巻爪の痛みの正体

先日の『足と靴の専門外来』に来られた巻爪の患者さま。

歩いたり靴が当たったりすると痛いとのことで、さっそく巻爪補正を行いました。


補正前は重度の巻爪。皮膚に喰い込んでいました。幸い柔らかい爪でしたので補正がしっかりとかかりまっすぐになりました。(写真は同日のものです。約30分ほどでここまで補正できます。)


補正し終えてみると爪の根元にトゲを発見。巻き爪の痛みの正体でしょう。先端を丸く削って刺さらないようにして終了。

当院の巻爪補正は、世界特許を取得しているペディグラス・テクノロジーを行っております。

特長は

  • 痛くない
  • 施術後即座に痛みが消える
  • 爪の先端がなくても器具の取り付け可能
  • 再発率が低い
  • 見た目がきれい
  • 月に1回の交換でよい

などが挙げられます。

 

ご相談・カウンセリングは無料で行っております。

「歩くと痛い」
「靴に当たって痛い」
「皮膚科に行ったらこの程度なら問題ないといわれて帰された」
「どうしたらいいかわからない」
「自分でできるケアの方法を教えてほしい」など、どんなことでもご相談ください。

遠方の方はメールでのご相談も承っております。
写真添付用のアドレスをお送りしますので、お問い合わせフォームに「巻爪相談希望」と記載して送信してください。

足を見せる機会が増える夏場に向けて今のうちにしっかりとケアしておいてはいかがでしょうか?