本日は、仕事終わりに「山のパン屋さん」に行ってきました。

このお店は

土曜日と日曜日だけopen

しかも4〜10月だけ。

今年も残すところあと僅かということで

午前の営業終わりにソッコーで行ってきました。

その名の通り、山の中にあります。

看板がいくつか立っていますが、

1つでも見逃すと絶対に迷います。

なんとか辿り着きましたが、

ほとんど売り切れ…

(少しだけですが、買うことができました。

これまた美味。他のも食べたかった…)

女将さんに聞いてみると、

売れ残ることなく全て完売するそうです。

うかがったタイミングが悪く

ちょうど、午前と午後の間だったそうです。

「せめて水だけでも」というありがたい心遣いで

美味しいお水をご馳走になっていると、

午後の部の焼きたてを目当てに

常連客の方が次から次とやってきます。

スマホは当たり前のように圏外、当然車のテレビは写りません

そんな山奥のパン屋のパンを目当てに

お客さんがひっきりなしにやってきて

余ることなく次々とパンが売れていく。

凄い光景を目にしました。

女将さんはいつも笑顔で

「おかげさまで」「ありがたいことに」と

常に感謝の言葉を口にされていました。

このような姿勢や人柄に、人が集まってくるのでしょうね。

僅かな時間でしたが、大変、勉強になりました。

ご馳走さまでした。

来年の春の再オープンが待ち遠しい限りです。

img_4178 img_4179 img_4181