スタッフ紹介

ごあいさつ

 


柔道整復師  麻多 聡史(あさだ さとし

このたびアルコット接骨院とそのお隣にインソール工房アルコットプラスを開業いたしました。

当院は「歩くこと」に特化しています。しかし、足の痛みでお困りの人が、ただ歩けるようになるだけでは十分ではありません。

患者さまが、どんな生活を過ごしていて、どんな人生を送ってこられ、「歩くこと」にどのような価値観を持っているのかを知る必要があります。

患者さまが何を望み、それを叶えるためには何が必要なのかを常に考え施術していきます。

それが「歩くこと」に特化した私たちのモットーです。私たちが大切にしているのは患者さまを知ることです。

そのため、患者さまとの対話を最も重要視しています。患者さまの声に最大限に耳を傾け、患者さまのニーズに合わせた最適な治療を提供いたします。

 

プロフィール

出身 石川県羽咋市
経歴 石川県立羽咋高等学校卒業
  玉川大学文学部卒業
  北信越柔整専門学校卒業
  金沢市内整形外科8年間勤務
  アルコット接骨院
インソール工房aLcot+開業
趣味 空手道
大相撲観戦
コストコでお買い物
所属学会 整形外科リハビリテーション学会
  NPOオーソティックスソサエティ
資格 厚生労働省認定 柔道整復師
  日本運動器科学会認定
運動器リハビリテーションセラピスト
  NPOオーソティックスソサエティ認定
フットケアトレーナーAライセンス
  ペディグラス社認定 足爪補正士
  キネシオテーピング協会認定
テーピングトレーナー
  3M社認定 テーピングマイスター
  Smart tools認定
IASTMマニュアルセラピスト
  東京商工会議所認定
福祉住環境コーディネーター2級

院長はこんなヤツ

体はでかいが気は小さい。2児の父親で休みの日は子供を連れてお出かけする。
「この仕事の意義は患者さんを治すこと」が口癖で、いつも教科書を持ち歩き、寝る間を惜しんで勉強している。
治療家としての姿勢は馬鹿がつくほどの大真面目。一度治療を始めるとのめり込み時間を忘れてしまう。でも、この人ならなんとかしてくれそうと思える何かがある。
どこにいっても改善しないお体の悩み、一度この人に相談してみては?

(受付・女性スタッフ談)