腰・肩・膝の痛みを足元から根本的に改善/外反母趾や偏平足、巻き爪にも対応

関節リウマチ

関節リウマチとは

全身の関節滑膜かつまくの慢性炎症によって関節の破壊・変形に至る疾患です。30~50歳代の女性に好発します。

関節リウマチ



(図;www.yamaguchi-hp.jpより引用)

症状

関節リウマチ



(図;全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患より引用)

原因

原因は不明です。遺伝的要因に環境的要因やウィルス感染が関与して発症すると考えられています。
自己免疫現象じこめんえきげんしょう(自分自身を外的とみなし攻撃してしまう)がみられます。

関節リウマチ



(図;www.riumati.netより引用)

どんな検査をするの?

関節リウマチの診断は、下記のような診察・検査に基づいて、リウマチ専門医によって行われます。

関節リウマチ検査



(図;chugai-ra.jp/about/about02.htmlより引用)

関節リウマチの寛解とは?

寛解とは、関節リウマチの症状が無くなった状態のことです。
近年の治療法・治療薬の進歩により、関節リウマチの治療目標は「痛みの緩和」から、「寛解の状態へ導く」というように変化してきました。

関節リウマチ



(図;mamore-kansetsu.com/smt/treatment.htmlより引用)

どんな治療があるの?

関節リウマチの治療法としては、

  • 薬物療法
  • 手術療法
  • リハビリテーション

などが挙げられますが、基本は薬物療法となります。

関節リウマチ治療



(図;healthil.jpより引用)


リハビリを兼ねた運動も

筋肉がおちてしまうと結果的に関節を痛めてしまうこともあります。
安静にしていて症状が治まったときや「今日は調子がいいな」という日は、リハビリを兼ねて少し身体を動かすことをおすすめします。

関節リウマチ運動療法



(図;breakingmuscle.comより引用)

大切なのは早期発見・早期治療

関節リウマチという病気は、長らく不治の病として「痛みを和らげる治療」しかできませんでした。
しかしながら、近年の治療の進歩により、早期に発見し、早期から適切な治療を行えば、関節破壊の進行を防ぐことが可能となりました。
現在、関節リウマチの原因は完全には解明できていませんが、有効な治療法が確立されたおかげで、10人のうち7人くらいは症状を完全に抑えられ、発症前と変わらない不自由のない生活を送ることが可能となっています。
また、関節破壊は、発症後1~2年で急速に進行することがわかっております。
そのためは、関節リウマチを早期に発見し早期から適切な治療(発症3ヶ月以内が好ましい)を行うことがなによりも大切です。
少しでも関節リウマチを疑う症状がある場合は、リウマチ専門医の診察を受けましょう。

関節リウマチ



(図;pra.e-humira.jpより引用)

金沢市小立野のアルコット接骨院・インソール工房aLcot+のご紹介

はじめてご来院の方はまずはこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院へ初めてご来院の方へのご案内



アルコット接骨院について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のアルコット接骨院の説明



インソール工房・巻き爪補正院aLcot plusについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金沢市のインソール工房アルコットプラスの説明




金沢アルコット接骨院の施術例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 076-208-3324 施術時間 午前9:00~12:00 午後2:00~7:00(木曜・土曜の午後のみ足と靴の専門外来)

初めての方はこちら


当院までのアクセス


受付時間


接骨院について知りたい方はこちら


インソール工房について知りたい方はこちら


アルコット接骨院とaLcot plusどちらを受診すればいいの?


足と靴の専門外来予約ページ


交通事故治療について


外反母趾でお悩みの方はコチラ


巻き爪でお悩みの方はコチラ


ランニングシューズでお困りの方はコチラ


お子様の足の異変に気づいたら


さまざまな痛みでお悩みの方はこちらをお読みください


PAGETOP
電話でお問い合わせ