腓骨筋腱炎

腓骨筋腱炎ひこつきんけんえんとは

腓骨筋ひこつきんというすねの上部から外くるぶしの後方を通って土踏まずまで伸びる長い筋肉に炎症が起きた状態です。
足首のネンザを繰り返すことで、くるぶし周辺を通る腓骨筋の部分に炎症を起こしてしまうのがこの病気です。

 

症状

  • 外くるぶしの後ろの腱に沿って、着地時や体重を掛けたときに痛い
  • 足首を内返しするようにストレッチをかけると痛む
  • 押すと痛い、腫れた感じがする
  • 足裏やふくらはぎ外側にも張り感がある

 

原因

主にネンザをきっかけに発症します。
ネンザを放置したり繰り返すことで腓骨筋に炎症を起こしてしまいます。
サッカーやバスケットなど、足首に負担のかかりやすいジャンプや切り返しの動きが多いスポーツでよく見られます。

 

どんな検査をするの?

ネンザなどの外傷の既往があり外くるぶし周辺に痛みがある場合、
腓骨筋を収縮してそれに対して抵抗を加えることで痛みを訴える場合は腓骨筋腱炎が疑われます。
その他、足首の不安定性も検査します。

どんな治療があるの?

  1. 患部の安静・アイシング
  2. 鎮痛ちんつう処置:湿布や超音波治療など
  3. テーピング
  4. ストレッチ
  5. 靴合わせ・インソール療法

 

テーピング

以下の2つの目的でテーピング施行します。

  1. 腓骨筋の機能改善
  2. 足首が外側に倒れないようにする

短腓骨筋腱炎テーピング

 

 

靴合わせ・インソール療法

こちらのページに詳しく記載してあります。

詳しくは、オーダーメイドインソールの作製のページをご覧ください。