接骨院全般について

Q&A

Q.接骨院って何をするところですか?

A.日常生活やスポーツ、交通事故などによってケガをしたり不調を感じたり、身体で気になることがあるときは、いつでもご相談ください。

 

Q.整骨院と接骨院はどう違うのですか?

A.同じです。

どちらも「柔道整復師」という国家資格を有した者が、骨折や脱臼、打撲・捻挫・挫傷などの関節および筋肉の傷害に対して施術を行います。

 

Q.接骨院と、整体(カイロプラクティック)はどう違うのですか?

A.接骨院は、厚生労働省による国家試験に合格し「柔道整復師」という国家資格を取得しています。

そのため、外傷や傷害の施術に対する保険の取り扱いができます。

整体(カイロプラクティック)には国家試験による免許(資格)が必要ありません。

健康増進やリラクゼーションを目的とするため治療行為を行うことができず、保険を取り扱いもできません。

 

Q.接骨院と整形外科、整体はどう違うのですか?

A.


Q.健康保険は使えますか?

A.はい。

健康保険、労災保険(仕事上のけが)、自賠責保険(交通事故によるけが)など各種保険が使えます。

ただし、健康保険の取り扱いになる疾患と、取り扱いのできない疾患があります。

詳しくは、各種健康保険証の取り扱いについてをご覧ください。

現在の状態が、健康保険の取り扱いになるかわからない場合は、スタッフにお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページからもご質問を受け付けています。

 

Q.生活保護を受けているのですが、接骨院には通えますか?

A.お住まいの福祉事務所に接骨院に通うことを事前に申し出てください。

福祉事務所に申し出をすると、「要否意見書」という書類を渡されます。

この書類を当院にお持ちになってご来院ください。自己負担金はありません。

なお、生活保護を受給されている方が通院できる範囲はお住まいの市町村と定められています。

 

Q.障がい者手帳を持っていますが、療養費の助成を受けることはできますか?

A.いったん健康保険の自己負担分をお支払いいただき、領収書をお持ちになり、市役所または市民センターで申請をすることで支給を受けることができます。

 

その他、気になる事があれば、お気軽にご連絡ください。