当院にお越しくださる靴にお困りの方で多いのは、

「かかとが脱げやすい」

「かかとがスカスカする、フィット感が悪い」

「かかとの靴擦れ」

というものです。

指の骨の長さ、足の太さ・幅、指や甲の高さなど人の顔と同じで足は人それぞれ本当にいろんな形をしています。かかとの骨の形もお一人お一人で形が様々です。

市販の靴は、よーく見るとかかとの形がそれぞれ違います。特にパンプスやスリッポンなどは紐が無いのでかかとのフィット感は靴選びの際の重要なポイントです。かかとが脱げやすかったり、靴擦れができるケースの多くはご自身のかかとの形と靴のかかとの形の不一致により起こります。

パンプスやウォーキングシューズのような合皮タイプであれば、熱を加えてかかとの形を修正することも可能です。紐靴であれば、靴ひもの通し方で調整することができます。ヒールロックという2段ハトメを使った通し方です。ハトメというのは、紐穴(シューレースホール)についている金属やプラスチックの輪っかのことです。2段ハトメとは、足首部分のハトメが1つ余分に付いているものです。

 

 



(出典asics)

「最後の紐穴は何のためにあるんですか?」とよくご質問いただきますが、靴ひもの長さ調整であったり足首をより固定したい場合にも使いますが、かかとのフィット感アップにも使えます。幅が細い足の人や甲が低い人にオススメです。ランナーの方は後半できつく食い込む可能性があるため好みで行なってください。

ヒールロックの通し方です。わかりやすい動画がありますので参考にしてください。

↓↓

ほんのちょっとの工夫で劇的に靴のフィット感があがります。合わない靴を我慢して履かずにぜひご相談ください。一緒に解決策を見つけましょう!