先日、ご紹介でご来院いただいた巻爪でお悩みの患者さま。

片方の足は数年前に皮膚科で手術をして、手術による激痛でもう二度とあんな思いはしたくないとのことで、反対側の親指の補正をご希望でした。

 

補正前の状態。





爪がかなり肥厚しており硬い状態でした。





さらにサイドにはトゲがあり、それが皮膚を刺激して痛みを起こしていました。

爪切りの仕方が分からず、自分なりに切ったり削ったりといろいろ試した結果、爪がボロボロに傷んでしまったそうです。

 

初回補正後。



爪が硬いため、一気に補正することはしませんが、突き刺さっていたトゲを皮膚の中から救出できました。

この時点で痛みは完全になくなります。

爪の先をきれいに整えて初回は終了。

 

1か月後にご来院いただいて2回目の補正。



2回目は補正をしっかりとかけました。

爪の両側がしっかり引きあがってほとんど元通り普通の爪と変わりません。

爪のサイドをまっすぐ整えて2回目終了。

 

歳を重ねるごとに爪はぶ厚くなりご自身で切るのが難しくなります。巻爪になればなおさら切りにくくなります。

一番悪いのが、深爪。

次にトゲを残すこと。

爪が巻いてくると爪切りが本当に困難になります。当院では「爪切りだけでもお願いしたい」「爪切りの仕方がわからない」などのご相談も多くいただいています。

日本人は足を汚いものとしてとらえがちですが、足は決して汚いものではありません。雑菌の数でいえば、足よりも手の方がよっぽど汚れています。

一人で悩まず、ぜひアルコット接骨院・インソール工房アルコットプラスにご相談ください。

 

※遠方の方はメールでのご相談も承っております。
写真添付用のアドレスをお送りしますので、お問い合わせフォームに「巻爪相談希望」と記載して送信してください。