金沢アルコット接骨院の外反母趾治療

靴の調整やインソールで正しい歩き方を

外反母趾の方は必要以上にゆとりのある靴を履く傾向があります。
そのため靴の中で足が動き、とても不安定になってしまいます。
また、ゆとりのある靴を履くと横アーチが崩れてしまい、外反母趾をさらに進行させてしまいます。
正確な足サイズ計測をして足に合った靴を履くと、多くの方が、「歩きやすい」「心地よい」と感じます。
足に合った靴をインソール(中敷)でさらに調整すると、ヒール靴やパンプスも痛みなく履けることがあります。

インソールとは・・・

インソールは、足底挿板そくていそうばんとも呼ばれ、患部の保護や矯正を目的に行われるために使用される道具の1つです。
医療の世界では、「土踏まずを支える」ことや「足裏にかかる圧を分散させる」ことを目的に行われる治療法のことを「足底挿板療法(インソール療法)」といいます。

 

当院のインソールの特長

当院で作製するインソールは靴やインソールを用いて歩く姿勢をバランスの良い状態に整えることを目的に作製されます。
身体全体の動きをみて判断し、根本にある悪い動きを良い動きへ変化させることが可能です。
さらに、より効果を高めるため、身体・靴・インソールをトータル的に考慮し、可能なかぎり足と靴をフィットさせるものです。

 

従来のインソールとの違い

当院のインソールは、腰痛やひざ痛などの全身のトラブルを起こす「悪い動き」を足元から「良い動き」に誘導していくことを目的に作製されます。
そのため、歩き方や動き、バランスなど全身のさまざまな状態を考慮して作製していきます。
「悪い動き」を修正するには、「良い動き」に誘導するために必要な形を作らなければなりません。誘導したい動きに合わせてアーチの高さを微妙に変化させています。
従来の足型を採って作製するインソールとは一線を画します。
そのため、足型をとって足の形態模写をするのではなく、一つ一つ手作業で微細に削ってその人に合う形のインソールを作製することが必要になります。
当院のインソール作りは、とても繊細で地道な作業なのです。

 

最新型の外反母趾スプリント(装具)

ヒンジ(蝶番)構造になっているため、3次元的にさまざまな角度で外反母趾の矯正が可能です。
解剖学に基づいた設計になっているため、昼間はもちろん夜間の装着もできます。
高品質かつ軽量であるため、靴を履いて外出もできます。

 

外反母趾テーピング

外反母趾テーピングの目的は、テーピングにより横アーチを保持し、中足部の拡がりをおさえ、進行を予防することです。
初期のものであれば矯正も期待できます。足裏の筋肉のトレーニングと併用すれば、より効果が期待できます。

テーピング方法はこちらのページに詳しく記載してあります。

 

外反母趾サポーター

外反母趾は、親指の付け根が飛び出てくることが問題ではありません。
その根元の骨(第1中足骨)が外に開いてしまうことが問題です。
そのため、曲がってきた親指をサポーターで矯正しても効果がありません。
まずしなくてはならないのは、外に広がった中足骨を広がらないようにすることです。
外反母趾対策のサポーターに必要な機能は、「足の甲の骨(中足骨)が外に広がらないようにすること」です。


(図;http://www.gaihan-boshi.com/sorbobalance/より引用)


(図;http://www.gaihan-boshi.com/sorbobalance/より引用)

そもそも外反母趾とは・・・

外反母趾がいはんぼしは、「足の親指が小指側に曲がる」疾患です。
曲がりが進行すると、足が痛くて歩けなくなり、変形のため普通の靴が履けなくなります。
さらに、無理な歩き方をしていると、疲れたり、膝や股関節まで痛みが広がります。
外反母趾が、「親指が小指側に曲がる」のに対して、「小指が親指側に曲がる」という状態を内反小趾ないはんしょうしといいます。

(図;clinicasanroman.comより引用)

外反母趾の症状

外反母趾は、足の親指のつけ根の突き出したところが痛みます。
その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると安静にしていても痛むようになります。
炎症が起こると足の親指の付け根が赤く腫れます。
外反母趾がひどくなると、親指が隣の指の下に潜り込んだり、指の上に乗ってしまうこともあります。

 

足のアーチ構造

足の骨は体重を支えるためにアーチ状の構造を作っています。
足のアーチには爪先とかかとを結ぶ線に沿った「縦のアーチ」と、足の親ゆび側と小ゆび側を結ぶ「横のアーチ」があります。それらが組み合わさってドーム状の形状をしています。

(図;www.studyblue.comより引用)

外反母趾は足の骨のゆがみから始まる

外反母趾は縦横2方向のアーチのうち、特に横方向のアーチがゆがみ、崩れてしまうことから始まります。
横アーチが崩れ、土踏まずが地面に着くような足になると、足の甲の部分の5本の骨「中足骨」にゆがみが生じてきます。
特に最も土踏まず側にある第1中足骨(親ゆびにつながる骨)は、より内側に回転するように倒れていきます。
アーチが崩れた足は体の重さを支えきれず、第1中足骨の回転は進み、ねじれながら、第2中足骨から離れるように倒れていきます。
この時、一番無理な力がかかっているのは親ゆびの付け根の関節です。この時点で初期の外反母趾の完成です。

(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

外反母趾の最大の原因は遺伝

では最初に戻って、どうして横アーチの崩れが起きるのでしょうか。
最大の要因は遺伝です。
足の形と強さはほぼ持って生まれたもので、自分で鍛えることができません。
外反母趾が女性に圧倒的に多いのは、女性は男性より足の構造が柔らかいためです。
女性は妊娠後期にホルモンの作用で足の構造がさらに緩くなるため、その影響が足に出やすくなります。
また中足骨ちゅうそくこつが生まれつき長い人も構造上、外反母趾になりやすいことが分かっています。

 

外反母趾などの足の変形は全身の問題を引き起こします

外反母趾などの足の変形があると、肩や腰に痛みなどの問題を引き起こします。
それには理由があります。


(図;http://phoenix-pt.comより引用)


2足歩行を行う人間の体は足から頭の先まで鎖でつながれた関係にあります。
人間の体はどこか悪い関節があると
その近くの関節に影響を与えてしまう関係になっています。



(図;http://phoenix-pt.comより引用)


外反母趾や偏平足へんぺいそくになると、すねの骨や太ももの骨は内側にねじれてしまいます。
その影響は骨盤にまで及び、骨盤の傾きやズレが生じます。
それを補正するために腰の骨はカーブを描き、反対側の肩は下がってしまいます

腰骨のカーブの、凹側では筋肉が縮みますし、凸側では筋肉が伸びてしまいます。
同じく、肩が下がった側では筋肉が伸びてしまいますし、上がった側では筋肉が縮こまります。
縮んだ筋肉は凝り固まって痛みが生じ、伸びた筋肉は筋力の低下を引き起こします。
このように足の問題は全身のさまざまなトラブルを引き起こします。
また、肩や腰の痛みが実は足の問題が原因だったということもあります。