足底腱膜炎(足底筋膜炎)の原因と治療法

足底腱膜って?

足底腱膜そくていけんまくはかかとの骨から足の指へ広がる強靭なけんの膜であり、
足の土踏まず(縦アーチ)を支える重要な役割があり、
歩行・ランニングにおいて、地面と足部の衝撃を和らげるクッションとして働きます。

 

足底腱膜炎とは

足底腱膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす疾患です。
多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こります。
主に40~50歳代以上で発症しますが、若い世代でもスポーツ選手などに多くみられます。


(図;zi-gen.comより引用)

 

症状

  • 動きはじめの一歩目が痛い
  • 歩く・走ると足の裏やかかとが痛くなってくる
  • 足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い
  • ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる
  • 足の裏がしびれてくる感じがする
  • 足の裏を押すと痛い場所がある
  • 足の裏にしこりや硬い場所がある

 

原因

前述のように、足底腱膜は足部のアーチ(土踏まず)を保持する役割をしています。
バネのように体重がかかったときにショックを吸収する役割があるため、
ランニングやジャンプなどで体重が足にかかる場合、
足底腱膜は繰り返しの引っ張り刺激によって微小断裂や炎症が発生します。
また、原因の一端には使いすぎ、硬い路面、シューズの変更なども挙げられます。

 

硬い足と柔らかい足とでは治療法が異なる

足の形も重要で、扁平足の方は回内足かいないそくを合併しやすく、
中央部の土踏まずに痛みが出やすいのです。
反対にハイアーチ(甲高)では柔軟性が乏しく、筋膜きんまくを損傷しやすい傾向があります。


(図;www.3bs.jpより引用)

 

まずは足のサイズ計測

柔らかい足と硬い足では治療法が異なるため、
まずはご自身が柔らかい足なのか硬い足なのかを知っていただくことが大切です。
まずは、正確な足サイズ計測を行って治療方針を決めましょう。

 

硬い足に対する治療

  1. アキレス腱のストレッチ
  2. 足底腱膜サポート歩行・テーピング
  3. 足底腱膜のストレッチ
  4. 靴の環境整備・インソール療法
  5. ナイトブレース

 

柔らかい足の方に対する治療

  1. アキレス腱のストレッチ
  2. 足底腱膜サポート歩行・テーピング
  3. 靴の環境整備・インソール療法


(図;ameblo.jp/hokoushien/entry-12035928945.htmlより引用)

テーピング


(図;誰でもできるスポーツテーピングより引用)

 

靴合わせ・インソール療法

こちらのページに詳しく記載してあります。詳しくは、オーダーメイドインソールのページをご覧ください。

 

最先端の筋膜リリース

「足底腱膜炎に対する筋膜リリース」は次の記事をご覧ください。