股関節痛にはさまざまなタイプがあります。それぞれ原因も違えば、治療法も異なります。

症状の特徴からさまざまなタイプの股関節痛について詳しく解説します。

現在の症状から、ご自身の痛みのタイプを下から選んでください。

股関節の痛みを起こす4つの疾患

▼症状が当てはまるものをクリックしてください。

中年以降で股関節を動かすと痛い(変形性股関節症)

急に現れる股関節の激痛(特発性大腿骨頭壊死症)

股関節のつまり感(femoroacetabular impingement・FAI)

股関節で音が鳴る(弾発股)

加齢による股関節の痛み 変形性股関節症の原因や症状と治療法

変形性股関節症とは

長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、股関節の軟骨なんこつが変性したり、骨の変形が生じたりする病気です。女性に多く見られ、年齢とともに増加します。

変形性股関節症とは

変形性股関節症とは

変形性股関節症の症状

初期

  • 脚の付け根やお尻、膝の上の方のこわばり、重だるさ
  • 歩き始めの痛み
  • 長時間歩くと痛い
  • 階段の昇り降りが痛い
  • 坐骨神経痛ざこつしんけいつう変形性膝関節症へんけいせいひざかんせつしょうに似た症状が出ることもある
  • 関節に水がたまっていたり、関節唇かんせつしんが損傷されることもある(強い痛みがある)

進行期~末期

  • 動きが制限されて痛みも強くなる
  • 両足の長さの違い、それによる歩きにくさ
  • 筋力低下
  • 長距離の歩行や階段の昇降、しゃがみ立ちが困難になるなど日常生活が制限される

変形性股関節症の原因

原因がわからない一次性いちじせいの変形性股関節症と、何らかの原因があり生じる二次性にじせいの変形性股関節症があります。80%以上が二次性でといわれています。

次のような原因が考えられます。

  • 臼蓋形成不全きゅうがいけいせいふぜん
  • 先天性股関節脱臼せんてんせいこかんせつだっきゅう
  • 小児期の股関節の病気、外傷、炎症など
変形性股関節症立ち上がりの痛み

変形性股関節症における立ち上がりの痛み

臼蓋形成不全ってなに?

臼蓋きゅうがい(股関節の屋根の部分)の不完全な発育により大腿骨頭だいたいこっとう(足の付け根部分)への被りが浅い状態です。
先天性股関節脱臼に起因するものと、成長期に臼蓋の発育が正常に進まない後天的なものとがあります。
中年以降に痛みが出て、はじめて臼蓋形成不全と診断される場合もあります。

変形性股関節症正常の股関節画像

正常の股関節

正常の股関節
臼蓋がしっかりしている

変形性股関節症臼蓋形成不全画像

臼蓋形成不全とは

臼蓋形成不全
屋根が浅い

変形性股関節症が進行するとどうなるの?

軟骨は、弾力に富み柔軟で、荷重を吸収・分散する能力に優れています。
しかし衝撃が何度となく繰り返されることによって、軟骨の表面に小さな傷がつきます。
軟骨の変性が進行すれば、次第に弾力性・柔軟性が失われてきます。
放っておくと関節の隙間は狭くなり、最終的には軟骨は完全になくなってしまい、軟骨の下の骨が露出した格好になります。

変形性股関節症の進行画像

変形性股関節症の進行

変形性股関節症の検査

問診や触診、関節の動きの範囲、歩き方、足の長さの違いなどを調べ、場合によっては病院でレントゲン検査を行い進行度を確認します。

変形性股関節症の治療法

  1. 患部の安静、杖の使用、減量
  2. 超音波療法
  3. ストレッチ
  4. 筋力トレーニング
  5. インソール療法
  6. 末期は手術

変形性股関節症の特徴的な歩き方

変形性股関節症の方の多くは、特徴的な歩き方をしています。
股関節まわりの筋力低下や関節の不適合から歩行中、痛い側の足に体重が乗った時に反対側の骨盤が下にさがったり、上体が傾いたりします。

変形性股関節症の歩き方画像

変形性股関節症の方の特徴的な歩き方

変形性股関節症に対する筋力トレーニング

一般的に変形した股関節への負担を減らすために股関節周囲の筋力をつける運動がすすめられます。
痛みのない範囲でゆっくりと行いましょう。痛みを我慢して行ってしまうと筋肉が硬くなってしまいます。
目標は軟らかく強い筋肉です。

