yahooニュースで特集されていました。

ヒール履きこなす欧米人、一方日本は靴と足に関し100年遅れ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00000012-pseven-soci

記事の中で、次のように書かれています。

「日本は下駄と足袋の文化で、靴を履くようになったのはここ100年の話。靴文化で歴史が長い欧米とは、もともとの認識が全く違うんです。」

「ヨーロッパは伝統的に靴に対する意識が高い。例えばドイツでは、幼児期の靴は親が選ぶもの。靴は洋服などとは全く違う位置づけで、経験と知識がある大人が買うものという考えです。フランスも同様で、18世紀から王侯のための足外科医という専門医が存在していて、足や靴への考察を進めていました」

日本では靴を履くようになってわずか100年ほど。日本の靴文化は欧米と比べるとはるかに遅れています。だから履く人の認識も低く、当然トラブルも多い。

靴は正しく選び、正しく履きましょう。当院の『足と靴の専門外来』では、靴のトラブル、足のトラブルに対応しております。いつでもご相談ください。

最近の『足と靴の専門外来』

ウェッジヒールのパンプスの踵の形状を患者さまの足の形に合わせてカスタマイズ。歩く度に踵がパカパカ脱げる症状が改善しました。



修正前



修正後





手が不自由なため、靴紐をしっかり結ばず踵が脱げやすいという症状をマジックベルト仕様にカスタマイズすることで改善。



修正前





修正後