上手く体幹使えてますか? 上肢からのローリング② 【金沢市アルコット接骨院のパーソナルトレーニングコラムvol.013】

前回の記事の続きです。

ローリングの種類

  1. 右上肢からのローリング   仰向け→うつ伏せ
  2. 右上肢からのローリング   うつ伏せ→仰向け
  3. 左上肢からのローリング   仰向け→うつ伏せ
  4. 左上肢からのローリング   うつ伏せ→仰向け
  5. 右下肢からのローリング   仰向け→うつ伏せ
  6. 右下肢からのローリング   うつ伏せ→仰向け
  7. 左下肢からのローリング   仰向け→うつ伏せ
  8. 左下肢からのローリング   うつ伏せ→仰向け

があります。どのパターンも左右差なくスムーズに動作が出来ることが大切です。

 

目的

こちらの記事をお読みください。

ソフトコアの活性化 上肢からのローリング①【金沢市アルコット接骨院のパーソナルトレーニングコラムvol.012】

 

こんな人におすすめ

こちらの記事をお読みください。

ソフトコアの活性化 上肢からのローリング①【金沢市アルコット接骨院のパーソナルトレーニングコラムvol.012】

 

セットアップポジション

ローリングうつ伏せから仰向け

上肢からのローリング① 仰向けからうつ伏せになった状態がスタートになります。

エクササイズ動作

ローリングうつ伏せから仰向けに

首から動作を始め、肩→背中→腰→骨盤→股関節の順に動きを伝えます。

常に目線は自分の手を追うように向けておきます。

ローリングうつ伏せから仰向けに

また、足は常に脱力した状態で、上半身から動きが伝わるまではリラックスさせておかなければなりません。足で地面を押したり反動をつけたりしてはいけません。

呼吸が乱れたり、怒責を伴うような動作になってはいけません。

ローリング

最後は上肢からのローリング①のセットアップポジションの仰向けに戻ります。

同じ側のローリングを続けるか、そのまま反対側のローリングに移っても構いません。

次回は、下肢からのローリングを紹介します。