長すぎる靴ひもは・・・

昨日の『足と靴の専門外来』。片方の足だけ小さい、靴の中で足が泳ぐ・・・とのご相談。

実際に測ってみると、

ウィズ ウィズ
足長 234mm 243mm
足囲(荷重位) 226mm D 238mm E
足囲(非荷重位) 214mm B 223mm C
足幅(荷重位) 95mm E 100mm 3E
足幅(非荷重位) 87mm B 93mm C


左足の方が約1cm小さく、足の幅や太さにも大きな左右差があります。歩き方にも左右のバランスの悪さが見られたため、インソール作製。

足の大きさに左右差がある場合、どうしても小さい方の足はスカスカになってしまいます。このようなケースでは、市販のインソールではうまくフィットせず逆にバランスを崩してしまうことが考えられます。オーダーメイドで左足、右足それぞれに合ったインソールを作る必要があります。

インソール作製後、次は靴の履き方を指導させていただきました。


靴ひもをしっかり結ぶと靴ひもが少し余ってしまいます。

そんなときは


こちら、「シューレースパイプ」を使います。インターネット上や東急ハンズなどで売っています。

どのようなものかというと、

靴ひもの


この部分を作るツールです。

まずは、シューレースパイプを任意の長さにカットします。


カットしたものを靴ひもに通します。

その後、ドライヤーで熱を加えます。


当院では一気に加熱できるヒートガンを使います。


するとパイプが縮みます。この段階ではまだひもの位置をスライドすることができます。

位置が決まったら、いよいよひもをカットします。カットしたひもの先端に液状の瞬間接着剤を1~2滴垂らして出来上がりです。



このように簡単に靴ひもの長さを調整できます。幅細足さんはぜひチャレンジしてみてください。

関連記事