オーダーメイドインソールの作製

金沢市でオーダーメイドインソール作製はインソール工房アルコットプラスにお任せください

 

インソールってなに?

インソールは、足底挿板そくていそうばんとも呼ばれ、患部の保護や矯正を目的に行われるために使用される道具の1つです。医療の世界では、「土踏まずを支える」ことや 「足裏にかかる圧を分散させる」ことを目的に行われる治療法の事を 「足底挿板療法(インソール療法)」といいます。

 

アルコット接骨院・インソール工房aLcot+のインソール療法の特長

アルコット接骨院・インソール工房aLcot+で作製するインソールはDYMOCOディモコインソールといいます。
DYMOCO」とは、DYNAMIC MOVE CONTROLの略語のことで、主に靴やインソールを用いて歩く姿勢をバランスの良い状態に整える概念のことを意味しています。
身体全体の動きを分析し、根本にある悪い動きを良い動きへ変化させる事を目的として作製します。従来の足型を採って作製するインソールとは一線を画します。
県内の接骨院でDYMOCOインソールを作製できるのは当院のみです。

インソールの効果

インソールを足に合わせて作製することで次のような効果が期待できます。

  • かかとの安定性が増し、身体のバランスがよくなります
  • 3つのアーチをバランスよく支えることで、力強い安定した歩行ができます
  • 足のゆびがしっかり使えるようになり、運動パフォーマンスがアップします
  • 靴が足にフィットし、足の変形の改善や予防ができます
  • 痛みの原因となる「悪い動き」が「良い動き」に変化することで、身体の辛い症状が改善したり、ケガの予防ができます

 

フットケアトレーナー最上位ライセンス保持者がすべて手作業で作製

NPOオーソティックスソサエティー認定の足と靴のスペシャリスト「フットケアトレーナー」の最上位ライセンスであるAライセンス保持者が1枚1枚手作業でインソールを作製いたします。
ミリ単位の調整が可能です。

 

合わない靴が多いのはなぜ?

「なぜインソールによる調整が必要なのか」この問いの答えは、簡単です。「足に合った靴がないから」です。日本では、JIS規格に沿って靴が造られていますが、JIS規格には罰則規定がないため、メーカーごとにサイズの基準が違っています。靴選びの基準となるサイズがメーカーによってバラバラなのです。S、M、Lといったサイズの靴がありますが、Sサイズが何㎝、Mサイズは何㎝かは明確な基準はなくメーカーによって異なります。同じ25.0㎝と記載されていても実際の寸法はバラバラです。

オーダーメイドの靴を造る際に、職人さんは約100か所の足の寸法を計測するそうです。それなのに日本では、足の長さのみで靴を選んでしまいます。その長さですら、各メーカーで基準がバラバラでいい加減です。そのため、記載されたサイズに惑わされ、足に合っていない靴を履いているケースがほとんどです。

また、靴のサイズには「足の長さ」以外に、足の幅と太さがあります。サイズ表記欄に「EE」や「3E」などの記載を目にしたことがある方も多いと思います。これはWidth(ウィズまたはワイズ)といって足の幅・太さを表しています。アルコット接骨院・インソール工房aLcot+にいらっしゃる足のトラブルを抱えた方は、足の幅や太さが細いにもかかわらず、幅の広すぎる靴を履かれていることがほとんどです。靴選びにおいて足の幅は重要なポイントです。しかし、日本で売られている靴にはそもそもウィズの表記がない靴も多いですし、幅の細い靴が店頭に無いケースも多いです。

先述の靴のJIS規格の話に戻ります。JIS規格には144サイズの標準規格があります。このうち25サイズの靴を製造すれば、日本人女性の約70%をカバーできるといわれています。メーカーからすれば約70%をカバーできれば利益が出るため、144サイズすべてを製造する必要はありません。ある調査によると、「日本人女性の約70%をカバーするためには、足サイズ22~24cm、ウィズD、E、EEを揃えればよい」というデータさえあります。


このグラフは、女性の靴のウィズの分布です。「E」「D」「EE」「EEE」の4サイズを合わせると約78%になります。これらの4サイズを揃えておけばメーカーとしては利益が出ます。店頭に並んでいる靴のウィズはこの4サイズです。しかしながら、これら4サイズ以外の人も約22%います。この4サイズから溢れた人、つまり、5人に1人は「自分の足に合う靴が造られていない、そもそも存在しない」ということになるわけです。5人に1人は合わない靴を履かざるを得ない現状があります。市場に「足に合った靴が存在しない」ため、インソールを使って靴を足に合わせる必要があるのです。

従来のインソールとの違い

アルコット接骨院のインソールは腰痛やひざ痛などの全身のトラブルを起こす「悪い動き」を足元から「良い動き」に変化させることを目的に作製されます。そのため、歩き方や動きの癖、バランスなど全身のさまざまな状態を考慮して作製します。
「悪い動き」を修正するために、「良い動き」に誘導するのに必要なインソールの形状を考えます。
誘導したい動きに合わせてアーチの高さを微妙に変化させます。そのため、一つ一つ手作業で微細に削ってその人に合う形のインソールを作製することが必要になります。
アルコット接骨院のインソール作りは、とても繊細で地道な作業なのです。

インソール作製手順

①カウンセリング

トラブルの起こっている部分だけでなく、「なぜその部分が痛くなったのか」ということを”根本的に”探るために情報収集をします。

②足のサイズ計測

歩くときの状況に合わせて、体重のかかっている足の大きさと体重のかかっていない足の大きさを計測します。
足の形は、十人十色。お一人お一人で大きく違います。また、体重をかけていないときと、体重をかけた時で足の形は変化します。
その変化に応じてインソールの作製方法、靴のフィッティング方法が異なります。インソール作製において重要な工程です。


③フットプリント採取

立っている時の体重のかかり方を詳しく調べるために、フットプリントを採ります。体重がかかっている部分が濃く写ります。これを参考にしてインソールの形状を決定します。


④立ち姿勢の観察

全身の立っている姿勢バランスを観察します。

⑤歩く姿勢の観察

歩き方を観察し、歩行バランスをチェックします。

⑥インソール作製

その人の歩くバランスに合わせてパッドを作ります。バランスを良くするためには、パッドの凹凸も目的に合わせて変える必要があります。 専用の機械(グラインダー)で削りなめらかな形状に整えていきます。この作業は、熟練を要する非常に高度な技術です。インソールは当日のお渡しが可能です。

 


⑦インソール調整

インソール作製後も動きの変化に合わせて2~4週間に一度の割合で、身体のバランスと歩き方をチェックします。インソールを継続的に調整していくことで、トラブルを根本から解決できるようにします。

 

インソールの調整が何度でも可能

従来のインソールと異なる点は「調整する」という点です。 今までは、素材の違いから一度作製すると調整することは困難でした。
しかし当院のDYMOCOインソールは、一定の期間でインソールの調整を加えながら、その時の歩行バランスを改善させることが可能です。
トラブルを根本的に解決するためには、動きの変化に合わせた対応が重要となります。

インソール作製料金

こちらのページに詳しく記載してあります。

インソール工房aLcot+の料金のページをご覧ください。

 

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内


アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
金沢市のアルコット接骨院の説明


インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明