腰・肩・膝の痛みを足元から根本的に改善/外反母趾や偏平足、巻き爪にも対応

シンディング・ラーセン・ヨハンソン病

シンディング・ラーセン・ヨハンソン病とは

成長期には、ひざの皿(膝蓋骨しつがいこつ)には成長に必要な軟骨なんこつ骨端軟骨こったんなんこつ)があります。
この部分がけんに引っ張られて、炎症や石灰化せっかいかをおこしたり上下に離開したものをいいます。

シンディング・ラーセン・ヨハンソン病

症状

  • 膝蓋骨の下方を押さえると痛い
  • 膝蓋骨の下方周囲のはれ
  • 運動時の痛み(走る、ジャンプ、ボールを蹴る、しゃがむなど)
  • 階段昇降時の痛み
  • 膝立ちをすると圧迫され痛い

 

原因

成長期の男子は、膝蓋骨が成長過程にあり、腱よりも強度が弱いために起こります。
強度の弱い箇所に繰り返しストレスが加わり、炎症をおこしたり離開がおこったりします。
また、成長期には太ももの骨が急激に伸びるため、太ももの前を走る筋肉(大腿四頭筋だいたいしとうきん)の長さが追いつかず、
骨の長さよりも筋肉が短くなり一時的ですが身体が硬い時期があります。
大腿四頭筋の硬さもこの疾患の原因となります。

 

どんなスポーツに多いの?

陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントンなどに多くみられ
動作ではジャンプ、ダッシュ、キック、フルスクワットなどで好発します。

 

どんな検査をするの?

スポーツをしている成長期の男子が、前述の症状を訴えた場合、シンディング・ラーセン・ヨハンソン病が疑われます。
場合によっては、病院でレントゲンやMRI検査を行います。

シンディング・ラーセン・ヨハンソン病2


(図;http://radsource.us/subacute-and-chronic-avulsion-injuries/より引用)

どんな治療があるの?

 ①患部の安静・アイシング

 ②鎮痛処置:湿布や超音波治療など

 ③テーピング

 ④オスグッドバンド

 ⑤テーピング

 ⑥インソール療法

 

オスグッド病とはどう違うの?

オスグッド病とは、発症年齢や発症しやすいスポーツなど、非常によく似ています。
この2つの疾患が合併していることもあります。

異なる点としては、痛みの場所が違います。
シンディング・ラーセン・ヨハンソン病は膝蓋骨が痛いのに対して、オスグッド病はすねの骨が痛みます。

発症年齢もわずかに異なります。
シンディング・ラーセン・ヨハンソン病は11歳ごろ、オスグッド病は12~13歳ころによくみられます。

 

テーピング

アルコット_5273大腿四頭筋の走行に沿ってキネシオテープを貼付します。
テープを引っ張らずに貼るのがコツです。

 

太ももの前のストレッチ

こちらのページに詳しく記載してあります。

詳しくは、オスグッド病のページをご覧ください。

 

太ももの前だけじゃなく後ろも硬い

こちらのページに詳しく記載してあります。

詳しくは、オスグッド病のページをご覧ください。

 

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内



アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院の説明



インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明




金沢アルコット接骨院の施術例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 076-208-3324 施術時間 午前9:00~12:00 午後2:00~7:00(木曜・土曜の午後のみ足と靴の専門外来)

初めての方はこちら


当院までのアクセス


受付時間


接骨院について知りたい方はこちら


インソール工房について知りたい方はこちら


アルコット接骨院とaLcot plusどちらを受診すればいいの?


足と靴の専門外来予約ページ


交通事故治療について


外反母趾でお悩みの方はコチラ


巻き爪でお悩みの方はコチラ


ランニングシューズでお困りの方はコチラ


お子様の足の異変に気づいたら


さまざまな痛みでお悩みの方はこちらをお読みください


PAGETOP
電話でお問い合わせ