変形性股関節症のエクササイズ画像

変形性股関節症のエクササイズ


左上:足を10cmほどゆっくりと上げたり降ろしたりします。足首を最大限に起こして行ってください。

左下:横向きに寝て足を15cmほどゆっくりと上げたり降ろしたりします。天井に向かって真上に持ち上げるようにしてください。

右:内ももの力でボールをつぶします。

関節を安定させる運動療法

骨盤が後傾こうけいした姿勢は股関節の安定性が悪く、逆に前傾ぜんけいした姿勢は股関節の安定性が高まった状態といえます。
加齢とともに変形性股関節症が進行する人の多くは、骨盤が後傾し、背中が丸くなった姿勢をしています。
関節を安定させ、関節症の進行を予防するには、骨盤を前傾させる筋肉である腸腰筋ちょうようきんをトレーニングすることが有効です。

変形性股関節症股関節の安定臼蓋の被覆量増大

股関節を安定させるには

左図:骨盤が後傾した姿勢(股関節の安定性が低下)
右図:骨盤が前傾した姿勢(股関節の安定性が増加)

変形性股関節症股関節のバランスボールを使ったエクササイズ画像

変形性股関節症 バランスボールを使ったエクササイズ

バランスボールを使うことで無理なく股関節の運動を行うことができます。

変形性股関節症股関節骨盤前後傾エクササイズ

変形性股関節症 骨盤前後傾エクササイズ

骨盤の前傾・後傾を繰り返し行います。

▲症状の選択に戻る

股関節の激痛 特発性大腿骨頭壊死症の原因や症状と治療法

特発性大腿骨頭壊死症とくはつせいだいたいこっとうえしょうとは

股関節にある大腿骨頭の血流がとどこおり壊死してしまう病気です。
大腿骨頭は血管が少なく、血流が悪くなりやすい部分です。
壊死した部分が体重を支えられずに、潰れてしまい痛みが現れます。

特発性大腿骨頭壊死症とは

特発性大腿骨頭壊死症とは

特発性大腿骨頭壊死症の症状

  • 股関節の痛み(比較的急に現れる)
  • 股関節の違和感
  • 跛行はこう(足を引きずる、びっこをひく、歩きにくい等)
  • 坐骨神経痛ざこつしんけいつうのような痛みを訴えることもある
  • 太ももから膝にかけて痛みが出ることもある

特発性大腿骨頭壊死症の原因

原因はまだはっきりとは分かってはいませんが、なりやすい要因が2つあります。

1つ目はお酒を飲みすぎによるものです。2つ目は、ステロイドの服用によるものです。

初期には痛みが出ない

初期の壊死では痛みが出ないことが多く、壊死した骨が潰れて初めて痛みとなります。つまり骨が壊死してから痛みを感じるまでに時間差があります。壊死している範囲が小さい場合、生涯痛みを感じない人もいます。

特発性大腿骨頭壊死症は進行するとどうなるの?

大腿骨頭の内側のみの壊死の場合では、治療が必要になることはあまりありません。
中央から外側へと壊死が進むと、時間とともに壊死した部分が潰れてきて、痛みなどの症状が出てきます。
骨のつぶれ具合が軽度で停止すると、症状が軽快することがあります。
症状が持続する場合は、手術が必要になることもあります。

特発性大腿骨頭壊死症の進行

特発性大腿骨頭壊死症の進行

特発性大腿骨頭壊死症の検査

問診や触診、関節の動きの範囲、歩き方、足の長さの違いなどを調べ、病院でレントゲン検査やMRI検査を行い診断されます。

特発性大腿骨頭壊死症の治療法

骨が壊死している範囲と、患者さんの背景、年齢、活動量、仕事内容、他の疾患などによって、治療法が決まってきます。
壊死の範囲が小さい場合は、症状がない場合も多いので、経過観察になります。骨が潰れてくると痛みがでてきます。
潰れが少なく、比較的若い方や関節の動きが保たれている方の場合は、自身の骨をなるべく残す「骨切り術」が行われます。
壊死している範囲が非常に広い場合は、「人工股関節置換術」や「人工骨頭置換術」という人工物と取り換える手術が必要になります。

