施術内容の照会について

健康保険組合では、接骨院で施術を受けた方に、その施術内容を照会する点検業務を実施しています。
このような書類が患者さんの手元に郵送で届くことがあります。

カシオ健康保険組合HPより
カシオ健康保険組合HPより
カシオ健康保険組合HPより
カシオ健康保険組合HPより

 

接骨院で施術を受けた日時、回数、金額、施術を受けた場所など細かく記載して返送するように求められます。
しかしこれは決して怪しい書類ではありません。

では、これはどういった制度なのかをご説明します。

これまでは、委任状を受けた接骨院が健康保険組合に請求すれば窓口負担以外の残りの7~9割のお金(療養費)が自動的に支払われてきました。


これまでの受領委任払い制度

最近になって国民の医療費が底をつき医療費削減が叫ばれるようになりました。
「不適切な請求にはお金(療養費)は支払わないようにしよう」ということになってきました。
健康保険組合が、接骨院からの請求が適切かどうかを知るすべは患者さまに直接聞くしかありません。

これが施術内容の照会です。


最近の受領委任払い制度当院では、健康保険の正しい運用と療養費の適正化に取り組んでおり
負傷原因を詳しくお聞きいたしますし、領収証の発行も毎回行っております。
したがいまして、点検が行われたとしてもまったく問題ありません。
むしろ療養費の適正化の観点から、好ましいことだと考えています。
しかしながらこの点検業務の問題点は、

接骨院で施術を受けてから数か月後に行われるという点です。

数か月たった後に「○月○日に通院した」ということを正確に答えるのは非常に難しく、
誤った回答をしてしまうと7~9割分の保険料を患者さんご自身に請求されてしまう事例もあります。

そのため次のことに注意してください。

領収証を必ず毎回受け取り、大切に保管してください。
可能であればノートに貼るなどしてわかりやすく保管してください。

また、記憶が曖昧なままいい加減に回答してはいけません。
当院では患者さんの情報や施術の内容をすべてカルテに詳しく正確に記載しております。
施術内容照会の用紙がお手元に届きましたら、当院までお持ちください。FAXでも構いません。
該当の日時まで遡り、施術した正確な日時、詳しい施術内容を公開いたします。

ご面倒ではございますが、健康保険の正しい運用と療養費の適正化にご協力くださいますようお願い申し上げます。


関連記事