10年来の坐骨神経痛に悩まされている患者様。

症状は、右の殿部痛(お尻の痛み)と下肢痛(足の痛み)。

腰痛は軽度。

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、変形性腰椎症による神経根障害、梨状筋症候群などを疑いましたが、

間欠性跛行もなく、SLRテストでは再現は得られず、梨状筋に圧痛もありませんでした。

右を上にして側臥位(横向き)で寝ていると

殿部痛、下肢痛が増悪しますが、痛みの部位が梨状筋より少し上に訴えます。

そこで、中殿筋と小殿筋を探ってみたところ

小殿筋に2か所のトリガーポイント。

飛び上がるような痛みと、下肢への関連痛を認めました。

30-gluteus%20medius5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左が中殿筋、右が小殿筋です。

小殿筋に2mm弱の硬結がありそこを圧迫すると

kent1_stnd_34335_1_1_9457

 

いつもの下肢の痛みが再現されました。

治療としては、

持続圧迫

スプレー&ストレッチ

ポジショナルリリース

IASTMを行い、

最後にテニスボールによるセルフマッサージを指導しました。

3938775

 

10年来の坐骨神経痛が短時間で改善しました。

ただし、

小殿筋は痛みの原因にはなりえますが

犯人ではありません。

小殿筋はあくまでも被害者です。

小殿筋に負担や微細な損傷が起こるため

筋肉の中にトリガーポイントとよばれる

痛みの引き金を作ってしまいます。

小殿筋に負担がかかる理由を探らなければなりません。

小殿筋に負担がかかる理由としては、

筋のバランスが悪かったり、歩き方や姿勢などいろいろと考えられます。

これらの真の原因を見つけ出しそこに対してもアプローチしていくことで

トリガーポイントによる痛みの再発の予防が期待できます。