弾発指(ばね指)

もし『弾発指(ばね指)』になってしまったら・・・金沢市のアルコット接骨院が対処法を徹底解説

弾発指だんぱつし(ばね指)とは

腱鞘炎けんしょうえんの一種です。腱鞘けんしょうに炎症が起こり、指を曲げ伸ばしする際に『コクン』とひっかかるような現象をいいます。
ある角度を過ぎるとバネのように屈伸します。


(図;https://nurseful.jp/career/nursefulshikkanbetsu/orthopedics/section_2_06_09/より引用)

症状

  • 指の付け根の痛み、腫れ、熱感
  • 指を曲げ伸ばしするときに、ひっかかる
  • 朝方に症状が強く、日中は指を使っていると症状が軽減する
  • 悪化すると、指が動かない状態になる

 

原因

指を曲げる筋肉の「けん」を、骨に押さえつけるためにバンドのような形をした「腱鞘」という部分があります。
指は、腱鞘のトンネルの中を腱がスムースに通過することで、きれいに曲げ伸ばしできています。
手を使いすぎるなど、何らかの原因で腱鞘に炎症が起こると、腱鞘が太く腫れてしまいます。
そうするとトンネルの内部が狭くなってしまい、その中を通過する腱がスムースに動けなくなってしまいます。


(図;www.studyblue.comより引用)

どのような人に多いの?

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。
手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。
糖尿病、リウマチ、透析とうせき患者にもよく発生します。
親指、中指によくみられます。

 

どんな検査をするの?

指の付け根に腫脹しゅちょう圧痛あっつうがあり、ばね現象があれば容易に見つけることができます。


(図;www.wikihow.comより引用)

 

どんな治療があるの?

  1. 患部の安静(スプリント固定)
  2. 超音波療法
  3. 温熱療法
  4. ストレッチ
  5. 関節可動域訓練
  6. 筋膜治療
  7. 痛みや炎症が強いものは病院で注射や内服など
  8. 治療の効果がみられないもの、再発を繰り返すもの、日常生活に支障があるものは手術

 

最先端の筋膜リリース

関節まわりの痛みには、筋肉や靭帯などが通常よりも硬くなりその周辺の組織と癒着してしまう障害があります。
最近の研究で、従来の治療法(消炎鎮痛剤・従来の電気治療)では、このような周辺組織との癒着による痛みの回復には効果が低いということがわかってきました。
リハビリテーションの先進国である欧米では、筋肉や靭帯などの癒着障害に対する治療として、IASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)がここ数年で台頭してきました。
IASTMは軟部組織の機能障害を探し、治療することを可能にする全く新しい治療ツールです。
詳しくは、最先端の筋膜治療 IASTMのページをご覧ください。
アルコット接骨院IASTM筋膜治療

 

超音波療法

1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージで、患部に直接刺激を与えます。
患部の柔軟性を改善、血流の改善による痛みの緩和、筋肉の緊張をなくし筋肉のけいれんの改善、微細振動により炎症の治癒を早める、むくみの軽減などに効果があります。
詳しくは、超音波治療・ハイボルテージ治療・微弱電流治療(EU910)をご覧ください。
アルコット接骨院超音波ハイボルテージeu910

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内


アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
金沢市のアルコット接骨院の説明


インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明