症が起きる病気です。
10歳以下とくに5~6歳の幼児に急速に発病して、2~3 週間で症状が消退してしまう一過性の炎症です。

(図; ...

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

特発性大腿骨頭壊死症とくはつせいだいたいこっとうえしょうとは

特発性大腿骨頭壊死症とは、原因がはっきりわからないまま大腿骨頭の血流がとどこおり、大腿骨頭が壊死してしまう病気です。
大腿骨頭は関節内に深くおさまっているため血管が少 ...

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

成長期の骨について

成長期の子供の骨には、骨端線こったんせんという場所があります。
骨端線は成長線ともよばれ、骨が伸びる場所のことです。
骨端線は、骨成長が終わると強固な骨になりますが、成長が終了する直前には負荷に対して ...

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

ペルテス病とは

子どもの時期に、大腿骨頭部だいたいこっとうぶの成長軟骨せいちょうなんこつが障害される病気です。発症年齢は6歳をピークに、だいたい4歳から7歳に多く見られます。男女比では6:1の割合で、男の子に多くみられます。

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

弾発股だんぱつことは

股関節を曲げたり伸ばしたりする運動をすると、その周辺で「ボキッ」「ゴリッ」と音がなったり、腱がはじかれるような現象を起こしている状態のことをいいます。
これを「弾発股」といい、股関節のそばにある筋肉や腱けん ...

接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

FAIとは

FAIとはFemoroacetabular impingementの頭文字をとったもので、日本語では大腿臼蓋だいたいきゅうがいインピンジメント(衝突)といいます。
股関節痛のうちオーバーユース(使いすぎ)による筋肉や ...

ストレッチ, 接骨院, 疾患紹介, 股関節の疾患

鼠径部痛症候群とは

グロインペイン症候群とも呼ばれ、ランニングや起き上がり、キック動作などで鼠径部やその周辺に痛みが生じる疾患をひっくるめてこう呼ばれています。

内転筋腱障害 ないてんきんけんしょうがい
腸腰筋ちょうようきん ...