特発性大腿骨頭壊死症回転骨切り術

特発性大腿骨頭壊死症 回転骨切り術

手術後の注意点

手術後は人工関節が脱臼する場合があるため、次のような姿勢には気をつけてください。
脱臼の発生率は人工股関節の置換術を受けた人の 2~3%ほどといわれています。
ほとんどが術後 3 ヶ月以内に起こります。傷口が股関節の前側にあるか後ろ側にあるかで、脱臼する恐れがある肢位が変わります。
▲症状の選択に戻る

股関節のつまり感 femoroacetabular impingement(FAI)の原因や症状と治療法

FAIとは

FAIとはFemoroacetabular impingementの頭文字をとったもので、日本語では大腿臼蓋だいたいきゅうがいインピンジメント(衝突)といいます。
股関節の痛みのうちオーバーユース(使いすぎ)などによる筋肉やけんの痛みを除くと、「関節そのものが原因」で起こる疾患があります。「関節そのものが原因」として起こる痛みとして注目されているのが、FAIです。

普通の骨とどう違うの?

股関節は太ももの骨の「骨頭こっとう」と骨盤の「臼蓋きゅうがい」で形成され、「臼蓋」というソケットにボール状の「骨頭」がおさまっています。
もっと関節を安定させるために臼蓋のまわりに軟骨なんこつがあります。それを「関節唇かんせつしん」といいます。
FAIは骨頭か臼蓋のどちらか一方、もしくは両方の形態異常が原因で起こります。

FAIとは

FAIとは

FAIの3つのタイプ

  • 「ピンサータイプ」:臼蓋側の形態異常
  • 「カムタイプ」:太ももの骨側の形態異常
  • 「混合タイプ」:2つを併せもった形態異常

の3つが存在します。

FAIのタイプカムタイプピンサータイプ

ピンサータイプとカムタイプ

FAIのタイプカムタイプピンサータイプ

上方からみた図

FAIの症状

  • 股関節の前方の痛み
  • 長時間座っていると、痛みが強くなる
  • 車の乗り降りの時や足を組む時の瞬間的な痛み
  • 股関節の可動域制限
  • 痛みが強い例では、歩き方がおかしくなる

FAIの原因

「ピンサータイプ」は、臼蓋の屋根が大きいので関節唇が挟まれたり、臼蓋のへりと大腿骨頚部だいたいこつけいぶがぶつかることで軟骨が損傷します。
「カムタイプ」は大腿骨頚部が通常よりも大きく張り出しているために臼蓋と衝突して軟骨損傷が起こります。

FAIの内旋制限

ピンサータイプ・カムタイプもそれぞれ股関節の回旋が制限されます

進行するとどうなるの?

股関節を動かしたときに衝突を繰り返すことで、関節唇や軟骨に損傷が生じます。
将来的に変形性股関節症へんけいせいこかんせつしょうに移行する可能性があるといわれています。

FAIの検査

問診、関節可動域検査かんせつかどういきけんさ、インピンジメントを誘発するテストにてFAIが疑われるものは、病院でレントゲン撮影、3DCT、MRIなどが行われます。

股関節の検査画像

FAIの検査方法

FAIの治療法

  1. 患部の安静
  2. 超音波療法
  3. ストレッチ
  4. 運動療法
  5. 徒手療法
  6. 動作訓練

股関節後方の柔軟性獲得

股関節後方の筋肉が硬くなっていることが多いため、ストレッチで柔軟性を改善します。
股関節の後方の筋肉が硬くなると硬くなった筋肉が骨頭を前に押し出してしまい、衝突を助長してしまいます。
そのため後方の筋肉のストレッチはとても大切です。
また、股関節の前方に瘢痕化はんこんかした組織を触れることがあります。
股関節の前方に瘢痕化があると挟み込みの原因となるため徒手で瘢痕した部分を取り除きます。



(図;関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーションより引用)

動作訓練

FAIは軟骨や関節唇を傷つけ、将来的に変形性股関節症になる恐れがあります。
そのため股関節を深く曲げるような動作は避けなければなりません。
FAIは骨の形態異常が原因であるため、トレーニングや徒手療法で形態を元に戻すことはできません。
なるべく股関節に負担をかけない動作を獲得することが大切です。

