後脛骨筋腱機能不全症(PTTD)の患者様にインソール作製

後脛骨筋腱機能不全症は後脛骨筋という筋肉の腱が断裂したり、うまく働かなくなったりして土踏まずが落ち込んでしまう疾患です。
(詳しくは後脛骨筋腱機能不全症のページをご覧ください。)

本日は、この後脛骨筋腱機能不全症の患者様に対して靴合わせおよびインソール作製を行いました。

重度の偏平足なので、なるべくパッドを薄く削り当たりを弱くして作製しました。

当院のインソールは作製後に何度でも調整できるため、馴染んできた頃に調整を加えて少しずつ厚みを出していくことができます。

imageimage-13

 

関連記事