交通事故によるけがの治療について


交通事故によるけがの治療は、自賠責保険によって行われます。
自動車を所有すると交通事故を起こしてしまったときのために、強制的に保険に入らされます。
これが自賠責保険です。

自賠責保険の補償限度額は、死亡時3000万円、相手のケガに対する入院費や手術、慰謝料などでも120万円が上限となっています。この範囲内でまかなえればよいのですが、大けがをさせてしまった場合など、まかなえなかった時のためにほとんどの方が任意保険というものに加入しています。

事故の加害者が任意保険に加入している場合は、任意保険会社が担当の窓口になります。

それでは、当院で交通事故治療を行う場合について説明していきます。
上記のチャートを参考にしていただければと思いますが、交通事故にあってけがをしてしまった場合、警察に届け出て人身事故の手続きをしなければなりません。
そのためには、まず病院に行き、警察へ届出用の診断書を書いてもらう必要があります。

警察への届け出と並行して、加害者側の任意保険会社に連絡をしてください。当院での治療をご希望の場合は、その旨を申し出てください。当院で治療を行うための、患者さんが行う手続きはこれで終了です。あとの手続きは当院と保険会社の間で行います。なお、交通事故治療では窓口負担はありません。

交通事故後は、お身体がお辛いにもかかわらず、届け出などの煩わしい作業も多く精神的にも身体的にも疲弊してしまいます。さらに初めて聞くわかりにくい用語などもたくさんあり、おひとりで対応するには大変な重荷になります。少しでもわからないことがありましたら遠慮なくお尋ねください。