【手首の痛み】 インターセクション症候群の原因と治療法 【きしむ】

インターセクション症候群とは

親指を伸ばす・外へ開く働きをするけんのグループと、手首を返す働きをする腱のグループは下図の丸印のところで交叉します。
腱が交叉する部分で摩擦することによって起こる炎症です。腱交叉症候群けんこうさしょうこうぐんともいいます。
30~50代の集中的に手を酷使する方に起こることが多く、手首から4~6cm手前の部分で、炎症を起こします。

インターセクション症候群
(図;tigergate.blog.so-net.ne.jpより引用)

 

原因

表層にある長母指外転筋ちょうぼしがいてんきん短母指伸筋たんぼししんきんの腱が、深部の長・短橈側手根伸筋ちょう・たんとうそくしゅこんしんきんの腱と交差する部分で炎症を起こすことが原因です。
親指と手首をよくよく使う作業をする人に多くみられます。

インターセクション症候群

 

症状

  • 手首を返す時の痛み
  • 親指でキーボードなどを打つ時の痛み
  • 手首や親指を動かすとギシギシいう

 

どんな検査をするの?

問診や触診により、比較的簡単に見つけることができます。

どんな治療があるの?

  1.  患部の安静・固定
  2.  超音波療法
  3.  ストレッチ
  4.  テーピング
  5.  筋膜治療
  6.  症状が著しい場合は病院にて注射

 

テーピング

インターセクション症候群テーピング

①約40cmに伸縮性テープをカットします。


インターセクション症候群テーピング

②縦にカットし、細い2本にします


インターセクション症候群テーピング

③1本を真ん中でカットし、さらに1本は半分にします。


インターセクション症候群テーピング

④親指の第1関節から手首と肘の中間くらいまで貼ります。(オレンジ)



⑤1番長いテープ(水色)を親指に巻き付け、1本は親指の延長線上に、
もう片方は最初のテープ(オレンジ)に半分くらい重なるように貼ります。


⑥テープが剥がれないようにアンカーテープ(赤)を巻いて完成。

 

最先端の筋膜リリース

関節まわりの痛みには、筋肉や靭帯などが通常よりも硬くなりその周辺の組織と癒着してしまう障害があります。
最近の研究で、従来の治療法(消炎鎮痛剤・従来の電気治療)では、このような周辺組織との癒着による痛みの回復には効果が低いということがわかってきました。
リハビリテーションの先進国である欧米では、筋肉や靭帯などの癒着障害に対する治療として、IASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)がここ数年で台頭してきました。
IASTMは軟部組織機能障害を探し、治療することを可能にする全く新しい治療ツールです。


痛みがある部分では、筋膜組織の癒着や肥厚がみられます。




筋膜の癒着や肥厚部分を特殊な器具を使って分解することで、ヒアルロン酸が排出され、筋膜組織間の正常な滑りを回復させます。



癒着や肥厚部分が改善するとわずかな発赤がみられます。血流が改善した証拠です。
即時的な効果があり、通常は施術後すぐに効果がみられます。

詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。

超音波療法

1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージで、患部に直接刺激を与えます。患部の柔軟性を改善、血流の改善による痛みの緩和、筋肉の緊張をなくし筋肉のけいれんの改善、微細振動により炎症の治癒を早める、むくみの軽減などに効果があります。
詳しくは、超音波治療・ハイボルテージ治療・微弱電流治療(EU910)をご覧ください。
アルコット接骨院超音波ハイボルテージeu910

関連記事