接骨院での料金支払いの流れ

接骨院にかかり健康保険証を使って治療したときのお金(療養費)の流れについてご説明します。

接骨院では本来は一旦かかったお金(療養費)の全額を窓口で支払う必要があります。
その後、療養費支給申請書に領収書をつけて健康保険組合に請求すると、
後日自己負担分相当額を除いた額の払戻し受けることができます。
これを償還払いといいます。

従来の償還払い制度ただし、このような面倒な手続きを接骨院にかかるごとに行うのは、
身体の不自由な患者さんにとっては非常に負担になります。
さらに、あとあと残りの金額が戻ってくるとしても、一度窓口で全額支払うのも負担になります。

そこで登場したのが、受領委任払いという仕組みです。
まず患者さんは窓口で1~3割負担分のみを支払います。
その後、接骨院が患者さんの代わりに健康保険組合へ請求することで
残りの7~9割分のお金(療養費)を受け取る仕組みです。

受領委任払い制度接骨院に通院したことのある方であれば経験があると思いますが、
初めてのときや月の始めには、ある書類にサインを求められます。
この書類は正式には「柔道整復施術療養費支給申請書」といいます。

この書類にサインするということは、
「あなたの代わりに7~9割分のお金(療養費)を健康保険組合に請求しますけどいいですか?」
「そのかわり窓口の負担は1~3割で済みますよ」
という制度に同意したことになります。

接骨院では健康保険を使える疾患と、使えない疾患があります。 →詳しくは(各種健康保険証の取り扱いについて)
健康保険を正しく利用すれば、受領委任払い制度は大変便利な制度といえます。

当院では、健康保険の正しい運用と療養費の適正化につとめてまいります。
「この症状は健康保険が使えますか?」など
わからない場合は遠慮なくお問い合わせください。