股関節に悪い姿勢

股関節に悪い姿勢

▲症状の選択に戻る

股関節で音が鳴る 弾発股の原因や症状と治療法

弾発股だんぱつことは

股関節を曲げたり伸ばしたりする運動をすると、その周辺で「ボキッ」「ゴリッ」と音がなったり、腱がはじかれるような現象を起こしている状態のことをいいます。
これを「弾発股」といい、股関節のそばにある筋肉やけんが太ももの骨に引っかかって音が鳴ることにより起こります。
弾発股には2つのタイプがあり、股関節の外側で起こる「外側型がいそくがた」と、内側で起こる「内側型ないそくがた」があります。

弾発股の症状

  • 股関節外側の痛み
  • 曲げ伸ばしの際の弾発現象
  • 曲げ伸ばしの際に音がする
  • 足の付け根の外側の骨のでっぱりを押さえると痛い
  • 股関節が外れるような感覚がある
  • 股関節の違和感

弾発股外側型の原因

太ももの骨の上端に外側に出っ張ったでっぱりがあります。そのでっぱりを「大転子」だいてんしといいます。
大転子の上を筋肉や腱が走っているのですが、直接骨と筋肉が触れてしまうと筋肉が傷んでしまいます。
それを防ぐために、大転子と筋肉の間には滑液包かつえきほう というゼリー状の袋が介在します。
スポーツなどにより滑液包に繰り返し摩擦が加わり炎症を起こすと、滑液包が腫れることがあります。
この腫れた部分に筋肉や靱帯が引っかかることにより弾発現象と痛みを生じます。

大転子とは

弾発股外側型の原因

弾発股内側型の原因

腸腰筋の弾発音

弾発股内側型の原因

股関節の曲げ伸ばし動作で腸恥隆起ちょうちりゅうきという股関節の前方にある骨のでっぱり、もしくは、大腿骨頭部だいたいこっとうぶ腸腰筋ちょうようきんという筋肉が引っ掛かることが原因といわれています。

弾発股の検査

問診や触診、関節の動きの範囲、押さえて痛い場所、股関節周囲の筋肉の硬さなどを確認します。

oberテスト

Oberテスト

股関節の回旋テスト

股関節の回旋テスト

弾発股の治療法

  1. 患部の安静
  2. 超音波療法
  3. ストレッチ
  4. 筋力トレーニング
  5. 筋膜リリース
  6. キネシオテーピング
  7. インソール療法

弾発股に対するストレッチ

使いすぎて硬くなった筋肉は弾発股の原因となるため、ストレッチで伸ばしておくことが大切です。

関連記事

こちらの記事をお読み下さい。【図解】股関節や背中の硬い人必見 Brettzelストレッチの要点と注意点【金沢市アルコット接骨院のパーソナルトレーニングコラムvol.001】

弾発股に対するテーピング

キネシオテープという特殊なテープを用いてテーピングを貼ることで、皮膚を持ち上げ筋肉との間に隙間を作りリンパの滞りを改善し筋肉の正しい収縮をサポートします。

弾発股テーピング

弾発股に対するテーピング

弾発股に対する筋膜リリース

弾発͡股では、大転子周囲で腱が摩擦を繰り返すため、組織が分厚くなってしまいます。
また、炎症を繰り返すとまわりの筋肉や靭帯とくっついてしまう癒着障害が起こります。
これらの癒着障害を取り除く画期的なツールとして海外ではIASTM Tools(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization)が台頭してきました。
IASTMは皮膚や脂肪組織も含めた筋膜をリリースすることができる全く新しい治療ツールです。



痛みがある部分では、筋膜組織の癒着や肥厚がみられます。





筋膜の癒着や肥厚部分を特殊な器具を使って分解することで、ヒアルロン酸が排出され、筋膜組織間の正常な滑りを回復させます。



癒着や肥厚部分が改善するとわずかな発赤がみられます。血流が改善した証拠です。
即時的な効果があり、通常は施術後すぐに効果がみられます。

関連記事

弾発股に対する超音波療法

弾発股の改善には大腿筋膜張筋や大殿筋の柔軟性改善が鍵となります。

大腿筋膜張筋や大殿筋に対して、超音波による微細な振動を与え、深部温熱効果により柔軟性を高めます。

ストレッチの前段階として行うとより効果的です。

▲症状の選択に戻る

Writter
麻多 聡史 アルコット接骨院院長、柔道整復師、オーソティックスソサエティ認定フットケアトレーナーマスターライセンス、ペディグラス社認定足爪補正士、3M社認定テーピングマイスター、Smart tools認定IASTMマニュアルセラピスト、FMS ,SFMA