下肢の促通を伴った上肢からのローリング①【金沢市アルコット接骨院のパーソナルトレーニングコラムvol.016】

エクササイズの目的

上肢と下肢を分離して動かすためのエクササイズです。

ローリング・エクササイズを行う時にどうしても下肢で地面を押してしまう方向けのリグレッションとしても有効です。

 

セットアップポジション

Rolling Upper Body with Lower Body FMT Facilitation
下肢の促通を伴った上肢からのローリング 足にバンドを巻き付ける

足をまっすぐ伸ばした状態で、両手は万歳します。

寝返る方向の足にバンドを巻き付けます。

バンドは回旋軸の安定性を助けます。

 

エクササイズ動作

Rolling Upper Body with Lower Body FMT Facilitation
下肢の促通を伴った上肢からのローリング 腕を持ち上げる
Rolling Upper Body with Lower Body FMT Facilitation
下肢の促通を伴った上肢からのローリング わきの下を覗き込むように

腕を持ち上げ、首は自分の反対側のわきの下を覗き込むように屈曲します。

Rolling Upper Body with Lower Body FMT Facilitation
下肢の促通を伴った上肢からのローリング 上肢の重みが体幹~下肢を引っ張るように

上肢の動きが胸郭、骨盤、下肢を連れてくるようにスムーズに回旋させます。足は完全にリラックスした状態を保ちます。

Rolling Upper Body with Lower Body FMT Facilitation
下肢の促通を伴った上肢からのローリング 最終的にはうつ伏せに

そのままゆっくりとうつ伏せ姿勢になります。

次回は下肢の促通を伴った上肢からのローリング②うつ伏せ→仰向けを解説します。