幅広の靴は本当に必要?

アルコット接骨院、インソール工房aLcot plusでは、

オープン以来、本当に多くの足のトラブルにお困りの方にご来院いただいています。

経営側にとっては喜ばしいことなのですが、反面それだけ足にお困りの方が世の中にはいっぱいいらっしゃるということで、悲しいことでもあります。

繰り返しになりますが、

足のトラブルの原因は「間違った靴選び」にあります。

その1つが、幅広の靴が足に良いという誤った常識です。

当院では、オープンから多くの方の靴選び、インソール作製を行ってきましたが、

本当に幅広の靴が必要だったのは、1名だけです。

それ以外の人は、自分の足は幅広だと思い込んでいただけで、実際には細い足ということが多々あります。

細い足の人が、幅広の靴を履くことで起こるトラブルが外反母趾であったり、扁平足であったり、浮きゆびであったりと、さまざまな悪影響を引き起こします。

まずは自分の足のサイズ、形状を知って下さい。

当院では、足のトラブルを未然に防ぐために、サイズ計測や靴選びのアドバイスを無料で行っております。

電話またはホームページから事前にご予約の上、ご来院下さい。img_4363img_4364