本日、患者さまよりご質問いただいた「正しい爪の切り方」について。

正しい爪の切り方はあまり知られていません。

「爪は短く切りそろえる」「爪は爪の形に沿って丸く切る」と学校で指導されることも多いのですが、これは間違いです。

爪は「丸く」ではなく、「四角く」切るのが正解です。これを「スクエアカット」といいます。

爪を指の先端か、それより少し長めの位置でまっすぐ横に切ります。両端の角をヤスリでやや丸く整えます。(スクエアオフ)



(出典;http://homepage-style.net/makizume/tsumekiri.html)

 

爪を深く切る「深爪」と、爪の角を斜めに切る「バイアスカット」は、絶対にしてはいけません。

深爪すると、指の先の肉が盛り上がって爪が埋もれてしまい、爪がまっすぐに伸びなくなるからです。



(出典;http://homepage-style.net/makizume/tsumekiri.html)







(出典:ペディグラス)

爪が厚くなったり、割れたり、変形したりでなかなかご自身では爪切りができないなど、爪切りのご相談も非常に多くなっています。
(通常の接骨院の時間帯でもできる限り対応していますが、時間の関係上、ご予約をお願いすることもございます。)

爪の変形も足の変形と同様、予防することが可能です。正しい知識を持ってしっかりとケアをすればトラブルを未然に防ぐことができます。

爪は小さなパーツですが、なくてはならない存在です。どんなことでもご相談下さいね。

爪のケアについて詳しくはこちらのページをご覧ください。